ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国がフィリピンと新軍事協定。本格的な米軍駐留が再開されるが・・・

 

 米国政府とフィリピン政府は2014年4月28日、米軍のフィリピン展開を強化するための軍事協定に署名したと発表した。オバマ大統領のフィリピン訪問に合わせたもので、南シナ海での行動を活発化させる中国を牽制する狙いがある。
 ただ、フィリピンにおける米軍の位置付けについては、恒久的なものではない可能性が高い。この協定によって、中国包囲網が形成されたと解釈するのは早計である。

 obamaaquino201404 新しい軍事協定の有効期限は10年間。この間、米軍はフィリピン軍の基地を使用することが可能となる。特に米国が着目しているのは、ルソン島のスービック地区やクラーク地区。実は両地区には、以前巨大な米軍基地が存在しており、米軍のアジア展開の拠点だったからである。

 両基地は、ベトナム戦争時代には米軍の出撃拠点だったが、冷戦終結を経て役割が低下。さらにフィリピン国内で反米思想が高まってきたことから、1992年までに米国は両基地から撤退している。

 一方で、経済的にはアジアの重要性が高まっていたこともあり、両基地は、米国の運輸会社であるフェデックスやUPSがアジアのハブとして利用してきた。だが米国と中国の経済的な結び付きが強まるにつれ、両社はハブを中国に次々とシフト。このため空きができた両基地の施設を今度は米軍が再び利用する可能性が出てきた。

 だが米国がどこまで本気なのかは定かではない。オバマ大統領はかつての米軍基地を再建したり、新しい基地を建設する計画はないと述べており、あくまでフィリピン軍の既存施設を米軍が使用するにとどまる可能性が高い。
 また、正式に協定を結んだのは今だが、米国とフィリピンが、軍事施設の利用について大筋合意したのは2年前であり、最近の中国軍の動きを直接的に反映したものではない。
 オバマ政権はアジア重視の外交を標榜しているが、これは中東に偏り過ぎた外交姿勢のバランスを整えるという意味であり、アジアの安全保障問題に積極的にコミットするという意味には解釈されていない。今の米国は、以前とは異なり、世界の諸問題についてリーダーシップを発揮するという意向はまったく持ち合わせていないのだ。

 中東問題やウクライナ問題などでも同様だが、オバマ政権は地域問題に対して非常にドライで冷淡である。フィリピンへの米軍駐留再開も、以前のような恒久的軍事力の展開ではなく、中国との経済交渉を有利に進めるための手段とみるべきだろう。

 反米意識の高まりから、以前は米軍を追い出したフィリピンだが、現在は中国の直接的な脅威にさらされており、米軍復帰についてはとりあえず歓迎ムードだ。日本にとっても、中国への牽制という意味ではプラスと考えてよいだろう。
 だが米国のホンネは、中国と敵対することではなく、交渉を有利に進めることにある。米軍の活動に対する過度な期待はやはり禁物である。

 - 政治 , ,

  関連記事

no image
中国が今度は台湾野党の取り込み工作を本格化。日本はさらに厳しい状況に

 中国が台湾の取り込みに猛攻勢をかけている。これまで独立派として交流を行っていな …

darairama
オバマ大統領がこのタイミングでダライ・ラマ14世と会談した理由

 オバマ大統領は2014年2月21日、訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ …

kitasuibaku
北朝鮮が4度目の核実験を実施と発表。原爆ではなく水爆というのは本当か?

 北朝鮮は2016年1月6日、水爆実験に成功したと発表した。北朝鮮が核実験を行う …

kokkaigijido02
憲法改正の手続きを定めた国民投票法が審議入り。各党の思惑が絡んで議論は複雑

 憲法改正のための具体的な手続きを定めた国民投票法(日本国憲法の改正手続に関する …

greekyogur
EUなんて幻想?ギリシャの有力企業が相次いで本社を国外に移転し、空洞化が加速

 経済危機が続くギリシャで有力企業の本社を国外に移す動きが出てきている。10月に …

sinjuku
実質賃金は下がっているのに、社会的満足度が過去最高の理由

 内閣府は2017年4月3日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。現在 …

no image
実は橋下氏ただ1人が孤立していた?第3極の大同団結をめぐるゴタゴタ

 太陽の党を率いる石原慎太郎氏と日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は16日午前、衆 …

nichushuhoukaidan201411
日中首脳会談が2年半ぶりに実現。今後の焦点は米中交渉の行方に

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と会談した。日中首脳会談 …

hagejapan201401
ヘーゲル国防長官が来日。日米連携強化を演出したい日本側に配慮

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月5日から2日間の日程で日本を訪問し、安倍 …

chinasinkubo
中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2 …