ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

坂本龍一氏がとうとう終末論を披露。リベラル誌の若者読者に彼はどう映るのか?

 

 今や反原発アーティストになってしまった感のある坂本龍一氏だが、ある雑誌のインタビューにおいて、とうとう 「この世界は20年も持たない」というかなり悲観的なコメントを出している。ネット上ではとうとう、坂本龍一氏も終末論まで語るようになってしまったかと、ちょっとした話題になっている。

sakamotoyruichi

 インタビューを掲載したのは、ビックイシュー。ビックイシューはもともと英国のロンドンからスタートした雑誌で、ホームレスだけが販売できるというユニークな媒体。日本版は2003年から路上での販売を開始している。
 同誌はWeb版もあり、その編集長を務めているのは、草食系の著名ブロガーであるイケダハヤト氏である。当然、誌面はホームレス問題や原発問題など、かなりリベラルな内容だ。

 インタビューで坂本氏は「管理社会の圧力が世界的に高まっている」「路上にごみひとつ落ちているものも許せないような、社会にモノ申す者を排除する力が強まっている」といった形で現代社会を強く批判している。「脱原発どころか、改憲、徴兵制と矢継ぎ早にやってくる」として、日本は危険な方向に向かっていると指摘した上で、現在の社会システムは「20年も持たない」と終末論的な見解を披露している。

 管理社会批判や護憲といったあたりは、ここ数年、坂本氏が発言している内容の繰り返しだが、最終的には終末論まで登場しており、氏の悲観論はどうも頂点に達しているようだ。

 ネットでは当然のことながら、賛否両論となっているが、批判する意見の中には「本業である音楽に専念すべきだ」「電機をたくさん使う音楽をやっておきながら反原発とは無責任」「日本に住まずに日本を貶めてばかりいる」といった意見が目立っている。

 時間とは恐ろしいもので、偉大なミュージシャンが変貌してしまったという印象になっているのだが、実際はそうでもない。坂本氏はデビュー当時から反体制的な人物であり、彼の名を一躍有名にしたYMO(イエローマジックオーケストラ)というユニットでは、小林克也氏や伊武雅刀氏らとコラボを組み、徹底的に日本を貶めるギャグで一世を風靡していた。ある意味で、昔から無責任な人物であり、彼の基本的な主張や世界観は変わってない。
 ちなみに坂本氏は高校時代から、学生運動に没頭しており、自民党の塩崎元官房長官は当時の学生運動仲間である。
 バブル経済を目前に控え、経済が絶好調だった80年代には、こうした坂本氏の言動は流行として消費された。だが、経済的、政治的に苦境に立たされている現在はそうではなくなっている。

 坂本氏は一部の中高年の意識を代弁した世代を象徴する人物ともいわれている。一方、ビックイシューは、現代の若者世代の意識を誌面に反映させた媒体といってよいだろう。
 ビックイシューの読者は、坂本氏の発言を、古いオジサン世代の発言と捉えるのだろうか?それとも今現在の問題として捉えるのだろうか?。さらにいえば、イデオロギーの問題として捉えるのだろうか?それとも純粋な社会問題として捉えるのだろうか?

 - マスコミ, 社会 ,

  関連記事

no image
英国の独立委員会がマスコミの自主規制を勧告。自主規制だらけの日本とは正反対

 タブロイド紙による有名人への電話盗聴事件をきっかけに英政府が立ち上げた独立調査 …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

kaigosisetu
介護離職ゼロに向けて企業に残業免除を義務化。だが現実には機能しない?

 安倍政権が掲げる介護離職ゼロに向け、介護者の残業を免除する施策の検討が始まって …

no image
渋谷にオープンした女性専用バーが海外メディアで話題に

 渋谷に7月にオープンした女性専用バーが米国の複数メディアで紹介されちょっとした …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

jenova
ジェノバの港でコンテナ船が管制塔に激突。50メートルの管制塔は完全崩壊

 イタリアのジェノバ港で5月7日、大型のコンテナ船が港の岸壁にある高さ50メート …

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

no image
現役世代の負担増はやむを得ないとする厚労省の調査結果に、疑問の声が大噴出

 社会保障負担の世代間格差について、高齢者・現役世代の別なく負担の増加を受け入れ …