ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政界進出?フェイスブック株大量売却をめぐってサンドバーグCOOの去就に注目が

 

 SNS大手フェイスブックCOO(最高執行責任者)で、女性の社会進出を唱える活動家でもあるシェリル・サンドバーグ氏による、同社株の売却が話題となっている。
 同氏は昨年から継続して株式の売却を行っており、これ自体は特に目新しい動きではない。だが、このところ同社株が急落していることや、同氏に政界進出の噂が絶えないことから、サンドバーグ氏の去就をめぐって様々な憶測が飛び交う状況となっている。

sandberg201401

 サンドバーグ氏は、2014年3月20日と4月2日、自らが保有するフェイスブック株を売却した。株数は約57万株で、金額にすると約37億円。
 同氏はロックアップ期間(株式上場後の売却制限)が解除された一昨年以降、段階的に株式の売却を行っており、すでに400億円近い売却益を得ている。今回の売却が特段に大きい規模というわけではない。

 ただ同社株は、3月10日の72ドルをピークに急落しており、現在は59ドルとなっている。先週、ダウ平均株価とNASDAQが急落し、市場に緊張が走ったが、これらの引き金を引いたのが、フェイスブックを中心とする、いわゆるモメンタム株(勢いで買われている株)であったといわれている。

 米国経済は順調に回復してきており、今後の見通しは総じて楽観的である。だが株価がこれを先取りし過ぎたため、高値圏にあると見る投資家は多く、何かのきっかけで一旦は調整するとの見方が根強い。それが、ウクライナ問題やフェイスブックの急落といった出来事であり、皆が買い場を求めて、悪いニュースを懸命に探すという奇妙な状況となっている。
 
 サンドバーグ氏は、クリントン政権の財務長官で、前回のFRB(連邦準備制度理事会)議長の最有力候補にもなっていたラリー・サマーズ氏の下で働いていた経験があり、ワシントンとの関係が密接である。このためサンドバーグ氏に対しては常に政界進出の噂が絶えない。
 昨年、自著を出版していることなども重なり、氏がそろそろ同社を見切って、政界に進出するのではないかと一部の投資家が考え、株の売却に走っても不思議ではない。
 もっともサンドバーグ氏は、テレビ番組に出演し、こうした観測を一蹴している。とりあえずは同社の経営や、女性と仕事に関する社会運動に専念するつもりであることを明らかにしている。

 ちなみに、同様に大幅な株価下落に見舞われている短文投稿サイト運営のツイッターは、市場のこうした状況を憂慮し、共同創業者らがロックアップ解除後も同社株の保有を続けると異例の発表を行っている。株式市場はしばらくの間、落ち着かない状況が続く可能性が高い。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

trumpabe01
日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

summly
まさに地殻変動!16歳のIT少年が簡単に1億円を集め、28億でYahooに技術を売却!

 米Yahooは2013年3月25日、ニュース要約アプリ「Summly」を買収す …

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …

gpifhiritsu201406
公的年金の株式シフトが前倒しスタート。一部からは利益の先取り懸念も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2014年8月2 …

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …

costabranka
キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなど …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …