ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を促す中間報告書をまとめた。50年後も人口1億人を維持するという数値目標がはじめて盛り込まれた。

shoushika2014

 現在、日本の人口は1億2730万人だが、国立社会保障・人口問題研究所の推計では、2060年には8674万人になるとしている。GDP(国内総生産)の2大成長要因は人口と資本であり、人口の減少は日本経済の成長余力の低下につながってくる。

 中間報告書では、2060年台において1億人を維持できるよう求めており、これまで高齢者対策が中心だった予算を少子化対策にシフトすべきであると指摘している。これによって現在1.4である出生率を2程度まで引き上げる。

 人口減少が経済や社会に与える影響は大きく、少子化対策に政府の予算をシフトさせることは意味のあることと考えられる。ただ、単純に少子化対策を行っただけでは、十分ではない可能性が高い。

 懸念される問題のひとつは自治体の維持可能性である。報告書では人口減少で自治体の4分の1が消滅する可能性があるとしているが、状況はもっと厳しいという指摘もある。
 元総務大臣の増田寛也東大客員教授が座長をつとめる「日本創世会議・人口減少問題検討分科会」によれば、自治体の消滅危機は出生率を2以上に上げたとしても回避できないという。消滅する自治体が続出することを前提に、都市への集約化を実施するのか、それとも人口流出に本気で歯止めをかけるのか、方針を決めなければならない段階に来ている。

 また現在の若年層の過度な負担をどう回避するのかも重要だ。仮に出生率が今後上昇したとすると、今の若年層が中高年になった時、人口ピラミッドは中央部がくぼんだ形になる。
 つまり、現在の若年層は将来、増加する高齢者に加えて、増えてくる子供についても、その生活を支えなければならず、彼等の社会的・経済的負担は非常に重くなる。

 これまで何かと回避されてきた人口減少問題が真正面から議論されるのはよいことだが、課題が山積であることも、また鮮明になってきている。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

yudachi02
中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部 …

unicef
子供の幸せに関するユニセフの国際調査。なぜか日本は評価対象外

 ユニセフは2013年4月、先進国における子供幸福度ランキングを発表した。第一位 …

g20german
G20の声明文から反保護主義の文言が消滅。今後は露骨なパワーゲームの時代へ

 ドイツのバーデンバーデンで開催されていたG20(主要20カ国の財務相・中央銀行 …

clintonkishida02
クリントン長官の尖閣発言に中国が猛反発。長官の退任を前にしたパフォーマンスか?

 尖閣諸島をめぐるクリントン米国務長官の発言に中国側が猛反発している。 中国外交 …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

tennoheika04
天皇陛下による生前退位のご意向表明がここまで遅れた理由

 天皇陛下は2016年8月8日午後3時、ビデオメッセージで「お気持ち」を表明する …

no image
マニュアルにないから避難しない。児童74人を見殺しにした教員の信じられない思考回路

 東日本大震災の津波で宮城県石巻市立大川小学校の児童74人が死亡した問題で、とう …

jutakuchuko
既存の住宅インフラを活用する動きが活発化。試される成熟国家「ニッポン」

 既存の住宅インフラを活用する動きが活発になっている。日本はすでに成熟型経済に移 …

choonsokuheiki
米軍が超音速兵器の実験に失敗。だが戦争の風景は着実に変わりつつある

 米国防総省は2014年8月25日、極超音速兵器「AHW」の飛行試験を行ったが、 …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …