ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が発生した。米国では急速な勢いで無人機が普及しており、こうした事態が発生することは、かなり以前から予想されていた。現在、米国では無人機の商用利用について、段階的に認可を進めているところだが、飛行エリアや飛び方などについて、厳しいルールが課される可能性も指摘されている。

amazondrone

 ニアミスを起こしたのは、アメリカン航空グループの小型旅客機「ボンバルディアCRJ200」。米メディアの報道によると、2014年3月22日、無人機がフロリダ州タラハシーの空港の北東約8キロ、高度約700メートルの地点で、着陸態勢に入っていたボンバルディア機に異常接近したという。

 無人機の種類や操縦者は不明とのことだが、この事例を公表したFAA(米連邦航空局)幹部によると、戦闘機に似た形をした固定翼の小型機だったという。昔から存在するいわゆるラジコン飛行機のタイプに近いもので、最近流行の回転翼を付けた小型のものではない可能性が高いという。

 離着陸の途中で、航空機が鳥に衝突したり、鳥がエンジンに吸い込まれてエンジンが停止するといったトラブルは時折発生することがある。一般的に旅客機は鳥程度のものと衝突しても、重大な事故にはつながらないようになっている。
 無人機も超小型のものであれば、鳥と同程度の被害で済む可能性もあるが、大型の無人機ということになるとそうはいかなくなる。

 無人機に限らず、空港の近くではあらゆる物体を飛行させることに関して法律で厳しく制限されている。その意味では、今回のケースは無人機特有の問題というわけではないのだが、こうしたケースが発生する背景には、あきらかに無人機の急速な普及がある。

 アマゾンが商品の宅配サービスに無人機を導入する計画を発表して話題となったが、現在、こうした商用サービスの多くはFAAの認可を待っている状態にある(現在、認可を受けているのはほとんどが軍用)。議会では2015年までに民間利用について原則解禁するよう求めており、もし解禁となれば7500機が米国の上空を飛行することになるという。

 無人機と既存の航空機の衝突はもちろんのこと、無人機同士の衝突や、建物との衝突などのトラブルが発生することが予想される。基本的に米国は無人機の活用に前向きであり、この動きが後退することはなさそうだ。だが、今回のようなケースが多発すれば、規制の内容が強化される可能性は出てくるだろう。

 - 社会, 経済, IT・科学

  関連記事

pokemongo
ポケモンGOの業績への貢献はごくわずかだが、任天堂は大きなポテンシャルを手にした

 スマホ向けゲームの「ポケモンGO」が世界的大ヒットになっていることから、任天堂 …

kokusaishushi201311
11月の経常収支もやはり赤字。為替市場をにらんで日本が考えるべきこと

 財務省は2014年1月14日、2013年11月の国際収支を発表した。最終的な国 …

doruen201505
ドルの調達コストが急上昇。日本は外貨での運用もできなくなりつつある

 日本の機関投資家が、資金を運用したくても運用する先がないという問題に直面し、悲 …

no image
中国漁船団襲来で注目を浴びる、AIS(船舶位置情報システム)界のGoogleは中国企業

 尖閣諸島問題における日中対立である中国企業がちょっとした話題になっている。   …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

airasia
エアアジアが就航わずか4ヶ月で社長交代。日本でLCCがうまくいかない本当の理由

 全日空系の格安航空会社(LCC)エアアジア・ジャパンは17日、岩片和行社長が辞 …

makuron
仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極 …

doruen201409
動き始めた為替相場。短期的には円安・ドル高要因ばかりだが・・・・

 しばらく膠着状態が続いていた為替相場が動き始めた。8月中旬からドルは急上昇を始 …

hinkleypoint
原発の建設・運用を外国に丸投げする、核保有国イギリスの決断をどう考えるべきか?

 英国が次世代原発の運営事業に対して中国企業による過半数の出資を認めたことが大き …

newyork02
それほど悪くなった米国の7~9月期GDP。利上げは可能との判断が増える

 米商務省は2015年10月29日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速 …