ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の成長資金を確保するための重要なステップとなる。同社は経営危機後、数回増資を行っているが、これまでの資本政策には少々奇妙な点も見られる。経営陣はまだ今後の成長シナリオについて確信が持てていないのかもしれない。

sharp

 報道によると増資の規模は約2000億円で公募増資の形を取るという。同社はこの増資を正式に発表していないが、資本増強策を検討していることは認めている。
 もし2000億円の増資に成功すれば、一時は6%台まで低下していた同社の自己資本比率は20%程度まで回復する。同社は依然として1兆2000億円もの有利子負債を抱えているが、とりあえず危機的な状況からは脱することになる。

 シャープは2013年3月期の決算において約5500億円の赤字を計上し、一時は経営危機説まで囁かれた。当初は台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の支援を受けて事業を再生する計画だったものの、シャープ経営陣がホンハイ傘下での厳しいリストラを懸念し、同社からの支援を拒否。結局、公募増資、さらには取引先からの出資で約1400億円を調達し、銀行から追加融資を受けることで何とかしのいできた。

 今回の最増資で今後の成長にはずみをつけようという目論見だが、必ずしもその筋書きはうまくいっていない。
 同社の2014年3月期決算は、売上高2兆9000億円、経常利益は400億円と3年ぶりの黒字になる見込み。ただ、この数字はスマホ向け液晶の伸びに大きく依存しており、利益率はほとんど改善していない。本業の利益で有利子負債を返済するという姿からはほど遠い。

 このような状況を反映してか、同社の資本政策には少々奇妙な点も見られる。昨年の増資に先立って同社は減資を行っている。だが利益剰余金のマイナス分以上に減資を行って、逆に減資後は利益剰余金を増やしている。しかも株数は変わらず、実質的には何も変化していない。
 同社はこの資本政策の意図について詳しく説明していないが、利益剰余金を多く捻出して十分な配当原資を確保し、増資を引き受ける投資家を安心させようという意図が見え隠れする。

 本来、配当は本業の利益から投資家に還元すべきものであり、利益剰余金はそのような意味を持つ科目である。これらの措置はすべて見かけ上のものであり、実質的には何も変化はなく、投資家が損失を被っているわけではない。
 ただ、見方によっては、増資に際して必要となる今後の成長戦略について、経営陣がまだ十分に自信を持っていないという印象を与えかねないものである。こうした資本政策が長期的に見て得策かどうかは微妙なところだ。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

rikokkyoudabosu
李克強首相が中国経済の運営に自信。欧米経済の回復を追い風にバブル封じ込めか?

 中国の李克強首相は、大連で開かれている夏季ダボス会議で講演を行い「中国経済のフ …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

baxter2
あなたの仕事は大丈夫か?ロボットに置き換わる仕事リストの衝撃!

 どのような職種がロボットに置き換わるのかを予想したオックスフォード大学の研究レ …

pepper
ソフトバンクがロボットを他社に先んじて製品化した本当の狙い

 ソフトバンクモバイルは2014年6月、人と対話することができるロボット「Pep …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …

dasubeida
ディズニーがスターウォーズを巨額買収。新作も投入予定

 エンターテインメント大手の米ウォルト・ディズニーは、人気映画「スター・ウォーズ …

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …