ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を促す中間報告書をまとめた。50年後も人口1億人を維持するという数値目標がはじめて盛り込まれた。

shoushika2014

 現在、日本の人口は1億2730万人だが、国立社会保障・人口問題研究所の推計では、2060年には8674万人になるとしている。GDP(国内総生産)の2大成長要因は人口と資本であり、人口の減少は日本経済の成長余力の低下につながってくる。

 中間報告書では、2060年台において1億人を維持できるよう求めており、これまで高齢者対策が中心だった予算を少子化対策にシフトすべきであると指摘している。これによって現在1.4である出生率を2程度まで引き上げる。

 人口減少が経済や社会に与える影響は大きく、少子化対策に政府の予算をシフトさせることは意味のあることと考えられる。ただ、単純に少子化対策を行っただけでは、十分ではない可能性が高い。

 懸念される問題のひとつは自治体の維持可能性である。報告書では人口減少で自治体の4分の1が消滅する可能性があるとしているが、状況はもっと厳しいという指摘もある。
 元総務大臣の増田寛也東大客員教授が座長をつとめる「日本創世会議・人口減少問題検討分科会」によれば、自治体の消滅危機は出生率を2以上に上げたとしても回避できないという。消滅する自治体が続出することを前提に、都市への集約化を実施するのか、それとも人口流出に本気で歯止めをかけるのか、方針を決めなければならない段階に来ている。

 また現在の若年層の過度な負担をどう回避するのかも重要だ。仮に出生率が今後上昇したとすると、今の若年層が中高年になった時、人口ピラミッドは中央部がくぼんだ形になる。
 つまり、現在の若年層は将来、増加する高齢者に加えて、増えてくる子供についても、その生活を支えなければならず、彼等の社会的・経済的負担は非常に重くなる。

 これまで何かと回避されてきた人口減少問題が真正面から議論されるのはよいことだが、課題が山積であることも、また鮮明になってきている。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

no image
オランダで失業保険受給者に無償労働を義務付け。オランダの福祉政策も限界に

 オランダのロッテルダムで、失業保険の給付条件に週1回の無償労働を加える政策が話 …

oukizan
習近平氏の腹心で兄貴分の王岐山氏が、常務委員続投を断念したことの政治的意味

 10月の中国共産党大会を目前に控え、習近平氏の腹心と言われた王岐山・中央規律検 …

asahidigitalkiji
小保方氏を茶化した朝日新聞デジタルのコラム削除問題は、日本ならでは

 理化学研究所の小保方晴子氏が歌手デビューするという、「嘘」を題材にした朝日新聞 …

no image
日本の英語力は世界22番目でラテン諸国と同レベル。モノ作り大国ゲルマンとの差が際立つ

 教育大手EF Education First社が発表している2012年の世界英 …

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

no image
元外交官の佐藤優氏がはからずも明らかにした外務官僚の驚くべき怠慢

 野田首相が突然解散を決定したことで、日本外交に混乱が生じている。  日本とロシ …

abenaikaku
いよいよ安倍内閣が発足。閣僚人事を見れば政権運営の方向性が見えてくる

 衆議院は26日、午後の本会議において自民党の安倍総裁を首相に指名した。参院本会 …

tokkkyocho
特許庁がシステム開発に失敗。高額で民間から雇ったCIO補佐官は何をやっているの?

 プロジェクトが事実上頓挫していた特許庁の新システム開発プロジェクトについて、同 …

no image
外務次官が尖閣問題妥結を目指して中国を訪問。官僚主導の交渉では確実に負ける

 尖閣問題の解決に向けて、事務レベルでの折衝が始まっている。  人民日報系の環球 …

asean20141114
韓国が日中韓首脳会談の開催に言及。実現に向けて調整が始まっているが・・・

 約2年半ぶりに日中首脳会談が実現したことで、日中、日韓の外交が大きく動き出す可 …