ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ダウが最高値更新。間違っているのは金利なのか株価なのか?

 

 量的緩和の縮小が進む米国で、思いのほか金利が上がらないという状況が続いている。低金利政策が続くとの見方から、株式市場は最高値を更新したが、楽観論の中にも不安心理がくすぶっている。

nyse

 先週のダウ平均株価は16583.34ドルで取引を終え、最高値を更新した。
 このところ下落が続いていたモメンタム株(勢いで買われる銘柄)に買い戻しが入ったことが主な要因で、ひとまず市場には安心感が戻った。ただ、マクロ的な視点で見ると、米国の株式市場は現在、微妙な状況にある。

 米国経済の順調な回復を受けて、FRB(連邦準備制度理事会)は昨年末から量的緩和策の縮小を開始している。本来であれば、それに合わせて金利が上昇していく必要がある。だが米10年債は緩和縮小前後には3%台に乗せたものの、その後下落が続き(債券価格は上昇)、現在では2.6%になっている。

 長期金利は最終的にはその国の名目成長率に収束することが知られている。つまり、金利が思った程上がらないというのは、景気回復の足取りが、事前に考えられていたほど順調ではないと市場が判断していることになる。
 ここで問題となるのが株価である。米国の株式市場が好調だったのは、米国経済の順調な回復を先取りしてきたからである。だが量的緩和の縮小が始まり、景気回復が現実のものになってきた段階では、期待で上昇してきた株価は一旦調整し、その後、再び上昇軌道に乗ると考えられてきた。

 だが長期金利が上がらないということになると、そのシナリオが崩れてしまう。当面は低金利政策が続くことから、株価にはプラスと判断され、買い進まれているわけだが、多くの投資家が近く大きな調整があるのではないかと考えている。だが目先の上昇トレンドに乗らないと利益が出ないので、不安に思いながらも買い進めている状態だ。

 一般的には、こうした状態は長くは続かないと考えられている。景気回復ペースが加速すると認識され、長期金利が上昇を始めるのか、逆に長期金利の状況に合わせて、買われすぎた株価が一旦調整するのかのどちらかである。
 ただ、ディスインフレ(インフレ率が低下すること)の傾向が続き、白黒はっきりしない株価が継続する可能性もある。そうなってしまうと、市場関係者にとってはもどかしい日々が続くことになる。

 - 経済 ,

  関連記事

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

imf201510
IMFが世界経済の見通しを発表。日本は大幅減で、中国は下方修正なし

 IMF(国際通貨基金)は2015年10月6日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

conbini
コンビニ最終戦争?セブンは沖縄出店、ファミマとサークルKサンクスは経営統合。

 コンビニ業界でシェア拡大を目指した動きが活発化している。最大手のセブン-イレブ …

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …

bouekikontena
デフレでゲタを履かせられた7~9月期の実質GDP。輸出の落ち込みはかなり深刻

 内閣府は2016年11月14日、2016年7~9月期のGDP(国内総生産)速報 …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

kousokumuryouka
GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。 …

hamadak
安倍首相の経済ブレーンである浜田宏一氏が、金融政策の誤りを認めたという話の虚実

 アベノミクスの理論的支柱と言われ、内閣官房参与を務めている浜田宏一エール大学教 …

kokusaishushi201307
7月の国際収支。貿易赤字を投資収益がカバーする成熟国型体質がより鮮明に

 財務省は9月9日、7月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は5 …

tosho03
目立ってきた為替と日経平均の乖離。どちらが実体経済を表している?

 日経平均と為替相場の乖離が大きくなっている。量的緩和策の実施以降、基本的に日経 …