ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ナイジェリア女生徒拉致事件が、米国の政局に微妙な影響を与える可能性

 

 ナイジェリアで発生したイスラム過激派組織による女子生徒集団拉致事件が、米国政治に微妙な影響を与え始めている。次期大統領選をにらみ、米国が国際問題に積極的に介入すべきなのかについて、再び議論が活発化しているのだ。

 obama201405 ナイジェリアでは先月、イスラム過激派「ボコ・ハラム」が寄宿学校を襲撃し、女子生徒200人を拉致するという事件が発生した。事件からすでに3週間が経過しているため、女生徒が奴隷として売却されてしまった可能性を口にする関係者も出てきている。

 ナイジェリア当局の対応が鈍いことから、国際社会は救出に向けた動きを活発化させようとしている。オバマ大統領は「できることはすべてやる」という声明を発表しており、具体策の検討に入っていることを明らかにした。
 ただ、米国がこうした問題に対して、軍事的オプションも含めて積極的に介入すべきなのかどうかについては、米国内でも意見が割れている。
 ピューリサーチセンターが最近行った世論調査では、過半数の米国人が「米国は自国のことだけを考えればよく、他国に介入すべきではない」と回答している。

 何よりオバマ大統領自身が、国際問題への過度な介入に対して否定的な見解を持っているといわれる。オバマ氏が今年の1月に行った教書演説では、およそ9割を内政問題に費やし、中東問題など外交についてはほとんど触れずじまいだった。シリア問題に対しては当初から軍事介入を否定しているほか、ウクライナ問題についても軍事的介入はないと何度も表明している。

 こうしたオバマ政権の姿勢に対しては、共和党など政界の一部からは反対する声が上がっていたが、次期大統領選を見据え、身内の民主党内からも同じような声が上がり始めている。次期大統領選の出馬が取り沙汰されるヒラリー・クリントン元国務長官は、このところメディア露出を増やしているが、最近のテレビ番組では、ナイジェリア問題に対してもっと強い関与をすべきとの主張を行っている。

 ナイジェリア問題が深刻化するような事態になれば、米国に対しては本格的な介入を求める声が高まってくる可能性がある。もしそうなった場合、内向きといわれたオバマ政権の外交政策や、次期大統領選のテーマにも微妙な影響を与える可能性がある。
 米国の外交スタンスがどうなるのかは、中国の台頭という問題を抱える日本にとっても重要なテーマである。オバマ政権は終盤に差し掛かっており、米国内の世論が今後どう振れていくのかについて、日本は注視していく必要があるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

tukijitwin
ツインタワーも登場!都のプロジェクトチームが築地建て替え案をとりまとめ

 築地市場の豊洲への移転問題について議論している東京都のプロジェクトチームが、築 …

girishazaimusho
革ジャケットを羽織って交渉の場に現れたギリシャの財務相。果たして会議は踊るのか?

 債務問題をめぐるEU(欧州連合)とギリシャの交渉が始まったが、双方が立場を譲ら …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

pentagon
米国防総省が中国の技術開発を追跡するプロジェクトを開始。これが意味すること

 米国防総省は中国の技術開発が安全保障上の脅威になる可能性が高いとして、中国が開 …

kajino
カジノ基本法案が衆院通過。あくまで基本法であり、具体的な駆け引きはこれから

 カジノを推進するための基本法である「統合型リゾート整備推進法案」(いわゆるカジ …

stigurittuabe
スティグリッツ氏の主張は実はアベノミクスと正反対。それでも来日した理由とは?

 安倍首相が、世界的な経済学者を次々に官邸に呼んで会談を行っている。永田町では消 …

bananki
本当ならまさに「ヤリ逃げ」。バーナンキ議長続投せずという驚愕報道

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、続投しない可能性が出てきた。 …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

hageljinin
オバマ外交を象徴する閣僚の一人、ヘーゲル国防長官が突然辞任

 オバマ大統領は2014年11月24日、ヘーゲル国防長官が辞任すると発表した。オ …

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …