ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大手小売の決算見通しから、消費増税の影響を予想すると?

 

 小売各社の来期の決算見通しが出揃ったことで、消費増税の景気への影響が少しずつ見えてきた。小売各社はそれほど大きな影響があるとは考えていないが、高額商品を中心に一部の分野で消費が冷え込む可能性が出てきた。

super01

 日本企業の多くは3月決算となっており、決算内容や来期の業績見通しが本格的に出てくるのは5月以降である。
 だが小売業は2月決算のところが多く、すでに多くの会社が決算と来期の業績見通しを発表している。消費税の影響を考えるにはちょうと良いタイミングというわけである。

 コンビニ・スーパー大手のセブン&アイ・ホールディングスは、今年度の上期決算において約8%の売上げ増、通期でも9%の売上げ増を見込んでおり、消費増税の影響はほとんどないと見ている。これは他のコンビニ各社も同様となっている。単価の安い日用品については、増税の影響はほとんどないと考えてよいだろう。
 一方、百貨店は少し厳しい見方をしている。大丸や松坂屋を展開するJフロントリテイリングは下期については2%増を見込んでいるが、上期は横ばいとした。経常利益については上期は4%の減益を予想している。百貨店はコンビニやスーパーと比較して高額商品が多く、客単価が高い。高額商品については反動による減少が生じる可能性が高いということになる。
 インテリアを中心としたニトリも、上期は増収だが利益は減少すると見込んでいる。ニトリは低価格が売りだが、日用品と比べて絶対値が高いので、やはり増税による影響出てくる可能性が高い。

 2月決算ではないが、ユニクロを展開するファーストリテイリングの国内部門は、2014年8月期の決算において増収、増益を見込んでいる。ブランド力があることから影響はほとんどないと考えているようだ。柳井社長も「消費税の影響はない」と明言している。

 政府は消費税対策として10兆円の公共事業前倒しを予定しており、4~6月期の景気の落ち込みを最小限にしたい意向だ。日用品については、消費税が上がっても購入しないわけにはいかず、購買力があまりない庶民は半ば強制的に買わされてしまう結果になってしまうかもしれない。
 少なくとも、小売各社の見通しを見る限りは、消費増税の影響は限定的なものになりそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

son
ソフトバンクの孫社長が次々と巨大豪邸を建設。その真意は?

 ソフトバンクの孫正義社長が、最近次々と豪邸を建てている。短期間に3つも豪邸を建 …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

panachinakojo
パナソニックが生産拠点を国内に回帰。だがこうした動きは限定的?

 パナソニックは、エアコンや洗濯機といった白物家電について、今年の春から順次、国 …

usakoyoutoukei201402
2月の米雇用統計で失業率は悪化したのに、市場が高く評価した理由

 米労働省は2014年3月7日、2月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

seiho
バブル崩壊以来続いた生保の逆ざやが解消。金利上昇で保険会社はさらに有利に?

 生命保険各社の業績が上向いている。主な要因はバブル期に販売した予定利率の高い商 …

uschinadialog
米中戦略対話がワシントンでスタート。表向きはサイバーセキュリティが話題だが・・・

 第5回米中戦略経済対話が7月10日から米国の首都ワシントンで始まった。中国側か …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

newyork02
それほど悪くなった米国の7~9月期GDP。利上げは可能との判断が増える

 米商務省は2015年10月29日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速 …

bouekitoukei201304
4月の貿易収支。エネルギー輸入増と輸出数量の減少が続き、赤字連続記録を更新

 財務省は5月22日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …