ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

チャイナモバイル効果が出てきたアップル。利益率が急速に改善

 

 米アップルは2014年1月23日、2014年1~3月期決算を発表した。売上高は前年同期比4.7%増の456億4600万ドル(約4兆6800億円)、純利益は7%増の102億2300万ドル(1兆480億円)となった。純利益が前年同期を上回るのは5四半期ぶりで収益の改善傾向がはっきりしてきた。

apple02

 最大の要因は中国移動通信(チャイナモバイル)経由のiPhoneの販売が伸びたこと。
 アップルは前回の決算において四半期ベースでは過去最高の売上高を記録した。しかし、チャイナモバイルによるiPhone販売の見通しが今ひとつだったことから、株価は550ドルから500ドルまで一気に暴落している。
 その後株価は530ドルまで戻しているが、市場ではiPhoneの中国向け販売動向を見極めようと慎重なスタンスが続いていた。

 iPhoneの販売台数は前年同期比で17%増加し4372万台となった。前回の予想を上回る数字となっており、チャイナモバイル効果があらわれてきた格好だ。一方でiPadは1635万台と16%減少している。単価の安い新興国向けのiPhoneが増えているので、販売台数の増加ほどには売上高は増えていない。

 ただ同社の収益改善は非常にめざましいものがある。同社は原価率の引き下げに成功しており、単価の高い製品ラインナップが中心だった2012年の水準に近づきつつある。このまま中国での販売が伸びればさらに量産効果が高まり、利益率の向上が見込めるかもしれない。

 同社は巨額の現金を保持しており、その使い道については、ずっと議論の対象となっていた。今回、同社は自社株買いと配当の増額を表明している。大型買収などではなく、配当や自社株買いをこまめに実施するというやり方に落ち着きそうな雰囲気だ。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

panatuga
パナソニック決算。何とか出血状態から脱却したが、長期的方向性は示されないまま

 パナソニックは5月10日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前期比7% …

narita
成田空港が着陸料を値下げ。それでも諸外国の2倍で、時すでに遅し

 成田国際空港会社は13日、来年4月から国際線の着陸料を平均で5.5引き下げると …

no image
「シャープが賞与カットを検討」との報道に、市場では驚愕の声

  シャープがリストラ策の一環として、社員の賞与カットの検討に入ってるとの毎日新 …

panasonic
日本型経営は名実共に終了?パナソニックが、とうとう下請けへの支払い条件変更へ

 下請け企業との共存を掲げ、他社よりも有利な支払い条件を提示してきたことで知られ …

bouekitoukei 201411
11月の貿易収支は円安と原油安の相乗効果で赤字幅縮小

 財務省は2014年12月17日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

bukkajoushou
物価上昇率はとうとう1%割れ。だが確実にインフレ期待は醸成されている?

 総務省は2014年11月28日、2014年10月の消費者物価指数を発表した。代 …

marines
日本の軍事費は世界第5位に。だが自衛隊の「質」はどの程度なのか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は4月15日、世界の軍 …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

no image
イスラム圏が米国へのサイバーテロ攻撃を実施。銀行システムなどが一部ダウン

 イスラム教を揶揄したされる映画が発端で、西欧社会に対するイスラムの反発が激化し …