ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

3月の貿易赤字は1兆4463億円。赤字拡大のトレンドは継続している

 

 財務省は2014年4月21日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1兆4463億円の赤字となった。3月としては過去最大の赤字。季節調整済みでも1兆7142億円の赤字となっており、貿易赤字拡大のトレンドは継続している。

bouekitoukei201403

 輸出額は6兆3826億円で前年同月比で1.8%増加したが、輸入額は7兆8289億円と同18.1%の増加となっており、赤字が拡大した。
 輸入額のうち大きな割合を占めているのがエネルギー関連であり、全体の35%を占めている。エネルギー輸入額の半分以上は原油であり、次に多いのが発電などに用いられる液化天然ガスである。

 原油の輸入金額は前年同月比で約19%増加している。原油の輸入量は約15%増加しているので、残りの増加分の多くは為替と原油価格の上昇によってもたらされている。同じく天然ガスの輸入金額は14%増加したが輸入量は4%の増加にとどまっている。
 原発が停止した3年前との比較では、天然ガスの輸入量は2割増えているが、金額は2倍近くにふくれあがった。原油の輸入量は18%増加しているが、金額は1.5倍に増加した。この間、為替は25%程度安くなっている。
 エネルギー関連の輸入については、やはり輸入量の増加というよりも、為替や市場価格の影響を大きく受けていることがわかる。

 赤字拡大の原因はそれだけではない。日本の産業構造が変化し、付加価値の低い製品や部品の輸入への切り替えが急ピッチで進んでいるからである。
 鉄鋼などの製品は前年同月比で25%、機械類は35%、電気機器は30%も輸入が増えている。為替の変動を考慮に入れても、輸入そのものが拡大していることがわかる。スマホやAV機器といった製品のほとんどがアジアで製造されていることを考えれば、これはうなずける数字である。

 原油価格が今後、急激に低下する見込みは少ない。原発の再稼働によって天然ガスの輸入数量は減らせる可能性があるが、足元を見られてつり上げられた価格が今後どう推移するのかは不透明だ。為替が急激に円高に振れる可能性も低い。
 あらゆる業界で輸入への切り替えが進んでいることを考えると、今後、輸入が拡大することはあっても、大幅に縮小することはないだろう。

 輸入については基本的に減らすことが難しいと考えるべきであり、そうなると最終的な貿易収支は輸出の動向に大きく左右されることになる。輸出が増えるためには、世界経済、特に日本最大の輸出先である米国の景気が拡大する必要がある。だが日本メーカーの多くが製造拠点を海外に移しており、米国景気が拡大しても、それほど輸出は増えない可能性もある。

 財務省は同時に2013年度全体の結果も公表した。貿易収支は13兆7488億円の赤字となり、3年連続で過去最大を更新している。

 - 経済

  関連記事

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

kinyuucho
金融庁が空売り規制をようやく緩和。株式市場はようやく平時の状態へ

 金融庁は3月7日、株式の「空売り規制」を緩和すると発表した。金融庁はリーマンシ …

usakoyoutoukei201503
米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

hakenhoukaisei
同一労働・同一賃金法案が衆院で可決。内容は骨抜きで格差は継続したまま

 正社員と派遣社員の格差を是正する「同一労働同一賃金推進法案」が2015年6月1 …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

tanbo
TPPを前にとうとう減反政策を転換。だが日本のコメ農家は大規模化で強くなれるのか?

 政府は、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の締結を視野に、50年にわたって …

apple2016q1
アップルの四半期決算。過去最高の売上高だが中国市場は急減速

 米アップルの業績が大きな曲がり角に差し掛かっている。数字上は四半期ベースで過去 …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …