ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財務省が物価連動国債を個人にも解禁。足元では金利低下が続いているが・・

 

 財務省は2014年5月13日、物価連動国債の個人保有を2015年1月から解禁すると発表した。これまで機関投資家に限定していた物価連動債が個人でも買えるようになる。

mof02

 物価連動債は物価に応じて元本が変動する国債。通常の国債は戻ってくる元本は変化しないので、インフレになった場合には投資家は損をしてしまう。だが物価連動債は、インフレになっても元本が増えるので物価が上がっても投資家は損をしない。

 アベノミクスが効果を上げてきたことで、日本はデフレからインフレに転換しつつある。このままインフレが進めば、国債の保有者は損失を抱えることになるので、市場からは発行を促す声が上がっていた。

 物価連動国債は2003年に導入されたが、当時はデフレの真っ最中。インフレで得をするどころか、元本割れのリスクが指摘され、2008年以降は発行を停止していた。昨年10月から発行が再開され、昨年度は合計6000億円の発行が行われている。
  物価連動国債の発行残高は2兆6000億円ほどしかなく、850兆円にもなる総発行残高のごくわずかでしかない。また、2014年度は約180兆円の国債を発行する予定だが、このうち物価連動債は1兆2000億円程度で、新規に発行する国債についても0.7%程度の割合である。

 ただ諸外国では、英国のように20%以上が物価連動債になっているところもあり、インフレに転換した日本においても、投資家からの リクエストが高まってくる可能性は高い。一方で、物価連動債をあまり積極的に宣伝しすぎると、インフレを容認していると捉えられる可能性もあり、取り扱いが難しい。

 もっとも足元では、まったく逆の動きが起こっている。量的緩和が継続中であるにもかかわらず、金利の低下が続いており、10年債の利回りは0.6%に迫っている。だが、この動きは金利上昇のマグマが溜まっていると解釈することもできる。

 財務省としては、徐々に物価連動債の発行を増やし、市場からの信認を獲得しつつ、すでに発行された通常の国債については、マイルドなインフレによって実質的な債務水準を減らしていきたいところだろうが、果たしてどうなるだろうか?

 - 経済 , , ,

  関連記事

factory01
製造業の就業者が減少との調査結果。だが減っているのは製造業だけではない

 総務省は2月1日、2012年12月分の労働力調査の結果を発表した。それによると …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

googlecar01
Googleが自動車の自動運転システムを5年以内に実用化。その本当の狙い

 米Googleが自動車の自動運転の実用化にほぼメドをつけた。  同社は8月に、 …

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …

euhonbu00
欧州が緊縮策から方向転換?世界はリーマンショック以前に逆戻り

 これまで緊縮財政一辺倒だった欧州委員会(EU)が方向転換を図っている。スペイン …

usakoyoutoukei201503
米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り …

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …