ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領が来日。その後は韓国、マレーシア、フィリピンを訪問

 

 米国のオバマ大統領は2014年4月23日、国賓として日本を訪問する。滞在は25日までの3日間。オバマ氏はその後、韓国、マレーシア、フィリピンを相次いで訪問し、29日に米国に戻る予定。

obamaairforce1

 今回の訪問は当初1泊の予定だったが、日本側が国賓待遇での訪問を強く求め、最終的に2泊3日の日程に変更された。
 ただ23日の日程は安倍首相との夕食会のみで、25日は午前中に韓国に向かってしまうため、実質的に活動できるのは24日の1日だけとなる。

 オバマ政権は中東にシフトしていた外交戦略を転換しアジア重視を掲げている。現在、米国と中国は安全保障や経済など多方面にわたる包括的な二国間交渉を行っている最中である。
 このタイミングでオバマ氏が日本やフィリピンを訪問するのは、中国を牽制し、今後の米中交渉を有利に進めたいとの思惑からと考えられる。
 米国はアジア全域に自由貿易の枠組みを広げたいと考えており、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)はその中核的な役割を果たす可能性が高い。米国は日本に対して関税問題での妥協を強く求めてくるものと思われる。

 日本側としては、悪化する日中関係を打開するため、日米同盟の強さをアピールしたいところだが、このあたりはTPPとのバーターになってしまう可能性がある。
 オバマ政権は非常に実務的で、形式的な会談を好まないといわれる。日本からの再三にわたる要望を受けて訪問日程を拡大させただけに、今回の訪日でTPP交渉がまとまらない場合、米国側は訪問の成果はゼロだったと認識してしまうかもしれない。

 オバマ大統領のアジア訪問日程は以下の通り。

・23日(水)
午後 オバマ大統領羽田到着
夜  安倍首相と銀座の高級寿司店で夕食会

・24日(木)
午前 天皇陛下と会談し、その後、安倍首相との首脳会談
午後 安倍首相との共同記者会見、日本科学未来館や明治神宮を訪問
夜 宮中晩餐会

・25日(金)
午前 天皇陛下とお別れの挨拶、韓国に向けて出発
午後 朴槿恵大統領との首脳会談

・26日(土)
午前 韓国財界人との会談
午後 マレーシアに移動、夜は晩餐会出席

・27日(日)
午前 モスクを訪問したのち、ナジブ首相と首脳会談、昼食会
午後 大学を訪問

・28日(月)
午前 フィリピンに移動
午後 アキノ大統領との首脳会談、共同記者会見
夜 マラカニアン宮殿での晩餐会

・29日(火)
午前 アメリカ人墓地を訪問後、米国に向けて出発

 - 政治 , ,

  関連記事

abe20141125
盛り上がる解散の「大義」に関する論争。結論は選挙の結果次第?

 衆議院を解散する「大義」に関する議論が活発になっている。野党側が「アベノミクス …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …

0000b
戦慄!イスラエル軍が白昼、ハマス幹部が乗った車を正確にピンポイント爆撃

 イスラエル軍は14日、パレスチナのガザ地区で、同地を実効支配するイスラム原理主 …

kokkaigijido02
格付け会社の体質が変わっていないのだとすると、日本国債はそろそろ危ないかもしれない

 安倍首相が消費増税の再延期を表明したことについて、格付け会社は引き下げを実施し …

merkeru
ドイツ総選挙でメルケル首相の続投が決定。社民との連立になってもEU政策に変化なし

 ドイツ連邦議会選挙は9月22日に投開票が行われ、メルケル首相率いる与党キリスト …

googlemusume
Google会長の娘が北朝鮮訪問記を公開。だが北朝鮮の光景は日本にも通じるものだった

  北朝鮮を電撃訪問したインターネット検索最大手グーグルのシュミット会長の娘であ …

nakatani
安保法制をめぐってはやくも不毛な議論。「昭和」の時代は続く

 今国会で審議が始まる安全保障関連法案をめぐって、早くも不毛なやり取りが行われて …

abeshouhizei
法人減税の急浮上によって、政府内部の財政をめぐる綱引きが激化

  安倍政権が消費税の増税と、これに対応した総額5兆円の経済対策を発表したことで …

jieiken
集団的自衛権行使容認に向けた実務作業がスタート。憲法改正論議に与える影響は?

 安倍政権が集団的自衛権行使を容認するための本格的な作業に着手した。半年以上開催 …