ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルストムをめぐり、米GE(ゼネラル・エレクトリック)と独シーメンスによる買収合戦が始まった。東芝や三菱重工など日本勢は、海外進出に活路を見出そうとしているが、もしこの再編が実現してしまうと、日本勢にとって、かなり厳しい状況に追い込まれることになる。

alstom

 GEのイメルトCEOは、フランスの重電大手アルストムのエネルギー部門の買収を検討していると明らかにした。ところが、フランス政府がこの買収に難色を示したことで、状況がややこしくなった。
 アルストムとGEの交渉がもたついている間に、独シーメンスが資産交換を用いた相互事業再編案を提案するという異例の事態となっている。

 アルストムは、フランスの重電大手で、TGV(フランスの新幹線)などを製造する鉄道部門と、発電所のタービンなどを製造するエネルギー部門に分かれている。今回GEが買収を提案したのはアルストムのエネルギー部門で、同部門は全体の7割を占めている。もしGEが買収に成功すれば、もともとナンバーワン企業であったGEがさらに圧倒的な立場になる。

 これに待ったをかけたのがフランス政府である。GEに買収されれば国内の雇用が脅かされる可能性があるとして、モントブール生産相が「愛国的に対処する」と発言、フランス政府に対して買収案を説明するためにフランスを訪問する予定だったイメルト氏との会合をキャンセルしてしまった。
 GEへ吸収される方が重複が少ないといわれており、アルストム社ではGEへの吸収を望んでいるといわれるが、フランス政府は、シーメンス案を望んでいるという。

 現時点では、どちらに転ぶか分からないが、日本勢としてはいずれにしても苦しい立場に追い込まれることになる。東芝や三菱重工など重電・重工大手は、国内需要の頭打ちを受けて、海外案件の受注増に活路を見出そうとしている。安倍政権の成長戦略にインフラ輸出が盛り込まれているのは、こうした企業を支援するためでもある。

 だが、これまで国内市場に安住してきた日本勢にとって、グローバル市場での競争はかなり厳しい。GEの売上げは約15兆円、シーメンスの売上げは11兆円ある。アルストムのエネルギー部門の売上げは約2兆円なので、もしGEが買収に成功すると、単純計算で売上げは17兆円になる。
 これに対して三菱重工は約2兆円、東芝は約6兆円(半導体事業を含む)、ITや建機など多業種の部門を多く抱える日立でさえも全体で9兆円の規模しかない。今回の買収が成功してしまうと、重電・重工メーカーとして、グローバル大手に対抗することはかなり難しくなる。

 GEやシーメンスは火力・水力発電や再生エネルギーの分野に強く、原子力分野はリスクが大きいため、あまり積極的に取り組んでいない。結果的に日本勢はニッチな原子力分野に注力する形となっているが、引き受けたリスクの分だけ、高い収益を得られるのかは不透明な状況だ。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

seirousikaigi201412
政労使会議で来春の賃上げを明記。だが他の要請事項は相互に矛盾している

 政府は2014年12月16日、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金に …

bukkajoushou
足元で東大物価指数が急上昇。急激な円安で消費者がとうとう値上げを受け入れ?

 足元で物価が再上昇する兆しが見えてきた。東京大学が中心となって作成した東大物価 …

kokkaigijido02
格付け会社の体質が変わっていないのだとすると、日本国債はそろそろ危ないかもしれない

 安倍首相が消費増税の再延期を表明したことについて、格付け会社は引き下げを実施し …

no image
日本の英語力は世界22番目でラテン諸国と同レベル。モノ作り大国ゲルマンとの差が際立つ

 教育大手EF Education First社が発表している2012年の世界英 …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

trumptrade
トランプ大統領が貿易不均衡是正の大統領令にサイン。ターゲットは日独中

 トランプ大統領は3月31日、貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名した。高い関税 …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

facebookmobile
フェイスブックの3Q決算はまずまず。今後は成長投資の加速で経費は増大

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年10月28日、2014年7~9月期の …

sakane
ドイツに学べというコマツ坂根会長の発言が際立つ。日本はドイツになれるのか?

 政府の産業競争力会議のメンバーであるコマツの坂根正弘会長の発言が最近注目を集め …