ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が合法である米国では、以前から家庭用ワイン製造キットは存在していた。だが、最近の製品は、ITと密接に融合しており、パソコン制御によって高級ワインに近い味を出すことに成功しているという。

winepod

 WinePodは、こうした自家製ワイン製造マシンのひとつである。価格は4499ドル。
 ブドウを入れ、酵母を加えるだけであとはパソコンが温度管理や糖度管理などを自動的に行い、最適な発酵を維持するという。発酵後はオークの樽に入れて寝かせれば、自家製ワインの完成となる。

 米国のカリフォルニアは、現在では世界屈指のワイン生産地となっている。フランス・ワインが絶対といわれていた時代に、カリフォルニア・ワインが大成功した理由のひとつが、その立地である。
 カリフォルニア・ワインの拠点であるナパの近くにはシリコンバレーがあり、億万長者とITエンジニアがたくさんいる。
 米国のワイン醸造家は、IT技術者を徹底的に活用し、科学的にワインの味や醸造過程を研究。職人の勘だけに頼らない合理的な製法を確立することに成功したのである。またITで財を成した億万長者がワイナリーを買収し、惜しげも資金を投入したことから、品質が一気に向上した。
 現在では、カリフォルニア・ワインの高級品は、ボルドーやブルゴーニュといたフランスの高級ワインとまったくひけを取らないレベルとなっているが、それどころか、フランスの醸造家が、米国の科学的方式を逆輸入し、自国のワイン生産に取り入れるようになっている。
 こうしたことから、全世界的にワインの味が劇的に向上するという事態が進行中であり、ワイン業界はちょっとした革命になっているのだ。

 米国の高級ワインとシリコンバレーは切っても切れない関係にあるのだが、このワイン醸造マシンは、その究極的な姿といってよいだろう。この製品を作る会社も、ワイン醸造家とシリコンバレーのIT技術者がタッグを組んでいる。

 現在、米国を中心にロボット化の動きが活発になっている。このようなワイン醸造マシンもロボット化の一種と考えてよいだろう。これまで何百年もの伝統と、門外不出のノウハウに支えられてきた高級ワイン製造が、ロボット化によって、誰でも手にも届くものになりつつある。

 ワインの好事家からは、美しいワインの時代は終わったとの声も聞こえてくる。ロボット化が進む時代は果たして幸せなのかどうかは、何ともいえない。
 ちなみに日本では、家庭で1%以上のアルコール飲料を醸造することは酒税法違反になるので、注意が必要だ。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

sony
ソニーが業績見通しを大幅上方修正。だが実態は不動産の売却益

 ソニーは4月25日、2012年度(2012年4月~2013年3月)の業績見通し …

marines
日本の軍事費は世界第5位に。だが自衛隊の「質」はどの程度なのか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は4月15日、世界の軍 …

anansi
これぞ知識産業!草野球ツアーで観光客を誘致する阿南市の画期的な取り組み

 多くの自治体が観光客の招致を目指して各種振興策を立案しているが、お役所のセンス …

appletv002
アップルが全米最大のケーブルTVと提携?各社がネットの帯域を奪い合う

 米アップルがストリーミングを使ったテレビのサービスについて、米国最大のケーブル …

kobayshiseiyaku
ドラッグストア業界の圧力?小林製薬が薬のネット販売を中止

 小林製薬は1月から大衆薬のインターネット販売を中止する。ネット販売を中止するの …

uschinadialog
米中戦略対話がワシントンでスタート。表向きはサイバーセキュリティが話題だが・・・

 第5回米中戦略経済対話が7月10日から米国の首都ワシントンで始まった。中国側か …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …

factory
日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることか …

googlecar02
グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事 …