ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結果を発表した。新聞とニュースサイトの利用については、60代の高齢者の約9割が紙の新聞を利用し、逆に20代は4割がYahoo!ニュースなどのニュース配信サービスを多用していることが分かった。

sumaho201404

 この調査は昨年末、全国の1500人に対して実施したもので、従来型メディアとネットメディアの利用動向について多面的に分析している。
 新聞とニュースサイトに関する調査項目では、紙の新聞、新聞社が提供する有料ニュース、新聞社が提供する無料ニュース、ネット上のニュース配信サービスについて、それぞれの利用率を調べている。

 利用率がもっとも高かったのは紙の新聞で全体の65.8%が利用していた。当然のことだが、この結果は高齢者が数値を引き上げている。
 60代における新聞の利用率は圧倒的で90%を超えている。一方、20代では37.2%となっており、世代が若いほど紙の新聞の比率が下がってくる。20代がもっとも利用しているのはポータル系ニュース配信サービスで利用率は48.9%であった。ただ、10代でも35%が紙の新聞を利用しており、意外と健闘しているようにも見える。

 新聞社が提供する無料サイトの利用率は低く、全体で7.3%、日経電子版などの有料版はさらに低く1.4%にとどまっている。想像通りの結果だが、新聞社の無料サイトはあまり読まれておらず、多くがニュース配信サービス経由になっている実態が浮かび上がる。

 今後の動向だが、素直に考えれば、ニュース配信サービスを多用する世代が増えるにつれて、新聞のシェアは激減し、ネット上のニュース配信サービスが急拡大するという経過が想像される。だが必ずしもそうなるとは限らない。新聞はかつては若者向けのメディアだったという過去があるからだ。

 新聞は今でこそ、高齢者のための媒体となっているが、以前は違った。異なる調査なので同一には比較できないが、NHKが1975年に行った調査では、1日のうち15分以上新聞を読む人の割合は20代で61%、30代で80%だったが、70代以上では50%しかいなかった(男性)。この結果を見ると、かつて新聞は若い世代がビジネス情報を得るための媒体だったことが分かる。この若い読者層がそのまま持ち上がり、現在の高齢読者層を形成している。

 現在、ネットのニュース配信サービスでニュースを見ている若者が中高年になった時には、やはり同じように現在のサービスを利用し続けているかもしれないが、さらにその下の世代が、同じようなスタイルでニュースを読む保証はないのだ。

 今のところ、PCとスマホを超える革命的なデバイスが出てくる見込みはないが、イノベーションはいつどのようにして発生するか分からない。現在のニュース配信サービスを利用している今の若者が中高年になった時、さらに若い世代から、化石メディアをまだ使っていると揶揄される時代が来るかもしれない。

 - マスコミ, 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …

mof
財務省が物価連動債の発行再開へ。いよいよインフレ時代がやってくる。

 財務省が、物価に応じて元本が増減する物価連動国債の発行を再開する。物価連動国債 …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

genkintorihiki
銀行取引にさらに煩雑な確認作業が必要に。だが肝心の犯罪防止効果には疑問の声も

 犯罪収益移転防止法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)が一部改正されるのに …

iwata02
日銀岩田副総裁によれば期待インフレ率は上昇しているというが・・・・

 日銀の岩田副総裁は、経済紙とのインタビューにおいて、日銀の金融政策として実質金 …

kadokawadowango
KADOKAWAとドワンゴが経営統合。相互補完的でプラスになる可能性

 角川書店を中心とするメディア企業のKADOKAWAと、動画配信大手のドワンゴが …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

shunsetugou
各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強 …

orandoshukinpei
中国がチベット問題を黙認するオランド大統領に対して、最大級のもてなしを実施

 フランスのオランド大統領は4月25日、中国を訪問し、北京の人民大会堂で習近平国 …