ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太陽光パネル設置工事を単独随意契約で発注したことが明らかとなった。
 随意契約とは、官庁が入札を行わずに、特定企業に物品の購入などを発注すること。恣意的で利権の温床になると多くの批判を浴び、現在では競争入札を行うことが原則となっている。

 吹田市はこの原則に反する「トンデモナイ」自治体というわけだが、実際はそうでもないらしい。吹田市のような稚拙なやり方をしないだけで、今でも多くの官公庁が事実上の随意契約を継続しているというのだ。
 官公庁の発注をよく知る業界関係者の中には、「吹田市のやり方はあまりにも単純。吹田市の職員がアホなのか、もしくは市長に対する嫌がらせでわざと露見するような方法を用いたのではないか?」という見方をする人もいる。

 では、随意契約が露見しにくい方法とはどんなものがあるのだろうか?

 もっともポピュラーな手口は「企画競争」を実施するというもの。これは、受注を希望する業者に提案書などを提出させ、その内容を比較検討して最適な業者を選ぶやり方。競争という言葉が入っているため誤魔化されやすいが、契約形態は随意契約そのものだ。
 きちんと提案内容が比較検討されていればよいが、実際にはそうならない。後で指摘されても「総合的に判断してA社に決定した」と言い逃れされればそれまでだ。職員の中には「企画競争入札」という言い方をして、あたかも入札であるかのような説明をする輩もいる。

 もうひとつは「総合評価方式による競争入札」を用いる方法。これは形式的には入札だが、企画競争と同様、評価項目をあらかじめ設定し、点数を付けて総合的に業者を選定する。価格が高くても、他の部分で点数が高ければその業者は落札できる。
 知恵のある業者と公務員は、特定企業しか受注できないよう、巧妙に入札仕様書や企画競争の仕様書を書き、実質的に他の業者を排除するように工作するのだ。

 これらの工作が一切使えないのが「一般競争入札」という方式。これは価格が安いところが受注するという単純なルール。談合でもしない限りは、特定業者が落札することは不可能だ。
 一般競争入札において複数者が札を入れれば、透明性は格段に向上する。一般競争入札以外の調達や、一般競争入札でも1社しか入札していないケースがあった場合には、国民は厳しくその内容をチェックすべきだ。

 - 政治

  関連記事

merukerurikokyo02
中国の李首相がドイツでメルケル首相と会談。気をよくしたのか対日批判「舌」好調

 中国の李克強首相は5月26日、ドイツを訪問しベルリンでメルケル首相と会談した。 …

abe20141117
消費増税延期で衆院解散へ。量的緩和策で当面不安はないが・・・

 安倍首相は衆議院の解散と来年10月に予定されている消費増税の延期を決断した。増 …

sutisenkyo
ミャンマーで歴史的な政権交代へ。だがスー・チー氏にとっては過大山積

 50年以上にわたって軍による独裁政権が続いてきたミャンマーで2015年11月8 …

saitengai2
崔天凱駐米中国大使が、尖閣問題で中国寄りの対応をするよう米国に要請

 尖閣諸島問題をめぐる小野寺防衛大臣の発言に対して、崔天凱駐米中国大使が強い口調 …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

beichusenryakutaiwa2015
米中は戦略経済対話を開催。表面的には南シナ海問題で激しいバトルになっているが・・・

 米中は2015年6月23日、両国間の懸案事項について話し合う第7回米中戦略・経 …

businessman
生活は良くならず努力しても報われないが、心は豊かという調査結果をどう見る?

 「努力しても報われない」が「心が豊かである」と考える日本人の割合が急増している …

shupaku
北朝鮮大幅譲歩の背後にある中韓の蜜月関係と米国の影響力低下

 北朝鮮をめぐる国際情勢が大きく動き始めている。背景にあるのは、中国の台頭と米国 …

no image
中国政府が日本国債を売却してきたら、市場はどうなるか?

 尖閣諸島問題で日中関係が険悪化する中、中国政府が保有する日本国債に注目が集まっ …