ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国がフィリピンと新軍事協定。本格的な米軍駐留が再開されるが・・・

 

 米国政府とフィリピン政府は2014年4月28日、米軍のフィリピン展開を強化するための軍事協定に署名したと発表した。オバマ大統領のフィリピン訪問に合わせたもので、南シナ海での行動を活発化させる中国を牽制する狙いがある。
 ただ、フィリピンにおける米軍の位置付けについては、恒久的なものではない可能性が高い。この協定によって、中国包囲網が形成されたと解釈するのは早計である。

 obamaaquino201404 新しい軍事協定の有効期限は10年間。この間、米軍はフィリピン軍の基地を使用することが可能となる。特に米国が着目しているのは、ルソン島のスービック地区やクラーク地区。実は両地区には、以前巨大な米軍基地が存在しており、米軍のアジア展開の拠点だったからである。

 両基地は、ベトナム戦争時代には米軍の出撃拠点だったが、冷戦終結を経て役割が低下。さらにフィリピン国内で反米思想が高まってきたことから、1992年までに米国は両基地から撤退している。

 一方で、経済的にはアジアの重要性が高まっていたこともあり、両基地は、米国の運輸会社であるフェデックスやUPSがアジアのハブとして利用してきた。だが米国と中国の経済的な結び付きが強まるにつれ、両社はハブを中国に次々とシフト。このため空きができた両基地の施設を今度は米軍が再び利用する可能性が出てきた。

 だが米国がどこまで本気なのかは定かではない。オバマ大統領はかつての米軍基地を再建したり、新しい基地を建設する計画はないと述べており、あくまでフィリピン軍の既存施設を米軍が使用するにとどまる可能性が高い。
 また、正式に協定を結んだのは今だが、米国とフィリピンが、軍事施設の利用について大筋合意したのは2年前であり、最近の中国軍の動きを直接的に反映したものではない。
 オバマ政権はアジア重視の外交を標榜しているが、これは中東に偏り過ぎた外交姿勢のバランスを整えるという意味であり、アジアの安全保障問題に積極的にコミットするという意味には解釈されていない。今の米国は、以前とは異なり、世界の諸問題についてリーダーシップを発揮するという意向はまったく持ち合わせていないのだ。

 中東問題やウクライナ問題などでも同様だが、オバマ政権は地域問題に対して非常にドライで冷淡である。フィリピンへの米軍駐留再開も、以前のような恒久的軍事力の展開ではなく、中国との経済交渉を有利に進めるための手段とみるべきだろう。

 反米意識の高まりから、以前は米軍を追い出したフィリピンだが、現在は中国の直接的な脅威にさらされており、米軍復帰についてはとりあえず歓迎ムードだ。日本にとっても、中国への牽制という意味ではプラスと考えてよいだろう。
 だが米国のホンネは、中国と敵対することではなく、交渉を有利に進めることにある。米軍の活動に対する過度な期待はやはり禁物である。

 - 政治 , ,

  関連記事

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

kizuna
どこか胡散臭い言葉「絆」や「安心」に込められた本当の意味

 3.11の震災以降、世の中のあちこちで多用されている「絆」というキーワード。震 …

cameron
英キャメロン首相がEU脱退の国民投票実施を宣言。駆け引きにしては危険すぎるとの声も

 英国のキャメロン首相は23日、ロンドンで講演し、英国の欧州連合(EU)離脱を問 …

shuraisukaidan
習近平国家主席と米ライス補佐官が会談。オバマ大統領訪中の準備が進む

 中国の習近平国家主席と米国のライス大統領補佐官は2014年9月9日、北京で会談 …

no image
ドイツはマネロン大国?質実剛健なイメージが崩れ、欧州問題でも発言力低下か?

 欧州債務問題では、ギリシャやスペインに厳しい条件を突きつけ、断固たる姿勢を崩さ …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …

shairo
北朝鮮が間もなく核実験?米第7艦隊の艦船が続々出航、中国を交えた神経戦を展開

 核実験の実施をほのめかしている北朝鮮の準備がほぼ最終段階に入った。韓国の聯合ニ …

aribabakinyu
シャドーバンキングといっても幅が広い。アリババや百度でも扱っている。

 中国では、いわゆる影の銀行(シャドーバンキング)による過剰融資が大きな問題とな …

ohshima
内閣府が災害対策のガイドライン見直しへ。日本で想定外のことばかり起きる理由とは?

 内閣府は、避難勧告や避難準備情報などを出す場合に自治体が参考にするガイドライン …

hayashi
待機児童ゼロを実現した横浜方式は「方法論」ではなく「決断」。

 横浜市が「保育所に入れない待機児童をゼロにする」目標を達成したことで、「横浜方 …