ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

お金持ちで高学歴ほど子供の成績は良いが、この差は勉強時間でカバーできる

 

 文部科学省は、親の年収や学歴が子供の学業成績にどのような影響を及ぼしているのかについて調査を行い、その結果を公表した。
 親の年収が多く、学歴が高い家庭の子供の方が成績が良いという結果が得られたが、家庭での勉強時間や教師による指導が子供の成績に大きく影響していることも分かった。
 おおよそ想像できるような内容だが、家庭環境と成績に関する調査を全国規模で行ったのは実は初めてのことである。教育の機会均等とは何なのか、もっと国民的な議論があってもよいだろう。

shukudai

 この調査は2013年4月に実施した全国学力調査の結果と保護者へのアンケート調査の結果を組み合わせたもの。家庭の所得、父親の学歴、母親の学歴の3つを総合したものを「社会経済的背景(SES)」とし、その指標と子供の成績を比較した。2014年3月28日にその結果を公表している。

 結果は明瞭で、小学校、中学校とも、調査対象となったすべての科目において、社会経済的背景が高い家庭の子供の方がテストの結果が上位だった。より小規模で似たような調査は2009年に一度実施されているのだが、その時もほぼ同じような結果が得られている。

 重要なのは親の所得や学歴が高いと、なぜ子供の成績がよいのかという点である。もっとも大きく影響している可能性があるのは勉強時間である。親の所得や学歴が高いほど、子供の勉強時間が長いという特徴が見られる。高所得で高学歴の親は、子供の学業に熱心であり、結果として家での勉強時間が長くなっていることが想像される。

 これは逆に言えば、勉強時間さえ確保できれば、経済的、社会的に不利であってもよい成績を残せることを意味している。年収や学歴がもっとも高いグループで勉強時間がゼロの子供と、もっとも低いグループで3時間以上勉強している子供の成績はほぼ同じである。2番目に高いグループになると、まったく勉強しない子供は、もっとも低いグループで3時間以上勉強する子供に抜かされてしまう。

 年収や学歴が低いグループの中で成績がよい子供には、毎日朝食を食べる、家庭内で学校の成績に関する会話がある、といった特徴が見られる。
 さらに学校によっては、年収や学歴 の低いグループの成績をめざましく向上させているケースもある。こうした学校では、教師が子供に自主学習を推奨している、教師がマメに子供の学習状況 をチェックするなどの特徴が見られたという。

 家庭での学習に学校や教師がどの程度まで関与すべきかなのかについては様々な考え方がある。また家庭環境がよい子供の成績がよいのは当たり前とする雰囲気もあり、家庭環境まで踏み込んだ議論はほとんど行われてこなかった。
 だが、どこまでを機会均等とすべきなのかについては、そう簡単に答がでるものではない。学業成績の向上は生徒本人だけでなく、社会に対しても大きなメリットであることを考えれば、もっと国民的な議論があってよいはずだ。

 - 社会 ,

  関連記事

koumuinshukusha
公務員宿舎の賃料アップは当初予定の2倍から1.5倍に後退。その理由は?

 財務省は、民間より割安だと批判されている国家公務員宿舎の家賃について、全体の値 …

bento
弁当の路上販売規制問題。利害関係者が自説を堂々と主張しない日本の社会風土

 東京都は最近増加している弁当の路上販売について規制強化の検討を始めている。すで …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

komonsodanyaku
東証が顧問・相談役制度の情報開示を要請も、この習慣はなくならない?

 上場企業のトップ経験者などが、顧問や相談約などの形で会社に残ることについて批判 …

no image
日産のゴーン会長、フランスではホンネ連発。だがそれは日本人自身が招いたこと

 日産・ルノーのカルロス・ゴーン会長はパリのモーターショーで、欧州では過剰生産能 …

toriinflu
鳥インフル感染者は何故か長江デルタ地域だけ。拭えない中国当局による情報隠ぺい疑惑

 中国で鳥インフルエンザ(H7N9)の感染が徐々に拡大してきている。4日9日には …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

businessman03
あまりにも醜い欧州の若年層失業率。では日本はどうなんだ?

 欧州連合は2日、ユーロ圏17カ国およびEU27カ国におけるの2月の失業率を発表 …

francis1
新ローマ法王は「フランチェスコ1世」。中南米出身でイエズス会という初めてづくしの法王

 新しいローマ法王がとうとう選出された。退位したローマ法王ベネディクト16世の後 …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …