ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

駆け込み需要で絶好調な1~3月期GDP。10%増税と追加緩和への影響は?

 

 内閣府は2014年5月15日、2014年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報値を発表した。物価変動の影響を除いた実質GDP成長率は前期比プラス1.5%、年率換算では5.9%と大幅増となった。消費税の駆け込み需要が極めて大きかった。ただし、名目値はプラス1.2%で実質値を下回っている。

businessman04

 2013年における四半期ごとのGDP成長率は、1~3月期から順に、1.2%、0.9%、0.3%、0.1%と後半になるにしたがって失速傾向が明確であった。
 これは昨年の景気のほとんどが公共事業に支えられていたからである。公共事業の発注が一段落したので、景気が落ち込んでいったという流れである。

 だがこの四半期の状況は昨年とはかなり異なっている。公共事業などを中心とした官需の伸びはマイナス0.4%となり、逆に民需がプラス2.3%と大きく伸びた。GDPに対する民需の寄与度は1.8%に達しているが、官需はマイナス0.1%である。また外需の寄与度もマイナス0.3%と相変わらずの状態が続いている。

 民需の中でも影響が大きいのは個人消費で2.1%の伸びとなった。消費増税前の駆け込み需要が大きかったことが想像される。また企業の設備投資も4.9%と大きな伸びを示した。もし次の四半期も個人消費と設備投資があまり落ち込まなければ、消費と設備投資を牽引役にした景気の好循環が実現する可能性がある。

 注目されるのは、増税後の反動がどの程度かという点なのだが、この解釈については、日銀の追加緩和や消費税10%増税など政治的な要素も多分に絡む。
 反動による落ち込みが激しいと認識された場合には、追加緩和を求める声が高まってくることになるだろう。また、消費税10%増税の判断材料といわれる7~9月期の数値をめぐって、政治的な駆け引きが活発化する可能性もある。

 与党内の一部からは、政治決断として10%増税を回避するというプランも浮上しているといわれる。集団的自衛権の見直しを最優先したい安倍政権と、これに慎重な姿勢を示す公明党の思惑もこれに加わってくる。今回のGDPが思いのほか良好だったことから、逆に今後の展開が読みにくい状況になってしまったともいえそうだ。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

sutisenkyo
ミャンマーで歴史的な政権交代へ。だがスー・チー氏にとっては過大山積

 50年以上にわたって軍による独裁政権が続いてきたミャンマーで2015年11月8 …

bunen02
タバコのない五輪が微妙な状況に。完全禁煙はもちろん分煙についても異論が続出

 厚生労働省が導入を検討している本格的な受動喫煙対策について、自民党内で反対意見 …

bostonterro
連続爆破テロの犯人を拘束。重傷を負っており、テロによる負傷者と同じ病院に搬送

 米ボストン市警察は4月19日、ボストン・マラソン連続爆破テロ事件の容疑者である …

no image
日本の富裕層は124万世帯。格差拡大はこれからが本番?

 コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループは2014年6月 …

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …

casutorofideru
キューバで行われた米調査機関による非公式世論調査。その結果は?

 米国との国交正常化交渉が進むキューバで実施された「非公式」世論調査の結果が話題 …

yamaguchiabe
軽減税率は加工食品まで含める形で最終調整。公明が譲れない理由

 消費税10%への引き上げに伴って導入が検討されている軽減税率について、自民・公 …

nichigin04
マイナス金利の影響がじわじわと消費者に波及。投信手数料引き上げや年金減額も

 マイナス金利の消費者への転嫁がじわじわと進んでいる。普通預金の口座にマイナス金 …

intelbaytrail
インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決 …

no image
税収上振れで1兆5000億円近い剰余金。使い道をめぐって攻防が激化?

 財務省は2014年7月3日、2013年度決算概要を発表した。それによると、一般 …