ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

現代版バベルの塔「スカイツリー」で電波障害が多発。東京はもはやソドムと化した?

 

 東京スカイツリーで大量の電波障害が発生している。毎日新聞が報じたところによると、放送事業者が試験電波によるサンプル調 査を実施したところ、1900世帯のうち、約200世帯で電波障害が発生、その後実施した追加調査でも2700世帯のうち約300世帯で障害が認められた。
 これは世帯数の約1割で電波障害が発生していることになり、尋常な数字ではない。放送事業者は、受信対策などで今後、最大100億円を負担する見通しだという。

 東京スカイツリーに電波障害が発生した問題は、国がすさまじい勢いで劣化している現在の日本を象徴する出来事といってよいだろう。

 そもそもスカイツリーは地上波デジタルへの移行をきっかけとして、高層ビルが増加し電波障害の増加が懸念されることから立案されたプロジェクトである。
 だがプロジェクト立案当時から、インターネットが普及している状況を考えると、巨大なTV塔をあらたに建設するというのは時代に逆行しているという意見はかなりあった。実際、米国などの先進国ではどんどんTV塔はなくなってきている。
 だが、日本では地上波TV局そのものが、時代に逆行する保護産業であり、そのような声は無視されプロジェクトは実行された。

 ところが作ってみれば電波障害が大量発生している。これでは現在使用している東京タワーの方が100倍マシではないか?

 これはちょっとした科学的素養があれば分かることなのだが、地上波デジタルの周波数は、地上波アナログ放送の多くが使用しているVHF帯よりも周波数が高く(アナログのUHF帯と同じ帯域)、ビルなどの影響を受けやすい。しかもデジタルの場合には、電波状況が悪いとまったく映らなくなってしまう。
 都心におけるビルの建設状況を考えれば、500メートルの鉄塔を作ったところで、電波障害が大量に発生する可能性が高いことは、事前に予測できたはずである(おそらく当事者は想定外と言うのだろうが・・・)。
 どう考えても、現行の東京タワーを継続して使用し、地上波デジタルへの移行で電波障害が発生したところだけ、難視聴対策をする方が安上がりだ。

 もはや化石となった感のあるマスコミ業界の人たちだが、彼らは巨大な鉄塔を建てて、電波を独占的に使用するという昭和30年代の思考回路からまだ抜け出せていないようである。
 その証拠に、スカイツリーがオープンした時のマスコミの騒ぎようは尋常ではなかった。高い鉄塔を見上げて「日本の技術はすばらしい」を連呼しているその姿は、発展途上国そのものである。イマドキ東南アジアはおろか、アフリカの途上国の人でさえ、高い鉄塔ができたといって喜びなどしない。

 東京タワーには今でもアジアの観光客が毎日押し寄せているが、アジアにはもっと高いタワーなどゴマンとある。彼らはハイテクを見に来ているのではなく、パリのエッフェル塔を見に来る感覚なのだ。アジアの観光客の方がよっぽど時代を理解している。

 電波障害の発生が事前に予見できるにもかかわらず「想定外」を平気で口にし、無用の長物を作って悦に入っている。スカイツリーがバベルの塔にしか見えないのは本誌だけではあるまい。しかもバベルの塔の眼下にはソドムの町が広がっているようだ。

 - マスコミ, 社会

  関連記事

3sha02
Amazon、Google、スタバが各国政府と税を巡るバトル。3社が連戦戦勝のワケとは?

 グローバルに展開する米国企業と各国政府のバトルが激しさを増している。  フラン …

jinkousinzo
体内埋め込み型の人工心臓が仏で臨床試験開始。実用化できれば画期的

 フランスの医療器具メーカーであるCarmat社は2013年12月20日、体内埋 …

houdoujiyuu
世界の報道自由度ランキング。日本は53位と韓国やハイチ並み。

 パリを本拠とする国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」は1月30日、世界各国 …

no image
フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地 …

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …

kouyakun
高野山が資産運用に失敗し7億の損失。どのような運用だったのかを探ってみると

 空海(弘法大師)が開山し約1200年の伝統を持つ高野山が資産運用に失敗し、約6 …

rirekisho
韓国で学生の「出自」を問う履歴書が問題視。日本と同様の社会構造が浮き彫りに

 就職活動の履歴書に、両親の学歴、財産、本籍などを記載させるという、人権を無視す …

koumuinshukusha
公務員宿舎の賃料アップは当初予定の2倍から1.5倍に後退。その理由は?

 財務省は、民間より割安だと批判されている国家公務員宿舎の家賃について、全体の値 …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …