ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去した。前立腺がんで80歳だった。
 渡辺氏といえば、失楽園があまりにも有名であることから、男女の愛を描く作家というイメージが強い。失楽園は1995年から日経新聞に連載された小説なのだが、早朝の電車でビジネスマンが愛読する新聞の紙面に、性愛描写が毎日のように掲載されるという「異例」の事態に、当時は大変な話題となった。ある政治家の不倫事件は「政界失楽園」と揶揄された。

watanabejunichi

 だが、渡辺氏の作家としての実績は、和田心臓移植事件を告発した作品を抜きに語ることはできないだろう。和田心臓移植事件とは、1968年に札幌医科大学において行われた日本初の心臓移植手術に関する事件である。
 医療チームのリーダーだった和田寿郎教授は日本で初めての心臓移植手術を行ったが、ドナーの脳死判定などで不審な点があるとして、和田氏は殺人罪で告発される事態となった。結局、証拠不十分で和田氏は不起訴処分となったが、疑惑は解明されずじまいであった。

 渡辺氏は当時、札幌医科大学の講師であり、和田移植事件を取り上げた小説を発表したことをきっかけに大学を去ることになってしまう。この事件は、渡辺氏が作家として本格的に活動するきっかけとなっている。
 和田移植事件はその後も尾を引き、日本では心臓移植が行えない状態が長く続いた。これによって、日本の移植医療は諸外国に40年遅れ取ったともいわれている。渡辺氏はその後もたびたび医療をテーマにした作品を手がけている。

 渡辺氏はこのほか、「鈍感力」に代表されるような時代をうまくとらえたエッセーなども得意としている。カバーする範囲の広い多才な作家であった。

 - 社会, 芸能 , ,

  関連記事

hotelinside
千野アナの事故報道を巡って様々な憶測が飛び交う。原因はマスコミの報道姿勢にあり

 元フジテレビの千野志麻アナウンサーが正月休暇中に起こした死亡事故について、報道 …

goriaya
剛力彩芽が武井咲のバーターという話は、実はまったく逆だった!

 オスカーイチ押し?のタレント剛力彩芽の勢いが止まらない。  ビデオリサーチ社が …

hasimoto2
橋下氏が公務員批判のボルテージをアップ。そろそろ基本的な論点整理が必要なのでは?

 日本維新の会共同代表で大阪市長の橋下徹氏が公務員批判のボルテージを上げている。 …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …

kankokugenpatu
韓国での原発トラブルが止まらない!本当にヤバイのでは?との声も

 韓国で原発のトラブルが相次いでいるが、このところその傾向に拍車がかかっている。 …

doseikon
仏で大規模な同性婚反対デモが発生。その活動は世代間闘争の様相を呈してきている

 フランスの上院は4月12日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。2月には下 …

hakenmura
緊急経済対策に盛り込まれたのはわずか1件。非正規雇用問題は完全に忘れ去られた

 11日に正式決定された緊急経済対策には、大規模な公共事業や成長戦略など、目を引 …

no image
蒼井優が突然髪型チェンジ。かつての恋人と同じCMに超ショートで出演

 女優の蒼井優がライトオンの新CMにおいて、芸能界デビュー後初めてとなるショート …

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …