ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているという。内容の詳細は不明だが、もし上限金利が元の水準に戻されれば、消費者金融や事業者ローンの金利に関する議論は、すべて振り出しに戻ることになる。

shouhishakinyu

 日経新聞の報道によると、自民党の財務金融部会は近く小委員会を立ち上げ、経営が健全と認可された貸金業者に限って、上限金利を現在の20%から法改正以前の29.2%に戻すことを検討するという。銀行融資を受けにくい中小企業が消費者金融から資金を借りやすくするのが狙い。

 以前は貸金業者の金利をめぐって二つの法律が存在し、矛盾する状況となっていた。
 出資法では上限金利を29.2%と定めているが、利息制限法では最大20%までとされていた(金額により変動)。20%超、29.2%以下の金利については「いわゆるグレーゾーン金利」と言われ、実質的に黙認されてきた。
 だが、消費者金融などによる過酷な取り立てが社会問題化し、大激論の末、2006年にグレーゾーン金利の廃止が決定した。これによって、利息制限法を超える金利については行政処分の対象となった。

 法改正に関する議論を通じて最も懸念されたのは、法律で利息を制限しても、資金繰りに苦しむ債務者を助けることはできず、結局は非合法の金融業者(ヤミ金)に流れてしまう状況である。ヤミ金業者の実態は明らかではないが、利息の引き下げ後、一般的な消費者金融からはお金を借りられなくなった一部の債務者がヤミ金に流れた可能性は高い。
 また合法的な貸金業者の中でも、現在の金利では経営が困難という声も上がっている。今回自民党が金利引き上げについて検討を始めた背景には、こうした複数の事情が関係している可能性が高い。

 この報道を受けて、アコムなど消費者金融の株価は急騰している。もし金利の引き上げが正式に決定すれば、消費者金融の業績は大きく向上することになるだろう。
 だが、実際にこれを議論する段階になれば、前回同様、かなりの激論となることが予想される。市場メカニズムを無視した規制に反対する立場からは評価の声も聞こえてくるが、消費者保護を主張する人達は、金利の引き上げに強く反対するだろう。29.2%の金利を適用できる範囲が限定される可能性も高く、その場合には、現在の貸金業者の業績にそれほど貢献するわけではない。

 高い金利が社会問題化してからかなりの時間が経過したが、結局、議論は振り出しに戻ってしまったようである。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

Cove Point
シェールガス革命で日本の製造業が次々に米国進出。期待される日本の国際収支への貢献

 米国ではシェールガス革命の進展によって、世界最大のエネルギー輸出国に変貌しよう …

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

contena
韓国大統領選はFTAをめぐって政策が真っ二つ。日本のTPP論争にも影響か?

 12月に行われる韓国大統領選挙において、2大候補者の経済政策が真っ二つに割れて …

ginzafudosan
土地価格はとうとう上昇に転じたが、二極分化の傾向がより鮮明に

 国土交通省は2016年3月22日、2016年の地価公示を発表した。商業地ではと …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

twitter02
ツイッターが大失速。主要指標の非公開化で市場に疑心暗鬼

 短文投稿サイトの米ツイッターが失速している。2015年4月28日に発表した同社 …

wallst02
米国で雇用の質が徐々に改善。NYではウォール街に頼らない雇用増を実現

 景気拡大が続く米国で雇用の質が改善している。ニューヨークでは、かつてはウォール …

shanhai
止まらない中国株の下落。昭和30年代の日本市場との類似性

 中国株の下落が止まらない状況が続いている。中国政府は、相次いで株価対策を打ち出 …

chromecast
グーグルがテレビで動画を楽しめる安価な端末を発売開始。そのインパクトは?

 グーグルは2014年5月27日、テレビに接続するだけで、スマホやタブレットの動 …

tokyotower
消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態 …