ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

無敵のグーグルがとうとう失速開始?拡大の一途を辿ってきたクリック数が減少

 

 これまで破竹の勢いだったグーグルにとうとう失速の兆しが出てきた。同社は2014年4月16日、2014年1~3月期の決算を発表したが、売上高が前期比で実質マイナスとなった。広告のクリック数が減少したのが主な要因。市場ではこれが一時的なものなのか見極めようという慎重な雰囲気になっている。

 google2014 同社の売上高は前年同期比19%増の154億2000万ドル (約1兆5700億 円)、純利益は同3.1%増の34億5200万ドル(約3520億円)となった。確かに前年同期比では増収増益となっているが、同社の決算にはあまり季節要因がないことや、ネット業界の変化の速さを考えると、前期との比較も重要である。

 今期の決算から、売却したモトローラ分の数字が反映されなくなったので、見かけ上の売上高は減少している。だが、モトローラの分を除外した純粋な検索事業での売上げについても、前期比で約2%の減少となった。これまで順調に売上を拡大してきた同社としては、気になる兆候である。

 売上高が減少した主な理由はクリック数の減少である。クリック数は前期と比較して約1%減少している。一方クリック単価は前期比でほぼ横ばいだった。
 これまでクリック数とクリック単価は反比例の関係が続いてきた。クリック単価は2011年以降、一貫して下落が続いており、ここ3年で3割も下がった。画面が小さく広告単価が低くなりがちなスマホにシフトしていることが主な要因である。一方、スマホの急激な普及はクリック数の大幅な増加をもたらしていた。同じ期間でクリック数は2.5倍にも拡大した。
 この圧倒的なクリック数の増加が、広告単価下落の影響を吹き飛ばしていたわけである。同社の増収増益はスマホによるネット市場の裾野拡大によってもたらされてきたといってよい。

 だがここにきて、その増加に歯止めがかかる兆候が見え始めた。同社は2012年の第2四半期に一度、クリック数が横ばいになったことがある。だがその後、すぐに復活し、クリック数は増加に転じた。この時の一時的な停滞はスマホ・シフトにおける足踏みと理解されていた。
 果たして今回も何らかの一時的な足踏みなのか、とうとうネット市場の拡大にも限界が見えてきた証拠なのか、市場ではこれを見極めようという姿勢が顕著になってきている。

 ある市場関係者は広告単価の下落に歯止めがかかったことは、スマホ・シフトが一段落した結果とみており、この状態が落ち着けば、ふたたびクリック数は成長軌道に乗るとの見方を示している。ちなみに同社株は、この決算を受けて、時間外取引で一時6%下落した。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

monju
高速増殖炉もんじゅの運転再開が困難に。破綻に近づく核燃料サイクル政策

 かつて夢の原子炉と呼ばれ、日本の核燃料サイクル政策の要と位置付けられていた高速 …

nyse02
ツイッター偽情報による株価の乱高下。即座に株価が安定したことの方に意味がある

 4月23日のニューヨーク株式市場において、ツイッターの偽情報によって株価が一時 …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

kijijidousakusei
AP通信が決算記事の作成にロボットを導入。この動きは一般企業にも波及する

 通信社大手のAPは2014年6月30日、同社が提供する決算記事の作成にロボット …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …

tenanmon
中国がネット検閲に加えて、利用者の実名登録を法制化。言論弾圧を強める

 中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)常務委員会は28日、インターネット …

manshon
銀行が住宅ローン金利を引き下げ。融資先が見つからない銀行の苦しい台所事情

 9月に入って金融機関による住宅ローンの引き下げが相次いでいる。三菱東京UFJ銀 …

caterpilar
世界経済の映し鏡である米キャタピラーの決算。中国景気失速の影響で売上は大幅減

 米建設機械大手のキャタピラーは10月23日、7~9月期の決算を発表した。キャタ …

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
脱原発のモデルといわれたドイツで電気代高騰。日本人が知っておくべきこととは?

 再生可能エネルギーへの転換を旧ピッチで進め、日本における「脱原発」論のモデルと …

abe20140220
政府内部で法人税減税の議論が始まる。問題の本質は課税ベースの拡大にあり

 政府内部で法人減税に関する具体的検討が始まった。経済財政諮問会議2014年2月 …