ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているという。内容の詳細は不明だが、もし上限金利が元の水準に戻されれば、消費者金融や事業者ローンの金利に関する議論は、すべて振り出しに戻ることになる。

shouhishakinyu

 日経新聞の報道によると、自民党の財務金融部会は近く小委員会を立ち上げ、経営が健全と認可された貸金業者に限って、上限金利を現在の20%から法改正以前の29.2%に戻すことを検討するという。銀行融資を受けにくい中小企業が消費者金融から資金を借りやすくするのが狙い。

 以前は貸金業者の金利をめぐって二つの法律が存在し、矛盾する状況となっていた。
 出資法では上限金利を29.2%と定めているが、利息制限法では最大20%までとされていた(金額により変動)。20%超、29.2%以下の金利については「いわゆるグレーゾーン金利」と言われ、実質的に黙認されてきた。
 だが、消費者金融などによる過酷な取り立てが社会問題化し、大激論の末、2006年にグレーゾーン金利の廃止が決定した。これによって、利息制限法を超える金利については行政処分の対象となった。

 法改正に関する議論を通じて最も懸念されたのは、法律で利息を制限しても、資金繰りに苦しむ債務者を助けることはできず、結局は非合法の金融業者(ヤミ金)に流れてしまう状況である。ヤミ金業者の実態は明らかではないが、利息の引き下げ後、一般的な消費者金融からはお金を借りられなくなった一部の債務者がヤミ金に流れた可能性は高い。
 また合法的な貸金業者の中でも、現在の金利では経営が困難という声も上がっている。今回自民党が金利引き上げについて検討を始めた背景には、こうした複数の事情が関係している可能性が高い。

 この報道を受けて、アコムなど消費者金融の株価は急騰している。もし金利の引き上げが正式に決定すれば、消費者金融の業績は大きく向上することになるだろう。
 だが、実際にこれを議論する段階になれば、前回同様、かなりの激論となることが予想される。市場メカニズムを無視した規制に反対する立場からは評価の声も聞こえてくるが、消費者保護を主張する人達は、金利の引き上げに強く反対するだろう。29.2%の金利を適用できる範囲が限定される可能性も高く、その場合には、現在の貸金業者の業績にそれほど貢献するわけではない。

 高い金利が社会問題化してからかなりの時間が経過したが、結局、議論は振り出しに戻ってしまったようである。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

egyptdemo
「アラブの春」の実態が明らかに。エジプトでモルシ大統領が独裁者に豹変

 エジプト各地で大統領権限を大幅に強化したモルシ大統領に対する大規模なデモが発生 …

a380
世界の航空機市場は急拡大。日本の閉鎖市場は製造業にも影響を与える可能性がある

 欧州の航空機大手エアバスは、中東の航空会社3社から合計で137機、推定400億 …

daiei
イオンがダイエーを完全子会社化。そのブランド名も消滅させる理由とは?

 イオンは2014年9月24日、傘下のスーパー「ダイエー」を2015年1月に完全 …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

Ecclestone
F1界のドン、バーニーエクレストン氏をドイツ当局が起訴。欧州の伏魔殿にメスか?

 自動車レースの最高峰であるF1グランプリ界のドンといわれ、F1関連の多くの興業 …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …

googlecar01
Googleが自動車の自動運転システムを5年以内に実用化。その本当の狙い

 米Googleが自動車の自動運転の実用化にほぼメドをつけた。  同社は8月に、 …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

imf Deputy Director japan
IMFが日本との協議を終了。アベノミクスを評価するも、構造改革とセットにすべきと指摘

 IMF(国際通貨基金)は5月31日、経済動向と政策課題に関する日本政府との10 …

toyota201603
トヨタが営業利益40%減の業績見通し。実は販売台数が年々減少しているという事実

 トヨタ自動車は2016年5月11日、2016年3月期の決算を発表した。予想通り …