ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

チャイナモバイル効果が出てきたアップル。利益率が急速に改善

 

 米アップルは2014年1月23日、2014年1~3月期決算を発表した。売上高は前年同期比4.7%増の456億4600万ドル(約4兆6800億円)、純利益は7%増の102億2300万ドル(1兆480億円)となった。純利益が前年同期を上回るのは5四半期ぶりで収益の改善傾向がはっきりしてきた。

apple02

 最大の要因は中国移動通信(チャイナモバイル)経由のiPhoneの販売が伸びたこと。
 アップルは前回の決算において四半期ベースでは過去最高の売上高を記録した。しかし、チャイナモバイルによるiPhone販売の見通しが今ひとつだったことから、株価は550ドルから500ドルまで一気に暴落している。
 その後株価は530ドルまで戻しているが、市場ではiPhoneの中国向け販売動向を見極めようと慎重なスタンスが続いていた。

 iPhoneの販売台数は前年同期比で17%増加し4372万台となった。前回の予想を上回る数字となっており、チャイナモバイル効果があらわれてきた格好だ。一方でiPadは1635万台と16%減少している。単価の安い新興国向けのiPhoneが増えているので、販売台数の増加ほどには売上高は増えていない。

 ただ同社の収益改善は非常にめざましいものがある。同社は原価率の引き下げに成功しており、単価の高い製品ラインナップが中心だった2012年の水準に近づきつつある。このまま中国での販売が伸びればさらに量産効果が高まり、利益率の向上が見込めるかもしれない。

 同社は巨額の現金を保持しており、その使い道については、ずっと議論の対象となっていた。今回、同社は自社株買いと配当の増額を表明している。大型買収などではなく、配当や自社株買いをこまめに実施するというやり方に落ち着きそうな雰囲気だ。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

amari
甘利経財相が原油安の効果は7兆円との見方。真偽の程は?

 甘利経済財政相は2015年1月9日、原油安が進んでいることに関して「日本経済に …

furunreport
中国版フォーブスと呼ばれる最新の長者番付。米国の資産家の水準に近づく

 中国の民間調査会社である胡潤研究院は、中国の大富豪ランキングである「胡潤百富( …

gpifpotofori201506
公的年金の株式買い入れ余力が大幅に低下。今後の運用成績はどうなる?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年8月2 …

yamadadenki
ヤマダ電機の素早いリストラの背景には、村上ファンド系モノ言う株主の存在が

 家電量販店最大手のヤマダ電機は5月末までに約40の店舗を一斉閉鎖する。収益性の …

HEINZ
バフェット氏がケチャップのハインツを丸ごと買収。ケリー国務長官も大儲け?

  ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは14日、投 …

seveneleven
セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半 …

oilpump
原油価格が50ドル割れ。マクロ的な状況を考えると急上昇リスクへの警戒も必要

 原油価格の下落が止まらない。ギリシャの政情不安が重なったことで投資家の心理は冷 …

nihonyusei
日本郵政が豪子会社で4000億円の減損。いきなり躓いた成長シナリオ

 日本郵政が買収したばかりの豪物流子会社について最大で4000億円の減損を計上す …

tosho05
日本の株式市場が賭博場になったのは、企業のダブルスタンダードが原因?

 持続的な成長を実現するために、企業と投資家の間にどのような関係が必要なのかにつ …