ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

坂本龍一氏がとうとう終末論を披露。リベラル誌の若者読者に彼はどう映るのか?

 

 今や反原発アーティストになってしまった感のある坂本龍一氏だが、ある雑誌のインタビューにおいて、とうとう 「この世界は20年も持たない」というかなり悲観的なコメントを出している。ネット上ではとうとう、坂本龍一氏も終末論まで語るようになってしまったかと、ちょっとした話題になっている。

sakamotoyruichi

 インタビューを掲載したのは、ビックイシュー。ビックイシューはもともと英国のロンドンからスタートした雑誌で、ホームレスだけが販売できるというユニークな媒体。日本版は2003年から路上での販売を開始している。
 同誌はWeb版もあり、その編集長を務めているのは、草食系の著名ブロガーであるイケダハヤト氏である。当然、誌面はホームレス問題や原発問題など、かなりリベラルな内容だ。

 インタビューで坂本氏は「管理社会の圧力が世界的に高まっている」「路上にごみひとつ落ちているものも許せないような、社会にモノ申す者を排除する力が強まっている」といった形で現代社会を強く批判している。「脱原発どころか、改憲、徴兵制と矢継ぎ早にやってくる」として、日本は危険な方向に向かっていると指摘した上で、現在の社会システムは「20年も持たない」と終末論的な見解を披露している。

 管理社会批判や護憲といったあたりは、ここ数年、坂本氏が発言している内容の繰り返しだが、最終的には終末論まで登場しており、氏の悲観論はどうも頂点に達しているようだ。

 ネットでは当然のことながら、賛否両論となっているが、批判する意見の中には「本業である音楽に専念すべきだ」「電機をたくさん使う音楽をやっておきながら反原発とは無責任」「日本に住まずに日本を貶めてばかりいる」といった意見が目立っている。

 時間とは恐ろしいもので、偉大なミュージシャンが変貌してしまったという印象になっているのだが、実際はそうでもない。坂本氏はデビュー当時から反体制的な人物であり、彼の名を一躍有名にしたYMO(イエローマジックオーケストラ)というユニットでは、小林克也氏や伊武雅刀氏らとコラボを組み、徹底的に日本を貶めるギャグで一世を風靡していた。ある意味で、昔から無責任な人物であり、彼の基本的な主張や世界観は変わってない。
 ちなみに坂本氏は高校時代から、学生運動に没頭しており、自民党の塩崎元官房長官は当時の学生運動仲間である。
 バブル経済を目前に控え、経済が絶好調だった80年代には、こうした坂本氏の言動は流行として消費された。だが、経済的、政治的に苦境に立たされている現在はそうではなくなっている。

 坂本氏は一部の中高年の意識を代弁した世代を象徴する人物ともいわれている。一方、ビックイシューは、現代の若者世代の意識を誌面に反映させた媒体といってよいだろう。
 ビックイシューの読者は、坂本氏の発言を、古いオジサン世代の発言と捉えるのだろうか?それとも今現在の問題として捉えるのだろうか?。さらにいえば、イデオロギーの問題として捉えるのだろうか?それとも純粋な社会問題として捉えるのだろうか?

 - マスコミ, 社会 ,

  関連記事

factoryline
新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表 …

robot
グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は20 …

cruise
メキシコ湾巨大クルーズ船立ち往生3日目。だが株価にはほとんど影響なし

 エンジンルームで火災が発生し、航行不能になったメキシコ湾の大型クルーズ船「カー …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

kakusaoecd
OECDが世界の格差に関する報告書を発表。日本の課題は所得の再分配機能

 OECD(経済協力開発機構)は2015年5月21日に発表した格差に関する報告書 …

jfk
ケネディ元大統領の暗殺から50年。米国は人種問題を本当に克服したか?

 ケネディ元大統領が暗殺されてから11月22日で50年となる。米国ではオバマ大統 …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

asahidigitalkiji
小保方氏を茶化した朝日新聞デジタルのコラム削除問題は、日本ならでは

 理化学研究所の小保方晴子氏が歌手デビューするという、「嘘」を題材にした朝日新聞 …

tosho05
日本の株式市場が賭博場になったのは、企業のダブルスタンダードが原因?

 持続的な成長を実現するために、企業と投資家の間にどのような関係が必要なのかにつ …

chogin
赤プリに続いて旧長銀ビルも解体。不況の最中、新しいビルを次々と壊す異様な光景

 バブル崩壊の象徴であった旧長銀ビルが建て替えられることになった。日本政策投資銀 …