ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を促す中間報告書をまとめた。50年後も人口1億人を維持するという数値目標がはじめて盛り込まれた。

shoushika2014

 現在、日本の人口は1億2730万人だが、国立社会保障・人口問題研究所の推計では、2060年には8674万人になるとしている。GDP(国内総生産)の2大成長要因は人口と資本であり、人口の減少は日本経済の成長余力の低下につながってくる。

 中間報告書では、2060年台において1億人を維持できるよう求めており、これまで高齢者対策が中心だった予算を少子化対策にシフトすべきであると指摘している。これによって現在1.4である出生率を2程度まで引き上げる。

 人口減少が経済や社会に与える影響は大きく、少子化対策に政府の予算をシフトさせることは意味のあることと考えられる。ただ、単純に少子化対策を行っただけでは、十分ではない可能性が高い。

 懸念される問題のひとつは自治体の維持可能性である。報告書では人口減少で自治体の4分の1が消滅する可能性があるとしているが、状況はもっと厳しいという指摘もある。
 元総務大臣の増田寛也東大客員教授が座長をつとめる「日本創世会議・人口減少問題検討分科会」によれば、自治体の消滅危機は出生率を2以上に上げたとしても回避できないという。消滅する自治体が続出することを前提に、都市への集約化を実施するのか、それとも人口流出に本気で歯止めをかけるのか、方針を決めなければならない段階に来ている。

 また現在の若年層の過度な負担をどう回避するのかも重要だ。仮に出生率が今後上昇したとすると、今の若年層が中高年になった時、人口ピラミッドは中央部がくぼんだ形になる。
 つまり、現在の若年層は将来、増加する高齢者に加えて、増えてくる子供についても、その生活を支えなければならず、彼等の社会的・経済的負担は非常に重くなる。

 これまで何かと回避されてきた人口減少問題が真正面から議論されるのはよいことだが、課題が山積であることも、また鮮明になってきている。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

euhonbu
紛糾するEU予算交渉。日本の自民党政権下におけるバラ撒きとタカリ構造そのもの

 EUが策定する2014年から2020年までの7年間の長期予算について紛糾してお …

kaishaho
日本の上場企業はすでに国有企業?懸念されるガバナンス問題

 公的年金による積極的な株式投資の結果、多くの企業で政府が事実上の大株主になって …

rojinkaigo
認知症JR事故、家族には賠償責任はないとの最高裁判決。ようやく当たり前の社会に

 認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合における家族の賠償責 …

nenkintecho
国民年金納付率が向上。だが実態は督促の強化と、給付対象者の減少

 厚生労働省は2014年6月23日、2013年度の国民年金の納付状況について公表 …

facebooksound
フェイスブックが周囲の音を収集解析するサービスを始めた、その本質的意味

 SNS大手の米フェイスブックは2014年5月21日、スマホを使って周囲の音を録 …

kankokugenpatu02
韓国の原子力産業に暗雲。相次ぐ原発トラブルと米韓交渉決裂で再処理も不可能に

 韓国で再び原子力発電所のトラブルが発生している。慶州市にある新月城原発1号機が …

fukusima2goki
福島原発2号機の内部映像を東電が公開。最悪の状態ではなさそうだが・・・

 東京電力は2017年1月30日、福島第1原子力発電所2号機の原子炉格納容器内部 …

kuroda
黒田日銀総裁候補が衆院で所信。滑り出しとしては満点に近いか?

 日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁は3月4日、衆院議院運営委員会での所信 …

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …

kouroushou
お役所がなぜ「英断」できたのか?厚労省が厚生年金基金廃止に舵を切った本当の理由

 ファンド(投資信託)購入の見返りに現金100万円を受 け取ったとして、警視庁と …