ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

憲法改正の手続きを定めた国民投票法が審議入り。各党の思惑が絡んで議論は複雑

 

 憲法改正のための具体的な手続きを定めた国民投票法(日本国憲法の改正手続に関する法律)改正案の審議がとうとう国会で始まった。基本的には国民投票の対象を20歳以上ではなく、18歳以上に引き下げる内容だが、詳細をめぐっては各党の思惑が絡み、複雑な状況となっている。

kokkaigijido02

 日本国憲法では第96条において、憲法を改正するには「各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会がこれを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない」と定めている。つまり国会の決議に加えて、国民投票が必要なわけである。
 だが、日本国憲法は硬性憲法といわれ、改正されることがほとんど想定されていなかった。このため、日本には国民投票に関する具体的な法律が存在していない状態が続いてきた。この状況を変える目的で2010年に施行されたのが、国民投票法である。

 だがこの法律ができるまでには、各党の思惑が絡み、紆余曲折があった。公明党などは18歳以上への引き下げを求めていたが、自民党内には慎重な意見も多かった。また民主党が公務員による政治活動を解禁するよう求めており、自民党はこうした声に対しても妥協する必要があった。
 最終的には、年齢を18歳以上とはしたものの、公職選挙法など関連法体系によって選挙権が18歳以上に引き下げられない場合には、国民投票の対象も20歳以上とする付則が設けられることになった。  だがその後、公職選挙法の改正などは行われず、実質的に法律が機能しない状況が続いてきた。今回の改正案はその状況を変えるための取り組みということになる。

 改正案では、まず付則が廃止となり、法律の施行当初は20歳以上、施行から4年後は18歳以上と定められた。つまり4年後には自動的に18歳以上が国民投票の対象となる。このままでは公職選挙法などとの整合性がとれなくなることから、実質的に選挙権についても18歳以上とすることを促す法律といってもよいだろう。

 もうひとつの焦点が公務員による政治活動である。改正案では、これまで政治活動が禁止されていた公務員に対しても組織的に憲法改正の賛否を表明することが認められた。ただ、具体的な内容については継続して協議することになる。

 今回の改正案について反対しているのは、社民党と共産党だけであることから、今国会中に可決・成立する可能性は高い。投票権の18歳以上への引き下げや公務員の政治活動の解禁は、政党間のパワーバランスに微妙な変化を与えることになるかもしれない。

 - 政治 ,

  関連記事

no image
韓国の家計部門が危機的水準に突入と海外メディアが報道

 韓国の家計債務の可処分所得比率が危機的レベルに近づきつつあるといくつかの海外メ …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

hongkongrippoukai
香港の議会が非民主的な選挙制度改革案を否決。普通選挙は少なくとも2022年まで持ち越し

 香港の立法会(議会)は2015年6月18日、2017年に行われる次期行政長官選 …

kankokuhoudoukan
セクハラ疑惑の報道官。韓国で釈明会見を開くも証言矛盾との指摘

 韓国の朴槿恵大統領の訪米に同行中、セクハラ疑惑を起こして解任された尹昶重(ユン …

ippankyosho
オバマ政権の関心は経済しかない。一般教書演説から占う米中関係と日米関係

 米国のオバマ大統領は2014年1月28日、米議会において一般教書演説を行った。 …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …

abe20141110
永田町で再び解散説が急浮上。ターゲットは11月17日のGDP発表直後?

 永田町に再び衆議院の解散風が吹き始めた。安倍首相は「解散はまったく考えていない …

shoushika2014
地方創生骨子案。出生率1.8を目標にするも、これでは人口維持は困難

 政府は2014年11月6日、「まち・ひと・しごと創生本部」の有識者会議を開き、 …