ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

消費税の便乗値上げはあったのか?4月の東京都区部の消費者物価指数は2.7%上昇

 

 消費増税後、初の物価統計として注目されていた4月における東京都区部の消費者物価指数が発表された。価格変動の大きい生鮮食料品を除いた指数は前年同月比2.7%の上昇となった。

bukkajoushou

 消費者物価指数は消費税の影響を考慮しないので、数値が上昇することはあらかじめ予想されていた。問題は、これが消費税の増税分だけによるものなのか、便乗値上げなどを含む、価格上昇分を含んでいるのかという点である。
 日銀では消費増税が物価に与える影響として、4月については消費者物価指数(前年比)の1.7ポイント上昇を見込んでいる。
 東京都区部における4月の上昇率は2.7%だったのに対して、3月の数値は1.0%であった。つまり4月との差分は1.7ポイントということになる。
 日銀の見込みは全国の物価であり東京都区部のものではないが、上昇率の差分は日銀の予想と一致している。これが正しいとすると、4月の実質的な上昇率は1.0%ということになり、3月の水準と同じになる。

 最近、総務省の消費者物価指数の先行指標として、東大物価指数が注目を集めている。これは東京大学が中心となって作成した指数で、全国の300店舗におけるPOS(販売時点情報管理)システムのデータを用い、日時で物価指数を算出するというものである。

 これによると、4月1日は消費税の影響を除いた物価上昇率が0.8%に、翌日は1.3%にも達し、かなりの範囲で便乗値上げが行われていることが推察された。しかしその後、指数は下落が続き、8日以降ではマイナスになる日も出ている。
 小売店では販売動向を見ながらこまめに価格を変更しているので、増税直後の数字だけでは全体の状況を判断することは難しい。最終的には4月の消費者物価指数が出てこないと分からないが、東京都区部の物価指数が想定の範囲内だったことを考え合わせると、便乗値上げはそれほど行われていないのかもしれない。

 市場では日銀の追加緩和策に対する期待があり、秋には実施に踏み切るとの予想が多い。だが一方では、追加緩和はないとの見方も広がってきており、市場の見方は交錯している。
 消費税の影響を除いた物価上昇率が1.0%だと仮定すると、これについて、底堅く物価は推移していると見るのか、物価上昇が鈍化していると見るのかで、追加緩和に対する見方も変わってくるだろう。市場はさらに難しい対応を迫られそうだ。

 - 経済 ,

  関連記事

setsubitousi
日本企業の内部留保が過去最高。むしろ重要なのは資産の有効活用

 日本企業が内部留保を蓄積している。2013年3月期における日本企業の内部留保は …

pplane
近い将来、タクシー感覚で乗れる航空輸送サービスが登場?値段も新幹線並み

 新幹線程度の料金で好きな時にタクシー感覚で利用できる航空輸送サービスの研究が欧 …

his
旅行大手HISが日本に絶望?タイを拠点に、新航空会社の設立を発表

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は4日、タイに航空子会社を設立し、日中韓 …

newyork
米国失業率が4年ぶりの低水準。米国経済の復活で世界のお金の流れが大逆転?

 米労働省は3月8日、2月の雇用統計を発表した。これによると、非農業部門雇用者数 …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …

imfjapan
IMFの年次報告書で消費税は15%が望ましいと主張している理由

 IMF(国際通貨基金)は8月5日、日本経済に関する2013年度の年次報告書を発 …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

takenaka
竹中氏と三木谷氏が突如反乱?産業競争力会議が安倍政権のアキレス腱に?

 これまで官僚主導で予定調和的に進んできた政府の産業競争力会議の雰囲気が変わって …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …