ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

3月の経常収支は黒字。赤字拡大ペースの鈍化で為替は凪?

 

 財務省は2014年5月12日、2014年3月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す経常収支は1164億円の黒字となった。6127億円の黒字だった先月と比較すると黒字幅が縮小した。ただ、季節調整済みの数値では、経常収支は7829億円の赤字となっている。

kokusaishushi201403

 昨年の年末から巨額の経常赤字が続いていたことから、市場では経常収支の赤字転落を材料に為替が混乱するのではないかという警戒感があった。
 元財務官で国際協力銀行総裁の渡辺博史氏は2014年2月、経常収支が連続して赤字になったことに触れ「2月も赤字ということになると、日本の体質が変わったと市場が認定する可能性がある」とし、「3月には市場が混乱するかもしれない」との懸念を表明していた。
 結果的に2月の経常収支は黒字に転換。3月の為替市場は一旦104円まで円安になったものの、その後は円高が進み、現在は102円台に落ち着いている。為替市場のボラティティはかなり低下しており、不気味なほど安定的な状態が続いている。

 もっとも、経常収支の変動は為替市場にとって直接的な要因ではない。長期的に為替は購買力平価との相関性が高く、最終的には物価動向次第ということになる。ただ、経常赤字の定着を材料に一部のヘッジファンドなどが国債や日本円の売りを仕掛けるという懸念は、毎度のことだが、杞憂に終わったようだ。

 このところ経常収支の赤字が続いてきた最大の要因は、円安でエネルギーの輸入金額が増えたことと、企業の海外生産へのシフトが進んだことである。
 だが為替市場は現在、完全に動きのない状態となっており、円安の進展は一服している。また日本企業の体質転換もいつまでも継続するわけではない。さらにいえば、消費増税の影響を見越して、多くの企業で輸入を控える動きが続いている。

 総合的に考えると、今後しばらくは、経常赤字拡大のペースが鈍化する可能性が高い。そうなってくると、為替市場はさらに動きにくい展開となる。

 - 経済 , , ,

  関連記事

no image
この期に及んでも決められないシャープ。鴻海の郭会長はブチ切れて帰国

 経営危機に陥っているシャープと鴻海(ホンハイ)精密工業の資本提携内容の見直し交 …

tpphawai
TPPは最終合意に至らず閉幕。今後の政治日程は極めて厳しい

 環太平パートナーシップ協定(TPP)閣僚会合は2015年7月31日、最終合意に …

no image
FRBがQE3実施を決定。バーナンキ議長が抱く真の野望が明らかに

 米連邦準備制度理事会(FRB)はとうとう量的緩和第3弾(QE3)に踏み切る。1 …

tokyowan
企業の設備投資予定額が大幅増。だが公共事業の影響も大きく継続性があるかは不明

 日本政策投資銀行は8月5日、2013年度の設備投資計画に関する調査結果を発表し …

bouekitoukei 201501
1月の貿易統計、輸出数量がようやく増加傾向に。要因は好調な米国経済

 財務省は2015年2月19日、1月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

hakushokubunri
インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立て …

bouekitoukei201305
5月の貿易統計。円安で金額はカバーしたが輸出数量の下落に歯止めがかからない

 財務省は6月19日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

tosho002
とうとう動き出す日本の企業統治。外国人投資家の見方は変わるか?

 国内で、コーポレートガバナンスに関する整備が急速に進んでいる。きっかけは、アベ …

alibaba
アリババがとうとう上場。楽天との比較で分かる、国内EC市場の限界

 中国の電子商取引最大手アリババ集団は2014年9月19日、米ニューヨーク証券取 …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …