ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大飯原発の停止要請をめぐる、政府と原子力委員会の「意味不明」

 

 唯一稼働中の原子力発電所である関西電力大飯原子力発電所をめぐって、政府と原子力委員会の意味不明な行動がエスカレートしている。

 原子力規制委員会は、大飯原発の敷地内に活断層の存在が指摘されている問題をうけて、2日現地調査を開始した。敷地内の地層の割れ目などを調べ、活断層が確認されれば稼働中の原発の運転停止を「求める」方針だという。

 だが、日本のずさんな原子力行政の法体系では、そもそも活断層の存在を「想定していない」。したがって、原子力規制委に活断層の有無によって停止を命令する法的権限は存在していない。規制委員会ができるのは停止を「求める」ことだけである。このため、規制委員会では行政指導で停止を要請することも検討しているという。

 これら一連の動きは日本がいまだに法の支配など関係ない、完全な無法地帯であることをあらためて露呈している。なぜ権限のない組織が、原発の稼動を止めることができのか?
 本当に原発停止が必要であれば、国の権限で正式に停止させるべきであり、「要請」などという曖昧な手段を用いることは決してあってはならない。法律がないなら国会で成立させればよいだけの話だ。

 なぜこうなるのは説明する必要もあるまい。正式に停止を決定してしまうと、うまくいかなかった時に責任問題になるからだ。誰が責任者か分からないように「要請」だけにとどめておけば、うまくいけば自分の手柄だと自慢でき、失敗すれば「俺は命令したわけではない」と言い逃れできる。まさに無責任な公務員根性丸出しの措置なのである。

 日本は同じようにして、愚かな太平洋戦争を引き起こした。当時の政治家や官僚は皆、本心では戦争に反対だったという。だが誰が責任を持つわけでもなく「各方面」からの「要請」に基づいて皆が動いた結果が、破滅的な戦争だったというわけである。

 つくづく日本国民は救われない。

 

 - 政治, 社会

  関連記事

doller
米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …

abekenpou
憲法解釈の見直しに、何故か内閣法制局が障壁となっていた日本の不思議

 安倍首相は8月2日、内閣法制局の新しい長官に、集団的自衛権の行使に前向きとされ …

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

abekeizai201311
公共事業費の抑制をめぐって綱引き激化。財務省が本当に危惧している事態とは?

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えているが、公共事業費の抑制をめぐって議 …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

tenanmonjiken
天安門事件から25年。中国国内は厳戒態勢だが、香港だけは追悼集会を実施

 中国で民主化運動の学生らを弾圧した天安門事件から25年が経過した2014年6月 …

koubunshokan
日本の秘密保持、公文書管理、情報公開はそもそもどのような体系になっているのか?

 政府は秋の臨時国会に特定秘密保護法案を提出する。この法案に対しては知る権利をめ …

chukounen
結局は減額?政府が年金給付額の抑制について具体的な検討を開始

 政府は、年金の給付額抑制に乗り出す方針を固めた。現在のマクロ経済スライド制を見 …

kissinger
キッシンジャー氏が尖閣問題について発言。だが、その背景はちょっと微妙!

 米ニクソン政権の国務長官で米中国交回復のキーマンであったヘンリー・キッシンジャ …