ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去した。前立腺がんで80歳だった。
 渡辺氏といえば、失楽園があまりにも有名であることから、男女の愛を描く作家というイメージが強い。失楽園は1995年から日経新聞に連載された小説なのだが、早朝の電車でビジネスマンが愛読する新聞の紙面に、性愛描写が毎日のように掲載されるという「異例」の事態に、当時は大変な話題となった。ある政治家の不倫事件は「政界失楽園」と揶揄された。

watanabejunichi

 だが、渡辺氏の作家としての実績は、和田心臓移植事件を告発した作品を抜きに語ることはできないだろう。和田心臓移植事件とは、1968年に札幌医科大学において行われた日本初の心臓移植手術に関する事件である。
 医療チームのリーダーだった和田寿郎教授は日本で初めての心臓移植手術を行ったが、ドナーの脳死判定などで不審な点があるとして、和田氏は殺人罪で告発される事態となった。結局、証拠不十分で和田氏は不起訴処分となったが、疑惑は解明されずじまいであった。

 渡辺氏は当時、札幌医科大学の講師であり、和田移植事件を取り上げた小説を発表したことをきっかけに大学を去ることになってしまう。この事件は、渡辺氏が作家として本格的に活動するきっかけとなっている。
 和田移植事件はその後も尾を引き、日本では心臓移植が行えない状態が長く続いた。これによって、日本の移植医療は諸外国に40年遅れ取ったともいわれている。渡辺氏はその後もたびたび医療をテーマにした作品を手がけている。

 渡辺氏はこのほか、「鈍感力」に代表されるような時代をうまくとらえたエッセーなども得意としている。カバーする範囲の広い多才な作家であった。

 - 社会, 芸能 , ,

  関連記事

kaimono
これは悪いインフレの兆候?4月の消費者物価指数は庶民にとってトホホな内容

 総務省は5月31日、4月の全国消費者物価指数を発表した。生鮮食料品を除く総合指 …

tusnami
避難場所の3割に津波。自分の身は自分で守るという意識こそが地域の安全を高める

 内閣府が東日本大震災の被災者に対して行ったアンケート調査で、自治体が指定する避 …

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …

makuron
仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極 …

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

bankmuscut
世界中のATMから46億円を不正に引き出す事件が発生。プリペイド・デビットという盲点

 国際的なサイバー犯罪組織が27カ国のATMから約46億円を不正に引き出すという …

powerball
賞金470億円!夢の米国宝くじ。それに比べて日本の宝くじのお粗末さときたら・・・

 1等賞金が史上最高額となり全米の注目を集めていた宝くじ「パワーボール」の抽選が …

iryohi
政府内部で医療費削減の動きが活発化。財政出動が強化されれば、医療費にシワ寄せが?

 政府内部で医療費の歳出削減に向けた動きが活発化している。社会保障費は最大の支出 …

fukusima
原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …