ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が合法である米国では、以前から家庭用ワイン製造キットは存在していた。だが、最近の製品は、ITと密接に融合しており、パソコン制御によって高級ワインに近い味を出すことに成功しているという。

winepod

 WinePodは、こうした自家製ワイン製造マシンのひとつである。価格は4499ドル。
 ブドウを入れ、酵母を加えるだけであとはパソコンが温度管理や糖度管理などを自動的に行い、最適な発酵を維持するという。発酵後はオークの樽に入れて寝かせれば、自家製ワインの完成となる。

 米国のカリフォルニアは、現在では世界屈指のワイン生産地となっている。フランス・ワインが絶対といわれていた時代に、カリフォルニア・ワインが大成功した理由のひとつが、その立地である。
 カリフォルニア・ワインの拠点であるナパの近くにはシリコンバレーがあり、億万長者とITエンジニアがたくさんいる。
 米国のワイン醸造家は、IT技術者を徹底的に活用し、科学的にワインの味や醸造過程を研究。職人の勘だけに頼らない合理的な製法を確立することに成功したのである。またITで財を成した億万長者がワイナリーを買収し、惜しげも資金を投入したことから、品質が一気に向上した。
 現在では、カリフォルニア・ワインの高級品は、ボルドーやブルゴーニュといたフランスの高級ワインとまったくひけを取らないレベルとなっているが、それどころか、フランスの醸造家が、米国の科学的方式を逆輸入し、自国のワイン生産に取り入れるようになっている。
 こうしたことから、全世界的にワインの味が劇的に向上するという事態が進行中であり、ワイン業界はちょっとした革命になっているのだ。

 米国の高級ワインとシリコンバレーは切っても切れない関係にあるのだが、このワイン醸造マシンは、その究極的な姿といってよいだろう。この製品を作る会社も、ワイン醸造家とシリコンバレーのIT技術者がタッグを組んでいる。

 現在、米国を中心にロボット化の動きが活発になっている。このようなワイン醸造マシンもロボット化の一種と考えてよいだろう。これまで何百年もの伝統と、門外不出のノウハウに支えられてきた高級ワイン製造が、ロボット化によって、誰でも手にも届くものになりつつある。

 ワインの好事家からは、美しいワインの時代は終わったとの声も聞こえてくる。ロボット化が進む時代は果たして幸せなのかどうかは、何ともいえない。
 ちなみに日本では、家庭で1%以上のアルコール飲料を醸造することは酒税法違反になるので、注意が必要だ。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

zaiseishuusi
政府が財政収支の試算を公表。2020年度PB黒字化は達成困難に

 政府は2014年7月25日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。日本政 …

bukkajoushou
2%の物価目標は射程距離内。輸入インフレでも脱デフレは脱デフレ?

 総務省は9月27日、8月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

Angelina Jolie
女優アンジェリーナ・ジョリーが悩んだ、がん予防手術のリスクとベネフィット

 米国の著名女優アンジェリーナ・ジョリーさんが、乳がんの発症を未然に防ぐために乳 …

no image
シャープは本来ならアップルの強烈なライバル・メーカーになるはずだった!

 シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と共同で、新型液晶「IGZO」を搭載 …

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …

setsubitousi
設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見 …

nichigin04
日銀が追加の量的緩和策を見送り、金融政策を現状維持とした理由

 日銀は2014年4月8日、金融政策決定会合を開催し、金融政策の現状維持を決定し …

usakoyoutoukei201511
11月の雇用統計も良好。米国の利上げは確実となり、焦点は今後のシナリオへ

 米労働省は2015年12月4日、11月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …