ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

小保方さん効果?理研をルーツとする「ふえるわかめちゃん」は絶好調

 

 理化学研究所(理研)をその設立母体とし、「ふえるわかめちゃん」や「わかめスープ」で有名な食品会社、理研ビタミンの業績が好調だ。STAP細胞の問題とはもちろん無関係だが、株式市場では「小保方さん」効果を期待する声も上がっているという。

 rikenbitamin 理研ビタミンの2014年3月期の売上高は前年比10%増の約850億円、当期利益は50%増の約36億円だった。ヒット商品の「ノンオイル青じそ」が好調で業績を押し上げた。
 だが同社はこれまで目立たない存在だったこともあり、PER(株価収益率)は14倍、PRB(株価純資産倍率)は0.8倍と、市場の評価はかなり割安。アベノミクス相場で上がり切ってしまった銘柄も多いだけに、一部の市場関係者は隠れた有望株として期待しているという。

 理研ビタミンの業績はともかくとして、理化学研究所を設立母体とする有名な会社が多数存在していることはあまり知られていない。

 理研は1917年(大正6年)に設立された伝統ある研究組織だが、今で言うところの「産学連携」を大規模に実現したという点で非常にユニークな存在である。
 同研究所が抽出に成功したビタミンAは、当時、大変な話題となった。そこで理研はビタミン剤「理研ヴィタミン」を商品化し、ここから得られる利益を次々に新しい研究につぎ込んでいった。
 医薬食品部門は企業として独立することになり、現在の、理研ビタミンの前身となった。またコピー機メーカーのリコーも、同研究所の感光剤研究部門が独立した会社である。また、自動車エンジンの基幹部品のひとつであるピストンリングを開発・製造する理研ピストンリング(現社名はリケン)も理研が母体だ。当時、こうした理研を母体とする研究・企業グループは、理研コンツェルンと呼ばれており、日本の技術の発展に大きく貢献した。

 理研はこうしたグループ企業からの莫大な収益で、研究費が青天井に認められ、研究者にとっては理想郷といわれていた。だが原爆開発に関わったことで米国から解体を命じられ、戦後は現在の組織として再スタートしている。関連企業はすべて独立し、現在の理研にはこれら企業群からの収益は入ってこない。研究資金のほとんどは国民からの税金である。

 今回のSTAP論文問題の背景には、政府からの予算獲得合戦も影響しているといわれる。理研ビタミンのような会社が今も理研のグループ企業として存在していれば、一連の騒動も起きなかったかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

imf201701
IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した …

jinkousinzo
体内埋め込み型の人工心臓が仏で臨床試験開始。実用化できれば画期的

 フランスの医療器具メーカーであるCarmat社は2013年12月20日、体内埋 …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

gasstation02
原油の大幅安でも国内のガソリン価格がそれほど下がらない理由

 原油の大幅安が米国の消費を活気づけている。ガソリン価格の下落によって米国の新車 …

shanhai
中国の高度成長は完全に終了。だが「市場」として有望なのは、むしろこれからだ

 中国国家統計局は4月9日、3月の消費者物価指数を発表した。前年同月比で2.1% …

factory05
米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表 …

piketishasin
日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネッ …

eurokabuka
景気の悪化が続く欧州で、なぜか株価が絶好調。理由は「危機疲れ」?

 債務危機が続いているはずの欧州で株価が好調だ。ここ半年でドイツの株価は25%近 …

intelbaytrail
インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決 …