ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

チャイナモバイル効果が出てきたアップル。利益率が急速に改善

 

 米アップルは2014年1月23日、2014年1~3月期決算を発表した。売上高は前年同期比4.7%増の456億4600万ドル(約4兆6800億円)、純利益は7%増の102億2300万ドル(1兆480億円)となった。純利益が前年同期を上回るのは5四半期ぶりで収益の改善傾向がはっきりしてきた。

apple02

 最大の要因は中国移動通信(チャイナモバイル)経由のiPhoneの販売が伸びたこと。
 アップルは前回の決算において四半期ベースでは過去最高の売上高を記録した。しかし、チャイナモバイルによるiPhone販売の見通しが今ひとつだったことから、株価は550ドルから500ドルまで一気に暴落している。
 その後株価は530ドルまで戻しているが、市場ではiPhoneの中国向け販売動向を見極めようと慎重なスタンスが続いていた。

 iPhoneの販売台数は前年同期比で17%増加し4372万台となった。前回の予想を上回る数字となっており、チャイナモバイル効果があらわれてきた格好だ。一方でiPadは1635万台と16%減少している。単価の安い新興国向けのiPhoneが増えているので、販売台数の増加ほどには売上高は増えていない。

 ただ同社の収益改善は非常にめざましいものがある。同社は原価率の引き下げに成功しており、単価の高い製品ラインナップが中心だった2012年の水準に近づきつつある。このまま中国での販売が伸びればさらに量産効果が高まり、利益率の向上が見込めるかもしれない。

 同社は巨額の現金を保持しており、その使い道については、ずっと議論の対象となっていた。今回、同社は自社株買いと配当の増額を表明している。大型買収などではなく、配当や自社株買いをこまめに実施するというやり方に落ち着きそうな雰囲気だ。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

piketishasin
日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネッ …

narita
成田空港が着陸料を値下げ。それでも諸外国の2倍で、時すでに遅し

 成田国際空港会社は13日、来年4月から国際線の着陸料を平均で5.5引き下げると …

netttoflikusu
動画配信サービスの最大手ネットフリックが日本上陸。他とはちょっと違うワケ

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」がとうとう日本 …

newshaisin
ネット上のニュース配信サービスに参入相次ぐ。だが日本特有のいつもの課題も・・・

 スマホ向けにニュース閲覧アプリを提供するベンチャー企業が相次いでサービスを拡充 …

tosho05
個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及 …

kokkaigijido
ムーディーズが日本国債を格下げ。だが日銀の大人買いで金利は動かず

 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは2014年12月1日、日本 …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

indo
新興国の通貨や株価が大暴落。緩和縮小開始までの投機的な動きか?

 インドやタイ、マレーシアといった新興国の通貨や株式の下落が激しくなっている。イ …

billgates
マイクロソフトのトップ交代。ゲイツ氏は退任ではなく、実は現場復帰?

 米マイクロソフトは2014年2月4日、同社のナデラ上級副社長が最高経営責任者( …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …