ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

KADOKAWAとドワンゴが経営統合。相互補完的でプラスになる可能性

 

 角川書店を中心とするメディア企業のKADOKAWAと、動画配信大手のドワンゴが経営統合する。来年春にも持ち株会社を設立して2社が傘下に入る。KADOKAWAが持つ豊富なコンテンツを「ニコニコ動画」などで知られるドワンゴを通じて配信する。

kadokawadowango

  KADOKAWAは、角川書店を中心に、アスキー・メディアワークス、メディアファクトリー、中経出版などから8つのブランドからなるメディア企業である。もともと文芸出版社だったが、角川春樹氏が社長に就任してからエンターテインメント路線に転換、薬師丸ひろ子主演の「セーラー服と機関銃」など、文庫本と映画などセットにするメディアミックス手法で一時代を築いた。

 その後、パソコン雑誌で有名だったアスキーなどを傘下に収め、現在では総合的なメディア企業をうたっている。
 ただ、基本的に書籍と雑誌に依存する構造は変わっておらず、2014年3月期の売上高1500億円のうち、4割が書籍、2割が雑誌関連となっている。デジタル系のコンテンツは全体の1割強しかない。また前年比で売上高は6.5%減少している。

 一方ドワンゴは、このところ業績は好調だが、その収益は「ニコニコ動画」などを展開するniconicoの有料会員増加によって支えられている面が強い。
 2013年12月末時点でのniconicoの会員数は3758万人で、このうち月500円の会費を払うプレミア会員数は217万人となっている。有料会員からの売上げは年間120億円近くにのぼっており、同社全体の売上げの3分の1を占めている。有料会員に依存する収益構造からの脱却を図りたいところである。

 とりあえずは、KADOKAWAが持つゲームや映画などエンターテインメント系のコンテンツをニコニコ動画などを使って配信するといった展開が検討されている可能性が高い。

 コンテンツを豊富に持っているが、その活用方法について方向性が見えないKADOKAWAと、影響力のあるネット配信手段を持つドワンゴの組み合わせは相互補完的である。株式市場では、この合併を好感しているようで、14日の株式市場では、両社とも8%以上値上がりして前場の取引が始まっている。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

frbieren201407
FRBがとうとう量的緩和を終了。米国経済は完全復活し、今後の焦点は金利へ

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年7月9日、6月のFOMC(連邦公開市場 …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

simrock
携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をか …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

sakane
ドイツに学べというコマツ坂根会長の発言が際立つ。日本はドイツになれるのか?

 政府の産業競争力会議のメンバーであるコマツの坂根正弘会長の発言が最近注目を集め …

yuseijoujou
郵政グループの売り出し価格決定。成長銘柄ではなく、配当銘柄として考えるべき?

 日本郵政グループが2015年11月4日に上場する。上場するグループ3社のうち、 …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

mujinheli
欧州でヘリの自動操縦デモを実施。飛行機やバスの無人化はもうすぐそこまで来ている

 欧州のヘリコプター・メーカーであるユーロヘリコプターは4月12日、完全に無人で …