ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

新しい増資手段ライツイシューに規制?制度を生かすも殺すも、最後は投資家次第

 

 既存の株主に対して新株購入の権利を割り当てる「ライツイシュー」の審査が厳格化される可能性が高まってきた。赤字企業がこれを乱発するケースが続き、投資家から不満の声が続出。日経新聞の報道によると、東京証券取引所は近く事前審査制度を導入する見通しだという。

tosho05

 ライツイシューは、2009年から導入が進められた制度で、増資をしたい企業は、既存株主に対して新株を購入する権利を無償で提供するというもの。株主は増資に応じるか、権利を市場で売却するのかを選択することができる。
 ライツイシューというと何やら目新しい響きがあるが、何のことはない、昔はごく一般的に行われていた株主割当増資の変形版である。日本では1960年代までは、増資といえば既存の株主から増資を募る株主割当増資が主流だった。
 株主割当増資は、現在主流となっている第三者割当増資と比べて、既存株主の権利が保護されやすいという特徴がある。その会社に以前から投資していた既存株主に、最初に株を引き受ける権利が与えられるという考え方は、株式会社の基本的理念からすれば非常に合理的である。

 ただ、これはあくまで、株式引き受けの優先権があるということに過ぎず、何らかの直接的な利益が得られるわけではない。市場より安い価格でライツイシューを実施し、その後、株価が元に戻れば結果的に株を引き受けた投資家が儲かることはあるだろう。だが、あくまで増資であることに変わりはなく、1株あたりの利益は減少することになる。理論的には、増資分だけ株価は下落することになるので、プラスマイナスはあくまでゼロである。

 この問題は、ライツイシューという目新しい名前によって、一部の投資家が、非常に有利な手段だと誤解している点にある。第三者割当増資すらままならなかった企業が、最後の手段として、知識のない既存株主に対して、あたかも得するかのようなイメージで増資を実施するというやり方である。東証はおそらくこのあたりを問題視しているのだと考えられる。

 だが本来は、こうした馬鹿げた増資については投資家がノーを突きつける、つまり増資が成立しないという形でブレーキをかけるのが本来の株式市場の姿だ。取引所が規制をかければ、一時的にはこうした行為は減るかもしれないが、再び形を変えた増資スキームが登場してくるだろう。

 存続が危ぶまれる会社が、破格の値段で株主割当増資を行うことの意味をよく理解できないという投資家は、やはり株式投資の基本的な知識が不足していると言わざるを得ない。
 結局、どんな制度を導入しても、投資家側が高い意識を持っていなければ、すべては企業側に有利になってしまうのがこの世界の現実なのである。

 - 経済 , ,

  関連記事

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

kokusaishushi201406
上期の経常収支が赤字に。経常赤字を前提にした体制の整備が必要

 財務省は2014年8月8日、2014年上半期の国際収支を発表した。最終的な国の …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

googlewalmart
とうとうウォルマートとグーグルが提携に乗り出す。アマゾンの牙城は崩れるか?

 超巨大スーパーである米ウォルマートとIT業界の巨人であるグーグルが提携する。こ …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

shanhai
日本企業の4社に1社が海外に現地法人を設立。輸出の時代は完全に終わった

 経済産業省は26日、2012年企業活動調査速報を発表した。この中で、日本の製造 …

nyse03
ダウがとうとう1万7000ドルの大台を突破。今後は利上げをにらんだ駆け引きに

 ダウ平均株価が2014年7月3日、とうとう1万7000ドルの大台を突破した。同 …

factory01
製造業の就業者が減少との調査結果。だが減っているのは製造業だけではない

 総務省は2月1日、2012年12月分の労働力調査の結果を発表した。それによると …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …