ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

現代版バベルの塔「スカイツリー」で電波障害が多発。東京はもはやソドムと化した?

 

 東京スカイツリーで大量の電波障害が発生している。毎日新聞が報じたところによると、放送事業者が試験電波によるサンプル調 査を実施したところ、1900世帯のうち、約200世帯で電波障害が発生、その後実施した追加調査でも2700世帯のうち約300世帯で障害が認められた。
 これは世帯数の約1割で電波障害が発生していることになり、尋常な数字ではない。放送事業者は、受信対策などで今後、最大100億円を負担する見通しだという。

 東京スカイツリーに電波障害が発生した問題は、国がすさまじい勢いで劣化している現在の日本を象徴する出来事といってよいだろう。

 そもそもスカイツリーは地上波デジタルへの移行をきっかけとして、高層ビルが増加し電波障害の増加が懸念されることから立案されたプロジェクトである。
 だがプロジェクト立案当時から、インターネットが普及している状況を考えると、巨大なTV塔をあらたに建設するというのは時代に逆行しているという意見はかなりあった。実際、米国などの先進国ではどんどんTV塔はなくなってきている。
 だが、日本では地上波TV局そのものが、時代に逆行する保護産業であり、そのような声は無視されプロジェクトは実行された。

 ところが作ってみれば電波障害が大量発生している。これでは現在使用している東京タワーの方が100倍マシではないか?

 これはちょっとした科学的素養があれば分かることなのだが、地上波デジタルの周波数は、地上波アナログ放送の多くが使用しているVHF帯よりも周波数が高く(アナログのUHF帯と同じ帯域)、ビルなどの影響を受けやすい。しかもデジタルの場合には、電波状況が悪いとまったく映らなくなってしまう。
 都心におけるビルの建設状況を考えれば、500メートルの鉄塔を作ったところで、電波障害が大量に発生する可能性が高いことは、事前に予測できたはずである(おそらく当事者は想定外と言うのだろうが・・・)。
 どう考えても、現行の東京タワーを継続して使用し、地上波デジタルへの移行で電波障害が発生したところだけ、難視聴対策をする方が安上がりだ。

 もはや化石となった感のあるマスコミ業界の人たちだが、彼らは巨大な鉄塔を建てて、電波を独占的に使用するという昭和30年代の思考回路からまだ抜け出せていないようである。
 その証拠に、スカイツリーがオープンした時のマスコミの騒ぎようは尋常ではなかった。高い鉄塔を見上げて「日本の技術はすばらしい」を連呼しているその姿は、発展途上国そのものである。イマドキ東南アジアはおろか、アフリカの途上国の人でさえ、高い鉄塔ができたといって喜びなどしない。

 東京タワーには今でもアジアの観光客が毎日押し寄せているが、アジアにはもっと高いタワーなどゴマンとある。彼らはハイテクを見に来ているのではなく、パリのエッフェル塔を見に来る感覚なのだ。アジアの観光客の方がよっぽど時代を理解している。

 電波障害の発生が事前に予見できるにもかかわらず「想定外」を平気で口にし、無用の長物を作って悦に入っている。スカイツリーがバベルの塔にしか見えないのは本誌だけではあるまい。しかもバベルの塔の眼下にはソドムの町が広がっているようだ。

 - マスコミ, 社会

  関連記事

seiryokuzu
ハフィントン上陸から1カ月。日本のWebジャーナリズムの勢力図はこうなっている!

 ハフィントンポスト日本版が鳴り物入りでスタートしてから1カ月強が経過した。思い …

monka
文部科学省が土曜授業復活を検討。だが現場の教師は嫌がっている?

下村文部科学相は15日、閣議後の記者会見で、公立学校の土曜授業の復活(学校週6日 …

mujinki02
Amazon.comの商品レビュー欄を使った無人機への批判が話題に

 米国でAmazon.comのレビュー機能を使った無人機(ドローン)攻撃に対する …

tacloban
フィリピンのアキノ大統領が、被災した現地自治体を批判した政治的背景

 台風30号で壊滅的な被害を受けたフィリピン・レイテ島の復興をめぐって、あらたな …

francisco1
秘密厳守なのになぜか漏れてくる新ローマ法王「フランシスコ1世」の得票数

 秘密厳守が徹底され、情報を外部に漏らしたら即破門といわれるローマ法王の選出会議 …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

no image
サラリーマンの閨閥が日本企業をダメにする

 よく知られていることだが、経営危機に陥っているシャープの前会長の町田氏は、同社 …

sonoayako
保守思想界の大物である曽野綾子氏の発言に、日本社会はどう反応するのか?

 作家の曽野綾子氏による「出産した女性は会社を辞めろ」という趣旨の論文が物議を醸 …

jfk
ケネディ元大統領の暗殺から50年。米国は人種問題を本当に克服したか?

 ケネディ元大統領が暗殺されてから11月22日で50年となる。米国ではオバマ大統 …

rio
変わるカトリック教会。ブラジルではプロテスタントに対抗して現代マーケティング手法を導入

 カトリック教会のフランシスコ新法王が就任して4カ月が経過した。性的虐待問題やマ …