ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

クールで事務的といわれるオバマ大統領。今回の首脳会談でもその傾向がハッキリと

 

 オバマ米大統領が来日し、安倍首相と首脳会談を行った。オバマ政権は、よく言えば実務型でクール、悪く言えば他国に対して非常に冷淡といわれる。今回の首脳会談でも、オバマ政権のこうした特徴がはっきり見て取れた。

abeobama201404

 首脳会談後には共同記者会見が行われたが、「バラク」とファーとネームで呼びかけ「揺るぎない日米同盟」「強力なリーダーシップの発揮」といった発言を何度も行った安倍首相に対して、オバマ大統領は最後まで淡々と「安倍首相」と呼ぶなど少々他人行儀な対応。
 一方、記者からの質問には、具体的に長々と回答するなど、実務家らしい側面を見せた。一連の言動からは、日中関係を含む、諸外国の問題に対して基本的に一定の距離を置こうとするオバマ政権の方向性をはっきり読み取ることができる。

 オバマ氏は、尖閣諸島が日米安保の適用対象であると述べたが、一方で、これは米国の公式見解であり、特に新しいことではないことも併せて強調している。中国がどのラインを超えた段階で米国は行動するのかという問いに対しては「日米安保は私が生まれる前に出来たものであり、どこがレッドラインなのか定まっているわけではない」と他人事のような説明を行っていた。

 また米中関係については、「米国は中国と強い関係を持っている」「米中関係は中国が平和的に台頭することを支持している」とし、封じ込めではなく交渉相手であることを強調している。日中関係についても「平和的に問題を解決することを望む」という内容にとどまっており、踏み込んだ発言はなかった。

 こうしたオバマ氏のクールなスタンスは、日本に対してだけのものではない。ウクライナ問題について質問されたオバマ氏は、「何度も説明してきたように、ウクライナ問題を軍事的に解決するつもりはない」とし、米国がこの問題に積極的に関与するとの期待を一蹴した。
 またシリア問題についても、「化学兵器の撤去は着々と進んでおり、この問題を解決するためにミサイルを発射する必要はない」とし、軍事的な解決策は全く想定していないことを明らかにしている。米国の一部には、シリア問題やウクライナ問題に対して、軍事力を行使すべきだという意見も出ているが、真っ向からこれを否定した形だ。

 オバマ政権は、以前の各政権と比べて非常に「内向き」だといわれる。これは他国に干渉したくないというオバマ政権のポリシーなのだが、現在の米国民の意識を反映したものでもある。世論調査でも外交についての関心が異様に低く、圧倒的に経済問題への関心が高いという結果が得られている。

 この点を反映してかオバマ氏はTPPについてはかなり踏み込んだ発言を行ったが、その言い方は、やはり第三者的であった。オバマ氏は日本側が長期的視点に立って決断するよう求めたが、そこには「日本がもし今後も先進国であり続けたいと望むのであれば」という、少々嫌味な前置きが付けられている。

 米国はアジア重視の外交を掲げているが、これは「リバランス戦略」と呼ばれているもので、あくまで中東に肩入れし過ぎた従来の姿勢を修正するという趣旨である。中東の代わりにアジアに対して政治的、軍事的なコミットを強めていくわけではない。日本はこの点をよく理解しておく必要があるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

abeshouhizei
法人減税の急浮上によって、政府内部の財政をめぐる綱引きが激化

  安倍政権が消費税の増税と、これに対応した総額5兆円の経済対策を発表したことで …

iryouhi
資産がある人は医療や介護の自己負担が増加?骨太の方針にマイナンバー制を活用

 政府が今月末の策定を予定している経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の中に、資 …

kazoku
出生率に関する内閣府の研究結果。伝統的価値観は出生率向上にあまり寄与せず?

 内閣府は8月30日、家族の価値観と出生率に関する研究結果を発表した。伝統的な家 …

kagoike
「森友」疑惑に関して国策捜査発動との観測。日本の議会制民主主義にとって正念場

 学校法人「森友学園」に対する国有地払い下げ問題をめぐり、国会で証人喚問を受けた …

no image
チェルノブイリの80倍!福島の甲状腺異常が急増するも、検討委員会は危険はないと主張

 原発被害を受けた福島県内の子供に甲状腺異常が拡大していることが指摘されてきたが …

ryusigun
中国鉄道省元トップに執行猶予付きの死刑判決。事実上の減刑に国民からは批判の声

 中国最大の利権官庁であり汚職の温床ともいわれてきた鉄道省の元トップに対する汚職 …

senkaku
中国が南シナ海で実力行使を宣言。尖閣諸島ではそうしない理由

 中国の国営新華社通信は29日、南シナ海で中国が領有権を主張する海域に入ってきた …

saka
日本郵政の斉藤社長が退任。後任は竹中氏の天敵。郵政民営化見直しはこれで完成形?

 日本郵政は19日午前、臨時取締役会を開き、斎藤次郎社長の退任を決定した。後任に …

uknuclear
英国の原発事業に中国が過半数の出資。日本の原発メーカーの戦略にも影響?

 英国と中国は10月17日、英国に建設する次世代原発の運営企業に中国が過半数の出 …

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …