ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

3月の経常収支は黒字。赤字拡大ペースの鈍化で為替は凪?

 

 財務省は2014年5月12日、2014年3月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す経常収支は1164億円の黒字となった。6127億円の黒字だった先月と比較すると黒字幅が縮小した。ただ、季節調整済みの数値では、経常収支は7829億円の赤字となっている。

kokusaishushi201403

 昨年の年末から巨額の経常赤字が続いていたことから、市場では経常収支の赤字転落を材料に為替が混乱するのではないかという警戒感があった。
 元財務官で国際協力銀行総裁の渡辺博史氏は2014年2月、経常収支が連続して赤字になったことに触れ「2月も赤字ということになると、日本の体質が変わったと市場が認定する可能性がある」とし、「3月には市場が混乱するかもしれない」との懸念を表明していた。
 結果的に2月の経常収支は黒字に転換。3月の為替市場は一旦104円まで円安になったものの、その後は円高が進み、現在は102円台に落ち着いている。為替市場のボラティティはかなり低下しており、不気味なほど安定的な状態が続いている。

 もっとも、経常収支の変動は為替市場にとって直接的な要因ではない。長期的に為替は購買力平価との相関性が高く、最終的には物価動向次第ということになる。ただ、経常赤字の定着を材料に一部のヘッジファンドなどが国債や日本円の売りを仕掛けるという懸念は、毎度のことだが、杞憂に終わったようだ。

 このところ経常収支の赤字が続いてきた最大の要因は、円安でエネルギーの輸入金額が増えたことと、企業の海外生産へのシフトが進んだことである。
 だが為替市場は現在、完全に動きのない状態となっており、円安の進展は一服している。また日本企業の体質転換もいつまでも継続するわけではない。さらにいえば、消費増税の影響を見越して、多くの企業で輸入を控える動きが続いている。

 総合的に考えると、今後しばらくは、経常赤字拡大のペースが鈍化する可能性が高い。そうなってくると、為替市場はさらに動きにくい展開となる。

 - 経済 , , ,

  関連記事

frbieren201407
米国は利上げが近い?イエレン氏の発言に最初に反応したのは為替

 ドル円相場が急展開を見せている。最近まで1ドル102円前後を行き来している状態 …

choukikinri
デフレは構造的要因と譲らなかった白川前総裁はやはり正しかったのか?

 日本の長期金利低下が加速している。10月2日の債権市場では10年物国債の利回り …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …

manshon
銀行が住宅ローン金利を引き下げ。融資先が見つからない銀行の苦しい台所事情

 9月に入って金融機関による住宅ローンの引き下げが相次いでいる。三菱東京UFJ銀 …

kuroda02
日銀が2度目の物価目標先送りでも追加緩和実施せず。頼みの綱は米利上げ

 日銀は2015年10月30日に開催した金融政策決定会合で、物価上昇率2%の達成 …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

dasubeida
ディズニーがスターウォーズを巨額買収。新作も投入予定

 エンターテインメント大手の米ウォルト・ディズニーは、人気映画「スター・ウォーズ …

bussann
三菱商事と三井物産が共に創立以来初の赤字転落。原油安が業績を直撃

 資源安が大手商社の業績を直撃している。三菱商事と三井物産が揃って通期の決算が赤 …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …