ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクの営業利益が1兆円超え。アリババ上場で4兆円の含み益も

 

 ソフトバンクは2014年5月7日、2014年3月期の決算を発表した。かねてから予想されていた通り、営業利益が1兆円を超え、NTTドコモを抜いた。今後はトヨタやNTTといった企業が視野に入ってくることになる。

sonmasayosi

 同社の売上高は前年比2倍を超える6兆6667億円、営業利益は1兆854億円となり、営業利益が1兆円を超えた。NTTドコモの売上高は4兆4612億円、営業利益は8192億円なので、ソフトバンクは完全にドコモを抜き去ったことになる。営業利益が1兆円レベルの会社ということになると、トヨタやNTTなどごくわずかしかない。

 売上高が大幅に伸びたのは、好調な国内の携帯電話事業に加え、昨年7月に買収した米国の携帯電話会社スプリントの業績が決算に反映されてきたことが大きい。連結決算に反映されたスプリントの売上高は約2兆6000億円あるので、これが売上増に大きく貢献した。
 スプリントは現在、リストラの最中であり約1900億円の赤字(内部取引消去前)となっているが、2014年1~3月期決算では、営業利益ベースでとうとう黒字転換を果たした。今後はソフトバンクの利益に貢献してくることになるだろる。
 もっとも、スプリントの契約者数は横ばいが続いており、急増するという状況にはなっていない。だが、来期決算で通期黒字を実現すれば、少なくともソフトバンクの利益のマイナス要因にはならない。ソフトバンクでは、来期の業績について売上高8兆円、営業利益は今期と同じく1兆円程度を見込んでいる。

 ソフトバンクにはさらに大きな材料も出てきている。中国の電子商取引大手アリババの米国上場である。アリババは、楽天の15倍、アマゾンの3倍の取扱高を持つ世界最大のECサイト運営会社である。フェイスブックを超える大型上場といわれており、上場時の時価総額は10兆円を超えるという噂もある。

 ソフトバンクはアリババの株式を35%保有する大株主であり、もし10兆円を超える時価総額となれば、ソフトバンクは4兆円近い含み益を手にすることになる。2兆円を超える大型買収で同社の財務体質の悪化が懸念されていたが、好調な国内携帯電話事業、スプリント事業の黒字化、アリババ上場などによって、ほぼ完全に払拭されたといってよい。

 今後の焦点は、米司法当局が慎重姿勢といわれる、TモバイルUSの買収が実現できるかに移ることになる。買収が実現すれば、同社は一気に世界規模の通信会社に変貌することになる。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …

eu
EUが経済成長見通しを下方修正。緊縮財政は事実上棚上げか?

 EU(欧州連合)の欧州委員会は5月3日、2013年春の欧州経済見通しを発表した …

asahidigitalkiji
小保方氏を茶化した朝日新聞デジタルのコラム削除問題は、日本ならでは

 理化学研究所の小保方晴子氏が歌手デビューするという、「嘘」を題材にした朝日新聞 …

ur
URの杜撰な事業が浮き彫りにする、官に依存した日本経済の麻薬中毒的体質

 「日本経済の復活」「大胆な規制緩和」といった安倍政権の輝かしいキャッチフレーズ …

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …

abekaisan20141119
まるで民主党の政策?緊急経済対策は商品券など直接支援が中心

 安倍首相は2014年11月18日、消費増税の先送りと衆議院の解散を発表すると同 …

apuruwochi
4~6月期決算が絶好調なのに、アップルの株価が大幅下落となった理由

 米アップルは2015年7月21日、2015年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

usakoyoutoukei201511
11月の雇用統計も良好。米国の利上げは確実となり、焦点は今後のシナリオへ

 米労働省は2015年12月4日、11月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …

h2a
偵察衛星打ち上げに成功。スタートから10年でようやく常時運用体制が整う

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、政府の情報収集衛星「レー …

factoryline
新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表 …