ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公的年金による株の買い支えを示唆した麻生財務相の発言。真意はどこに?

 

 麻生財務相が公的年金による株の買い支えとも取れる発言を行ったことが株式市場で話題となっている。公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを受けての発言だが、市場ではこの意味について様々な解釈が出ている。

aso03

 麻生氏は2014年4月16日に開催された衆院財務金融委員会で、GPIFについて「6月以降に動きが出てくる」と述べた。その上で、株式市場では「外国人投資家が動く可能性が高くなる」とした。
 現在GPIFでは、国債を中心とした従来の運用方針の見直しを行っている。すでに昨年11月、運用見直しを提言する有識者会議の報告書が出ており、これを受けて安倍首相は2014年2月の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考えを明らかにしている。

 素直に考えれば、GPIFがポートフォリオの見直しを行い、日本株の比率を上げ始めるのが6月からという解釈になる。GPIFは現在約130兆円という巨額の資金を運用している。ごく一部分でも、債券から株式へのシフトが発生すれば、株価を押し上げる効果は大きいだろう。結果論としての株価上昇であれば何の問題もないわけだが、発言には少々気になる点もある。

 ポートフォリオの見直しを通じて、外国人が動く可能性があるとしている部分である。現在、日本の株式市場の取引は7割が外国人投資家で占められており、日本人はほとんど手を出さなくなっている。しかも外国人投資家のかなりの割合が、短期的・投機的な投資家だともいわれている。

 新興国不安やウクライナ問題によって、このところ世界規模で株価の急落が起こっているが、米国など諸外国の株価は下落しても、すぐに元に戻っているが、日本だけが戻っていない。つまり悪いニュースには反応して株価は下落するものの、よいニュースには反応しないという状況が続いているのだ。

 その原因として、一部では逃げ足の速い外国人の投資家が資金を引き揚げているという見方がある。もし麻生氏の発言が、外国人投資家主導による株価下落を憂慮したものであり、GPIFの運用見直しが、外国人投資家を呼び戻すための起爆剤なのだとすると、それは本末転倒になる可能性がある。逃げ足の速い外国人投資家は、株価が上昇したら再び株を売却してしまうからだ。

 15日に行われた安倍首相と日銀の黒田総裁の1時間にもわたる会談も、株価を意識したものであるとの見方が市場では根強い。消費増税直後であることや、追加緩和をめぐって市場に思惑が交錯している時期であるだけに、株価に対して神経質になるのはある程度致し方ない。
 ただ、年内という見通しであったGPIFのポートフォリオ見直しが6月に行われるということになると、これはかなり切迫した状況であるという印象を市場に与えかねない。外国人投資家の買い=成長戦略への信認、という図式で株価対策を行っているというイメージになれば、逆に海外の投機筋にとっては格好の攻撃材料となる可能性もある。

 - 政治 , ,

  関連記事

brics2014
新興5カ国がBRICS開発銀行と外貨準備基金の設立で合意。世銀とIMFに対抗

 インドや中国など新興5カ国(BRICS)は2014年7月15日、ブラジルで首脳 …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

syriakubaku201409
米国がシリアで空爆を開始。とりあえず中東各国の協力を取り付けた形に

 米国防総省は2014年9月23日、米軍がイラクに続いて隣国のシリアでも空爆を開 …

kourousho
厚労省のマイナンバー収賄事件。汚職の温床となりやすい官庁の調達制度とは?

 マイナンバーに関する事業をめぐり、業者から現金100万円を受け取った収賄の罪で …

kozeni
マイナンバーカードとセットの軽減税率案に批判集中。果たして実現できるのか?

 財務省が2015年9月8日に提示した消費税の軽減税率の導入案が波紋を呼んでいる …

sutisenkyo
ミャンマーで歴史的な政権交代へ。だがスー・チー氏にとっては過大山積

 50年以上にわたって軍による独裁政権が続いてきたミャンマーで2015年11月8 …

putin
欧米の経済制裁で疲弊が進むロシア経済。落とし所の探り合いが続く

 ロシアに対する経済制裁がロシア経済をじわじわと追い込んでいる。ロシア経済の要で …

settai
外国政府による米国議員関係者の接待。中国が突出して多いことが判明

 中国をはじめとする外国政府が米国の議員やそのスタッフを接待旅行に招待する事例が …