ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ダウが最高値更新。間違っているのは金利なのか株価なのか?

 

 量的緩和の縮小が進む米国で、思いのほか金利が上がらないという状況が続いている。低金利政策が続くとの見方から、株式市場は最高値を更新したが、楽観論の中にも不安心理がくすぶっている。

nyse

 先週のダウ平均株価は16583.34ドルで取引を終え、最高値を更新した。
 このところ下落が続いていたモメンタム株(勢いで買われる銘柄)に買い戻しが入ったことが主な要因で、ひとまず市場には安心感が戻った。ただ、マクロ的な視点で見ると、米国の株式市場は現在、微妙な状況にある。

 米国経済の順調な回復を受けて、FRB(連邦準備制度理事会)は昨年末から量的緩和策の縮小を開始している。本来であれば、それに合わせて金利が上昇していく必要がある。だが米10年債は緩和縮小前後には3%台に乗せたものの、その後下落が続き(債券価格は上昇)、現在では2.6%になっている。

 長期金利は最終的にはその国の名目成長率に収束することが知られている。つまり、金利が思った程上がらないというのは、景気回復の足取りが、事前に考えられていたほど順調ではないと市場が判断していることになる。
 ここで問題となるのが株価である。米国の株式市場が好調だったのは、米国経済の順調な回復を先取りしてきたからである。だが量的緩和の縮小が始まり、景気回復が現実のものになってきた段階では、期待で上昇してきた株価は一旦調整し、その後、再び上昇軌道に乗ると考えられてきた。

 だが長期金利が上がらないということになると、そのシナリオが崩れてしまう。当面は低金利政策が続くことから、株価にはプラスと判断され、買い進まれているわけだが、多くの投資家が近く大きな調整があるのではないかと考えている。だが目先の上昇トレンドに乗らないと利益が出ないので、不安に思いながらも買い進めている状態だ。

 一般的には、こうした状態は長くは続かないと考えられている。景気回復ペースが加速すると認識され、長期金利が上昇を始めるのか、逆に長期金利の状況に合わせて、買われすぎた株価が一旦調整するのかのどちらかである。
 ただ、ディスインフレ(インフレ率が低下すること)の傾向が続き、白黒はっきりしない株価が継続する可能性もある。そうなってしまうと、市場関係者にとってはもどかしい日々が続くことになる。

 - 経済 ,

  関連記事

sonyenergy
もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日 …

yarigai
日本人の仕事に対する満足度が低いという調査結果をどう見る?

 ビジネスマン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米リンク …

no image
パルコを巡る痴話喧嘩が終結。そこから見えてくるものとは?

 2年以上に及ぶパルコの経営権をめぐるゴタゴタがようやく終結した。8月末、Jフロ …

tosho05
新興国不安から世界同時株安?だがこの動きは、多くの市場関係者が予測していた

 新興国の通貨安をきっかけに世界同時株安の状況となってきている。ドル円の為替相場 …

imf201604
IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

toyotaroboto
今更? ウーバー出資や2足歩行ロボット買収など、トヨタに漂う出遅れ感

 トヨタが人工知能やシェアリング・エコノミーへの対応を矢継ぎ早に進めている。だが …

googlecar02
グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事 …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

abejosei
安倍首相が配偶者控除の廃止を指示。是非を議論できる段階は過ぎている

 安倍首相は2014年3月19日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議にお …