ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

駆け込み需要で絶好調な1~3月期GDP。10%増税と追加緩和への影響は?

 

 内閣府は2014年5月15日、2014年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報値を発表した。物価変動の影響を除いた実質GDP成長率は前期比プラス1.5%、年率換算では5.9%と大幅増となった。消費税の駆け込み需要が極めて大きかった。ただし、名目値はプラス1.2%で実質値を下回っている。

businessman04

 2013年における四半期ごとのGDP成長率は、1~3月期から順に、1.2%、0.9%、0.3%、0.1%と後半になるにしたがって失速傾向が明確であった。
 これは昨年の景気のほとんどが公共事業に支えられていたからである。公共事業の発注が一段落したので、景気が落ち込んでいったという流れである。

 だがこの四半期の状況は昨年とはかなり異なっている。公共事業などを中心とした官需の伸びはマイナス0.4%となり、逆に民需がプラス2.3%と大きく伸びた。GDPに対する民需の寄与度は1.8%に達しているが、官需はマイナス0.1%である。また外需の寄与度もマイナス0.3%と相変わらずの状態が続いている。

 民需の中でも影響が大きいのは個人消費で2.1%の伸びとなった。消費増税前の駆け込み需要が大きかったことが想像される。また企業の設備投資も4.9%と大きな伸びを示した。もし次の四半期も個人消費と設備投資があまり落ち込まなければ、消費と設備投資を牽引役にした景気の好循環が実現する可能性がある。

 注目されるのは、増税後の反動がどの程度かという点なのだが、この解釈については、日銀の追加緩和や消費税10%増税など政治的な要素も多分に絡む。
 反動による落ち込みが激しいと認識された場合には、追加緩和を求める声が高まってくることになるだろう。また、消費税10%増税の判断材料といわれる7~9月期の数値をめぐって、政治的な駆け引きが活発化する可能性もある。

 与党内の一部からは、政治決断として10%増税を回避するというプランも浮上しているといわれる。集団的自衛権の見直しを最優先したい安倍政権と、これに慎重な姿勢を示す公明党の思惑もこれに加わってくる。今回のGDPが思いのほか良好だったことから、逆に今後の展開が読みにくい状況になってしまったともいえそうだ。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

baeikyu
台湾の馬英九総統が兼務していた党主席を辞任。中国との接近政策は見直し?

 台湾の馬英九総統は、11月29日に行われた統一地方選挙で、国民党が大敗した責任 …

google2014
グーグル、持ち株会社設立後初の四半期決算。自社株買いなど株主重視に転換?

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2015年10月22日、2015年 …

congressionalreport
米議会が日米関係の報告書を提出。尖閣問題よりも従軍慰安婦問題が重要テーマ

 安倍首相の訪米を前に米議会調査局は15日、日米関係に関する報告書を発表した。日 …

clinton201601
「まさか」の状況となりつつある米大統領選挙。ブルームバーグ氏出馬検討の報道も

 米国の大統領選挙が大混戦の様相を呈してきている。当初、圧倒的に有利だった民主党 …

borubo
仏マクロン政権がガソリン車の販売禁止を提言。ボルボなど欧州メーカーもEVシフトへ

 フランスのマクロン政権が、2040年までにガソリン車の販売を禁止するという野心 …

abekenpo
安倍政権が世論最優先のスタンスに転換。党内の力学バランスに変化か?

 与党内の力学関係に変化の兆しが出てきた。安倍首相が現行の憲法9条を残した形での …

netaniyafu
イスラエルがシリアを空爆。オバマ政権二期目を前に、ネタニヤフ首相が先制パンチ

 シリアの国営通信は1月30日、同国の首都ダマスカス近郊にある軍の科学研究施設が …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

hagel04
米国防長官が史上最大規模の軍縮プランを発表。背景には米国の変質と兵器ハイテク化

 ヘーゲル米国防長官は2014年2月24日、米軍の戦力を第2次世界大戦以前の規模 …