ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

EU司法裁判所が「忘れられる権利」を認定。政治的要素も多分にあり

 

 ネットに掲載された情報の削除を求める、いわゆる「忘れられる権利」について、欧州で大きな動きがあった。EU(欧州連合)の最高裁にあたるEU司法裁判所は2014年5月13日、過去の債務履歴の削除を求めていたスペイン人の主張を認め、グーグルに対してリンクの削除を命じる判決を言い渡した。
 この動きが広がることになると、検索エンジンの経営基盤そのものが揺らぐ可能性がある。潜在的な影響は極めて大きいだろう。

wasurerarerukenri

 訴えていたのは過去に所有していた不動産が競売にかけられたことのあるスペイン人の男性。競売は事実だが、問題が解決した後も自分の名前で検索すると、競売に関連する記事が検索結果に表示されるとして、グーグルに対して記事へのリンクを削除するよう求めていた。

 EU司法裁判所は、グーグルのような検索エンジンは情報の管理者にあたると認定。望まない検索結果についてはリンクを削除する義務があるとした。

 グーグルなど検索エンジン側は、情報の取り扱いについては、すべて情報を発信しているWebサイト側の判断に委ねるべきとの立場を取っている。だが今回の判決は、検索エンジンに対しても情報の管理を行うことを義務付けた形となった。

 これは検索エンジン側にとって、かなりインパクトのある出来事である。検索エンジンは情報に中立(実際にはそうでもない部分があるが)であることが前提であり、あらゆるWebサイトがリンクの対象となっていると多くの人が考えるからこそ、利用者が集まり、ビジネスとして成立しているという面がある。

 実はこうした訴訟はすでに200件以上起こされており、今回の判決を期に、リンクの削除を求める動きが加速する可能性がある。検索エンジンにおいて、その情報を望まない人がいる場合、サイトに誘導されない可能性があるということになると、検索エンジンが持つ広告的な価値は激減してしまう可能性がある。

 この問題の背景には、欧州対米国の政治的な駆け引きという面もある。欧州でこうした訴訟が相次げば、グーグルの欧州での事業に大きな影響を与える可能性があるからだ。

 判決では、公共の知る権利が優先されるような場合は例外に当たるとしているが、その基準は明確ではない。プライバシー、権力闘争、ビジネスという3つの要素が入り交じっており、複雑な展開を見せることになりそうだ。

 - 政治, 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

obamasensei
オバマ大統領が宣誓にリンカーン大統領とキング牧師の聖書を用いるワケ

 昨年の大統領選挙で再選されたオバマ大統領が20日正午(日本時間21日午前2時) …

gunosi
ニュース・キュレーションのグノシーが上場。広告媒体として機能することが明らかに

 スマホ向けにニュース・キュレーション・サービスを提供するグノシー(Gunosy …

doshakuzure
気象庁の特別警報を知るきっかけはテレビだけ。告知ルートの偏りが明らかに

 気象庁が「特別警報」の認知に関して実施したアンケート調査で興味深い結果が出てい …

jihanki
病院にAED付きの自販機?追い込まれた自販機大国ニッポンの裏事情

 最近AED(自動対外式徐細動器)付きの自販機が急速に増えてきている。AEDとは …

pwr
原発再稼動が進み始めているが、三菱重工と日立の原発事業統合はどうなる?

 安倍政権が原発再稼動に向け着々と布石を打っていることから、電力システム部門の統 …

ryounei
中国初の空母「遼寧」が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?

 中国初の空母「遼寧」が艦載機に着艦に成功したと中国メディアが伝えている。着艦に …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

koyashirin
女性社会起業家が挑むインターナショナルスクールが開校。ふるさと納税をフル活用

 日本の高校卒業資格を得ることができ、かつ国際的な大学入学資格が得られる国際バカ …

lagard
IMFのラガルド専務理事が仏当局から家宅捜索と事情聴取。またもや権力闘争か?

 IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事がフランスの司法当局から、フランス経済 …

abeusa
日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨー …