ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の対象となってきた。昨年の夏に産業競争力会議で検討されたものの、「残業代ゼロ」など批判され、導入が見送られたという経緯がある。だが今年に入って、この議論がなぜか復活している。

sangyoukyousouryoku

 4月22日に行われた産業競争力会議では、民間議員の長谷川閑史・経済同友会代表幹事が、労働時間ではなく、成果をベースに賃金を支払う仕組みを提案した。今回の提案では、以前からその対象として議論されていた年収1000万円以上の社員に加えて、労使合意があれば一般社員もその対象となるとしている。

 もしこの制度が導入された場合、どのような結果になるのかについて、見解は真っ二つに割れている。推進側は、残業代がなければ、仕事を早く切り上げるようになり、労働時間はかえって減ると主張している。一方、反対する側は、無制限の長時間労働が強制されるだけだとの立場である。
 どちらになるのかは、それぞれの会社や社員の置かれた環境に依存するので一概には言えない。だが今回の提案において、一般社員もその対象とするとした点はやはり注目に値する。

 日本企業はそもそも残業時間が長いといわれているが、法律上では残業そのものが厳しく制限されている。だが日本の労働基準法では、労使間で協定を結べば法定労働時間を超えて社員を働かせることが可能となっている(いわゆるサブロク協定-36協定)。労使間の協定は形骸化しているので、実質的にすべての会社で長時間残業が可能というのが実態である。
 今回の提案は、残業時間に関する労使間協定を、実質的に残業代にも広げたことと同じになる。会社に対して強くモノが言える社員は少数派であり、会社側の強制で、いわゆるサービス残業を強いられるケースは出てくるだろう。

 企業は、今年の春闘において、政府からの強い要請を受け、賃上げ要求の一部を受け入れたばかりだが、この方策が実施されれば、労働者の賃金には再び下落圧力が加わることになる。日本は確実にインフレに向かっているが、場合によっては、労働者の実質賃金は上昇しないかもしれない。
 ただ経済全体としてみた場合、実質賃金が低下すれば、過度なインフレを抑制し、企業収益を向上させるという効果がある。うがった見方をすれば、物価目標導入と裁量労働制は一体なのである。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …

tanakamakiko00
ハチャメチャ田中文科相が期せずしてあぶり出した、腐敗した教育行政の闇

 田中真紀子文部科学相が、新設を申請していた3大学について突如不認可としたことで …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …

crystalgeyser
同じクリスタルガイザーでも味や成分はバラバラ。ミネラルウォーターの賢い選び方

 原発事故をきっかけに、日本の消費者の間でミネラルウォーターへの関心が高まってい …

urumuchi
中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められてお …

stap20140409
小保方氏が初の記者会見。なぜデータの差し替えを行ったのか?

 STAP細胞の論文について不正があると指摘されている問題で、研究の中心人物であ …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

kodomokyouiku
子供の貧困対策大綱が閣議決定。教育の機会均等は最優先課題という認識が必要

 政府は2014年8月29日、「子供の貧困対策大綱」を閣議決定した。近年、日本で …

sakuranomiya01
桜宮高校の入試中止問題。日本社会の論理性のなさが浮き彫りに

 大阪市立桜宮高校の男子生徒が体罰を受けた後に自殺した問題で、大阪市の橋下市長は …

nichigin
日銀が3月の短観を発表。アベノミクスも結局は米国頼みであることが間接的に明らかに

 日銀は4月1日、企業短期経済観測調査(短観)を発表した。大企業は製造業、非製造 …