ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財務省が物価連動国債を個人にも解禁。足元では金利低下が続いているが・・

 

 財務省は2014年5月13日、物価連動国債の個人保有を2015年1月から解禁すると発表した。これまで機関投資家に限定していた物価連動債が個人でも買えるようになる。

mof02

 物価連動債は物価に応じて元本が変動する国債。通常の国債は戻ってくる元本は変化しないので、インフレになった場合には投資家は損をしてしまう。だが物価連動債は、インフレになっても元本が増えるので物価が上がっても投資家は損をしない。

 アベノミクスが効果を上げてきたことで、日本はデフレからインフレに転換しつつある。このままインフレが進めば、国債の保有者は損失を抱えることになるので、市場からは発行を促す声が上がっていた。

 物価連動国債は2003年に導入されたが、当時はデフレの真っ最中。インフレで得をするどころか、元本割れのリスクが指摘され、2008年以降は発行を停止していた。昨年10月から発行が再開され、昨年度は合計6000億円の発行が行われている。
  物価連動国債の発行残高は2兆6000億円ほどしかなく、850兆円にもなる総発行残高のごくわずかでしかない。また、2014年度は約180兆円の国債を発行する予定だが、このうち物価連動債は1兆2000億円程度で、新規に発行する国債についても0.7%程度の割合である。

 ただ諸外国では、英国のように20%以上が物価連動債になっているところもあり、インフレに転換した日本においても、投資家からの リクエストが高まってくる可能性は高い。一方で、物価連動債をあまり積極的に宣伝しすぎると、インフレを容認していると捉えられる可能性もあり、取り扱いが難しい。

 もっとも足元では、まったく逆の動きが起こっている。量的緩和が継続中であるにもかかわらず、金利の低下が続いており、10年債の利回りは0.6%に迫っている。だが、この動きは金利上昇のマグマが溜まっていると解釈することもできる。

 財務省としては、徐々に物価連動債の発行を増やし、市場からの信認を獲得しつつ、すでに発行された通常の国債については、マイルドなインフレによって実質的な債務水準を減らしていきたいところだろうが、果たしてどうなるだろうか?

 - 経済 , , ,

  関連記事

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

no image
アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。  会 …

billgates
マイクロソフトのトップ交代。ゲイツ氏は退任ではなく、実は現場復帰?

 米マイクロソフトは2014年2月4日、同社のナデラ上級副社長が最高経営責任者( …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

roujin03
イタリアで若者のために高齢者の早期退職を促す動き。だが社会全体の負担は増加?

 改正高齢者雇用安定法の施行によって、日本では生涯を通じて働くことが可能になって …

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …

graph
市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …