ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去した。前立腺がんで80歳だった。
 渡辺氏といえば、失楽園があまりにも有名であることから、男女の愛を描く作家というイメージが強い。失楽園は1995年から日経新聞に連載された小説なのだが、早朝の電車でビジネスマンが愛読する新聞の紙面に、性愛描写が毎日のように掲載されるという「異例」の事態に、当時は大変な話題となった。ある政治家の不倫事件は「政界失楽園」と揶揄された。

watanabejunichi

 だが、渡辺氏の作家としての実績は、和田心臓移植事件を告発した作品を抜きに語ることはできないだろう。和田心臓移植事件とは、1968年に札幌医科大学において行われた日本初の心臓移植手術に関する事件である。
 医療チームのリーダーだった和田寿郎教授は日本で初めての心臓移植手術を行ったが、ドナーの脳死判定などで不審な点があるとして、和田氏は殺人罪で告発される事態となった。結局、証拠不十分で和田氏は不起訴処分となったが、疑惑は解明されずじまいであった。

 渡辺氏は当時、札幌医科大学の講師であり、和田移植事件を取り上げた小説を発表したことをきっかけに大学を去ることになってしまう。この事件は、渡辺氏が作家として本格的に活動するきっかけとなっている。
 和田移植事件はその後も尾を引き、日本では心臓移植が行えない状態が長く続いた。これによって、日本の移植医療は諸外国に40年遅れ取ったともいわれている。渡辺氏はその後もたびたび医療をテーマにした作品を手がけている。

 渡辺氏はこのほか、「鈍感力」に代表されるような時代をうまくとらえたエッセーなども得意としている。カバーする範囲の広い多才な作家であった。

 - 社会, 芸能 , ,

  関連記事

alipay
中国のメジャー決済サービスが来年上陸。日本人向けにサービスを展開

 中国のネット通販大手「アリババ」が、決済サービス「アリペイ」を日本国内で展開す …

sinkaihou
中国当局による記者拘束にメディアが抗議。党中央が容認した出来レースとの見方も

 中国・広東省の日刊紙「新快報」の記者が公安当局の拘束されたことに抗議し、同紙は …

no image
日本人がノーベル医学生理学賞を受賞。日本の研究開発予算が貧弱という話は本当か?

 山中伸弥・京都大教授(50)がノーベル医学生理学賞を受賞した。人工多能性幹細胞 …

eigyou
営業は「キャラ」が重要なので、AIが普及しても消滅しないというアンケート結果は本当か?

 AI時代になると多くの仕事が消滅するというのは、すでに社会の共通認識となりつつ …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …

ianfunozo
NY州議会で慰安婦問題が決議。米国政界に広がる危険な兆候

 米国ニューヨーク州議会上院は29日、従軍慰安婦問題について「人道に対する罪」と …

bitcoin
ビットコインの分裂騒動は、真の金融インフラになれるのかの試金石

 仮想通貨ビットコインが8月1日に分裂するのではないかという騒動が発生している。 …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

goriaya
剛力彩芽が武井咲のバーターという話は、実はまったく逆だった!

 オスカーイチ押し?のタレント剛力彩芽の勢いが止まらない。  ビデオリサーチ社が …