ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大手小売の決算見通しから、消費増税の影響を予想すると?

 

 小売各社の来期の決算見通しが出揃ったことで、消費増税の景気への影響が少しずつ見えてきた。小売各社はそれほど大きな影響があるとは考えていないが、高額商品を中心に一部の分野で消費が冷え込む可能性が出てきた。

super01

 日本企業の多くは3月決算となっており、決算内容や来期の業績見通しが本格的に出てくるのは5月以降である。
 だが小売業は2月決算のところが多く、すでに多くの会社が決算と来期の業績見通しを発表している。消費税の影響を考えるにはちょうと良いタイミングというわけである。

 コンビニ・スーパー大手のセブン&アイ・ホールディングスは、今年度の上期決算において約8%の売上げ増、通期でも9%の売上げ増を見込んでおり、消費増税の影響はほとんどないと見ている。これは他のコンビニ各社も同様となっている。単価の安い日用品については、増税の影響はほとんどないと考えてよいだろう。
 一方、百貨店は少し厳しい見方をしている。大丸や松坂屋を展開するJフロントリテイリングは下期については2%増を見込んでいるが、上期は横ばいとした。経常利益については上期は4%の減益を予想している。百貨店はコンビニやスーパーと比較して高額商品が多く、客単価が高い。高額商品については反動による減少が生じる可能性が高いということになる。
 インテリアを中心としたニトリも、上期は増収だが利益は減少すると見込んでいる。ニトリは低価格が売りだが、日用品と比べて絶対値が高いので、やはり増税による影響出てくる可能性が高い。

 2月決算ではないが、ユニクロを展開するファーストリテイリングの国内部門は、2014年8月期の決算において増収、増益を見込んでいる。ブランド力があることから影響はほとんどないと考えているようだ。柳井社長も「消費税の影響はない」と明言している。

 政府は消費税対策として10兆円の公共事業前倒しを予定しており、4~6月期の景気の落ち込みを最小限にしたい意向だ。日用品については、消費税が上がっても購入しないわけにはいかず、購買力があまりない庶民は半ば強制的に買わされてしまう結果になってしまうかもしれない。
 少なくとも、小売各社の見通しを見る限りは、消費増税の影響は限定的なものになりそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

choukikinri
デフレは構造的要因と譲らなかった白川前総裁はやはり正しかったのか?

 日本の長期金利低下が加速している。10月2日の債権市場では10年物国債の利回り …

hitachiturbin
三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を …

no image
シャープは初めての経験に右往左往。コンサルはやりたい放題

 シャープは現在、金融機関からの支援を獲得するために、リストラ案を策定している真 …

kakeibo
家計のエンゲル係数が急上昇。それ以上に上昇しているのは電気代と水道代

 消費支出に占める食費の割合を示すエンゲル係数が急上昇している。2014年4月に …

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

apple
Appleの最終決算は利益率低下の影響が一旦収束。株主還元への注目がさらに高まる

 米アップルは10月28日、2013年7~9月期決算および2013年9月期の通期 …

newvaio
ソニーのVAIO分社化が完了。パソコンの手離れで市場の関心はいよいよTV事業へ

 ソニー経営再建の焦点となっていたパソコン事業分社化がひとつの節目を迎えた。投資 …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

rakutenmikitani
三木谷氏率いる新経連の動きが活発に。しかし早くも「老人化」の雰囲気がチラホラ

 楽天の三木谷社長率いる新しい経済団体である新経連が動きを活発化させている。20 …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …