ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

坂本龍一氏がとうとう終末論を披露。リベラル誌の若者読者に彼はどう映るのか?

 

 今や反原発アーティストになってしまった感のある坂本龍一氏だが、ある雑誌のインタビューにおいて、とうとう 「この世界は20年も持たない」というかなり悲観的なコメントを出している。ネット上ではとうとう、坂本龍一氏も終末論まで語るようになってしまったかと、ちょっとした話題になっている。

sakamotoyruichi

 インタビューを掲載したのは、ビックイシュー。ビックイシューはもともと英国のロンドンからスタートした雑誌で、ホームレスだけが販売できるというユニークな媒体。日本版は2003年から路上での販売を開始している。
 同誌はWeb版もあり、その編集長を務めているのは、草食系の著名ブロガーであるイケダハヤト氏である。当然、誌面はホームレス問題や原発問題など、かなりリベラルな内容だ。

 インタビューで坂本氏は「管理社会の圧力が世界的に高まっている」「路上にごみひとつ落ちているものも許せないような、社会にモノ申す者を排除する力が強まっている」といった形で現代社会を強く批判している。「脱原発どころか、改憲、徴兵制と矢継ぎ早にやってくる」として、日本は危険な方向に向かっていると指摘した上で、現在の社会システムは「20年も持たない」と終末論的な見解を披露している。

 管理社会批判や護憲といったあたりは、ここ数年、坂本氏が発言している内容の繰り返しだが、最終的には終末論まで登場しており、氏の悲観論はどうも頂点に達しているようだ。

 ネットでは当然のことながら、賛否両論となっているが、批判する意見の中には「本業である音楽に専念すべきだ」「電機をたくさん使う音楽をやっておきながら反原発とは無責任」「日本に住まずに日本を貶めてばかりいる」といった意見が目立っている。

 時間とは恐ろしいもので、偉大なミュージシャンが変貌してしまったという印象になっているのだが、実際はそうでもない。坂本氏はデビュー当時から反体制的な人物であり、彼の名を一躍有名にしたYMO(イエローマジックオーケストラ)というユニットでは、小林克也氏や伊武雅刀氏らとコラボを組み、徹底的に日本を貶めるギャグで一世を風靡していた。ある意味で、昔から無責任な人物であり、彼の基本的な主張や世界観は変わってない。
 ちなみに坂本氏は高校時代から、学生運動に没頭しており、自民党の塩崎元官房長官は当時の学生運動仲間である。
 バブル経済を目前に控え、経済が絶好調だった80年代には、こうした坂本氏の言動は流行として消費された。だが、経済的、政治的に苦境に立たされている現在はそうではなくなっている。

 坂本氏は一部の中高年の意識を代弁した世代を象徴する人物ともいわれている。一方、ビックイシューは、現代の若者世代の意識を誌面に反映させた媒体といってよいだろう。
 ビックイシューの読者は、坂本氏の発言を、古いオジサン世代の発言と捉えるのだろうか?それとも今現在の問題として捉えるのだろうか?。さらにいえば、イデオロギーの問題として捉えるのだろうか?それとも純粋な社会問題として捉えるのだろうか?

 - マスコミ, 社会 ,

  関連記事

tabakohaian
見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くな …

isejingu
式年遷宮に現職首相が84年ぶりに参列。「私人」として参列しなければならない理由とは?

 20年に1度、伊勢神宮の社殿を造り替える式年遷宮のクライマックスとなる「遷御の …

koumuinshukusha
公務員宿舎の賃料アップは当初予定の2倍から1.5倍に後退。その理由は?

 財務省は、民間より割安だと批判されている国家公務員宿舎の家賃について、全体の値 …

iryouhi
資産がある人は医療や介護の自己負担が増加?骨太の方針にマイナンバー制を活用

 政府が今月末の策定を予定している経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の中に、資 …

dokushogakusei
大学生の4割が読書時間ゼロ。だが本離れに拍車がかかっていると断言するのは早い

 大学生の約4割は読書時間がゼロであることが、全国大学生協連(東京)の「学生生活 …

abewomen
安倍首相が経済界に女性登用を要請。女性の社会進出は経済成長を実現するのか?

 安倍首相は4月19日、日本記者クラブで講演し、自身が提唱する成長戦略について説 …

sinkaihou
中国当局による記者拘束にメディアが抗議。党中央が容認した出来レースとの見方も

 中国・広東省の日刊紙「新快報」の記者が公安当局の拘束されたことに抗議し、同紙は …

no image
スノーデン氏は米国の不手際?で香港を出国。アイスランドではなくエクアドルに亡命?

 米国家安全保障局(NSA)による国民監視システム「PRISM」の存在を暴露し、 …

rikokkyou
中国が公式のジニ係数を発表。中国の格差がもっと激しいのはもはや周知の事実

 中国国家統計局は18日、2012年のGDPの発表と合わせて、国民の所得格差を示 …

gun
米国で思いのほか銃規制が進まないのは、実は米国が安全な国になっているから

 米国コネティカット州で起きた銃乱射事件に関してオバマ米大統領は16日、再発防止 …