ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクの営業利益が1兆円超え。アリババ上場で4兆円の含み益も

 

 ソフトバンクは2014年5月7日、2014年3月期の決算を発表した。かねてから予想されていた通り、営業利益が1兆円を超え、NTTドコモを抜いた。今後はトヨタやNTTといった企業が視野に入ってくることになる。

sonmasayosi

 同社の売上高は前年比2倍を超える6兆6667億円、営業利益は1兆854億円となり、営業利益が1兆円を超えた。NTTドコモの売上高は4兆4612億円、営業利益は8192億円なので、ソフトバンクは完全にドコモを抜き去ったことになる。営業利益が1兆円レベルの会社ということになると、トヨタやNTTなどごくわずかしかない。

 売上高が大幅に伸びたのは、好調な国内の携帯電話事業に加え、昨年7月に買収した米国の携帯電話会社スプリントの業績が決算に反映されてきたことが大きい。連結決算に反映されたスプリントの売上高は約2兆6000億円あるので、これが売上増に大きく貢献した。
 スプリントは現在、リストラの最中であり約1900億円の赤字(内部取引消去前)となっているが、2014年1~3月期決算では、営業利益ベースでとうとう黒字転換を果たした。今後はソフトバンクの利益に貢献してくることになるだろる。
 もっとも、スプリントの契約者数は横ばいが続いており、急増するという状況にはなっていない。だが、来期決算で通期黒字を実現すれば、少なくともソフトバンクの利益のマイナス要因にはならない。ソフトバンクでは、来期の業績について売上高8兆円、営業利益は今期と同じく1兆円程度を見込んでいる。

 ソフトバンクにはさらに大きな材料も出てきている。中国の電子商取引大手アリババの米国上場である。アリババは、楽天の15倍、アマゾンの3倍の取扱高を持つ世界最大のECサイト運営会社である。フェイスブックを超える大型上場といわれており、上場時の時価総額は10兆円を超えるという噂もある。

 ソフトバンクはアリババの株式を35%保有する大株主であり、もし10兆円を超える時価総額となれば、ソフトバンクは4兆円近い含み益を手にすることになる。2兆円を超える大型買収で同社の財務体質の悪化が懸念されていたが、好調な国内携帯電話事業、スプリント事業の黒字化、アリババ上場などによって、ほぼ完全に払拭されたといってよい。

 今後の焦点は、米司法当局が慎重姿勢といわれる、TモバイルUSの買収が実現できるかに移ることになる。買収が実現すれば、同社は一気に世界規模の通信会社に変貌することになる。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

nichigin
資金循環統計を見れば、アベノミクスでお金がどう動いたのかが分かる

 日銀は2014年3月25日、2013年10~12月期の資金循環統計を発表した。 …

rikokkyou
日本のバブル退治を彷彿?中国が景気減速にもかかわらず、金融引き締めを強行

 中国経済が正念場に差し掛かっている。香港上海銀行(HSBC)が6月20日に発表 …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

maxcrunch
外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均 …

factory01
製造業の就業者が減少との調査結果。だが減っているのは製造業だけではない

 総務省は2月1日、2012年12月分の労働力調査の結果を発表した。それによると …

linemorikawa
LINEの情報が韓国政府に筒抜けという報道。上場を前にLINEが大波乱

 無料通話チャット・アプリLINEの情報が韓国政府に筒抜けになっているという報道 …

hulu
日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場 …

setsubitousi
8月の機械受注が大幅減。7~9月期GDPはマイナス成長の公算が高まる

 7~9月期のGDP(国内総生産)が4~6月期に続いてマイナスとなる公算が高まっ …

kokusaishushi201303
日本の経常収支。マスコミ報道では「黒字激減」だが、足元の状況は少し異なる

 財務省は5月10日、3月の国際収支を発表した。貿易収支は2194億円の赤字だが …

kinko
金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は …