ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去した。前立腺がんで80歳だった。
 渡辺氏といえば、失楽園があまりにも有名であることから、男女の愛を描く作家というイメージが強い。失楽園は1995年から日経新聞に連載された小説なのだが、早朝の電車でビジネスマンが愛読する新聞の紙面に、性愛描写が毎日のように掲載されるという「異例」の事態に、当時は大変な話題となった。ある政治家の不倫事件は「政界失楽園」と揶揄された。

watanabejunichi

 だが、渡辺氏の作家としての実績は、和田心臓移植事件を告発した作品を抜きに語ることはできないだろう。和田心臓移植事件とは、1968年に札幌医科大学において行われた日本初の心臓移植手術に関する事件である。
 医療チームのリーダーだった和田寿郎教授は日本で初めての心臓移植手術を行ったが、ドナーの脳死判定などで不審な点があるとして、和田氏は殺人罪で告発される事態となった。結局、証拠不十分で和田氏は不起訴処分となったが、疑惑は解明されずじまいであった。

 渡辺氏は当時、札幌医科大学の講師であり、和田移植事件を取り上げた小説を発表したことをきっかけに大学を去ることになってしまう。この事件は、渡辺氏が作家として本格的に活動するきっかけとなっている。
 和田移植事件はその後も尾を引き、日本では心臓移植が行えない状態が長く続いた。これによって、日本の移植医療は諸外国に40年遅れ取ったともいわれている。渡辺氏はその後もたびたび医療をテーマにした作品を手がけている。

 渡辺氏はこのほか、「鈍感力」に代表されるような時代をうまくとらえたエッセーなども得意としている。カバーする範囲の広い多才な作家であった。

 - 社会, 芸能 , ,

  関連記事

kankokugenpatu
韓国での原発トラブルが止まらない!本当にヤバイのでは?との声も

 韓国で原発のトラブルが相次いでいるが、このところその傾向に拍車がかかっている。 …

kokkaigijido
民意の反映に関するアンケート結果が示す、高齢者と若年層の分断

 内閣府が行った社会意識に関する調査で、国の政策に民意が反映されていると考えてい …

eigokyoiku
バイリンガル国家マレーシアにおける最大の課題は何と英語力不足

 バイリンガル国家として知られるマレーシアにおいて、理数系科目の授業を英語で行う …

momoko
SWOT分析で離婚も決断?菊池桃子が大学教授として活躍中

 元アイドル歌手でタレントの菊池桃子が大学の先生として活躍中だ(写真は本人のブロ …

no image
マッカートニーとオノヨーコが完全和解。今後のビートルズ事業が狙いか?

 ビートルズの元メンバーであるポール・マッカートニー氏がTVのインタビューで「ビ …

hotelinside
千野アナの事故報道を巡って様々な憶測が飛び交う。原因はマスコミの報道姿勢にあり

 元フジテレビの千野志麻アナウンサーが正月休暇中に起こした死亡事故について、報道 …

mox
プルサーマル計画の意義が薄れる中、震災後初となるMOX燃料が高浜原発に到着。

 関西電力高浜原発3号機で使用するMOX燃料(ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料 …

no image
ここまでくるともう病気。解散発表当日にオバマ大統領にTPP参加方針は変わらずと電話

  野田首相は国会の党首討論会で解散を表明した14日夜、オバマ米大統領と約10分 …

ieiri
電話番号など個人情報をネットで晒す行為は、本当にバカで非常識なのか?

 自分の電話番号をツイッターに公開するという行為がネット上で話題となっている。き …

gun
3Dプリンタの普及で銃の自宅製造が可能に?日本で懸念されるヒステリックな過剰規制

 3次元データをもとに、立体的なオブジェクトを手軽に作ることができる3Dプリンタ …