ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財務省が物価連動国債を個人にも解禁。足元では金利低下が続いているが・・

 

 財務省は2014年5月13日、物価連動国債の個人保有を2015年1月から解禁すると発表した。これまで機関投資家に限定していた物価連動債が個人でも買えるようになる。

mof02

 物価連動債は物価に応じて元本が変動する国債。通常の国債は戻ってくる元本は変化しないので、インフレになった場合には投資家は損をしてしまう。だが物価連動債は、インフレになっても元本が増えるので物価が上がっても投資家は損をしない。

 アベノミクスが効果を上げてきたことで、日本はデフレからインフレに転換しつつある。このままインフレが進めば、国債の保有者は損失を抱えることになるので、市場からは発行を促す声が上がっていた。

 物価連動国債は2003年に導入されたが、当時はデフレの真っ最中。インフレで得をするどころか、元本割れのリスクが指摘され、2008年以降は発行を停止していた。昨年10月から発行が再開され、昨年度は合計6000億円の発行が行われている。
  物価連動国債の発行残高は2兆6000億円ほどしかなく、850兆円にもなる総発行残高のごくわずかでしかない。また、2014年度は約180兆円の国債を発行する予定だが、このうち物価連動債は1兆2000億円程度で、新規に発行する国債についても0.7%程度の割合である。

 ただ諸外国では、英国のように20%以上が物価連動債になっているところもあり、インフレに転換した日本においても、投資家からの リクエストが高まってくる可能性は高い。一方で、物価連動債をあまり積極的に宣伝しすぎると、インフレを容認していると捉えられる可能性もあり、取り扱いが難しい。

 もっとも足元では、まったく逆の動きが起こっている。量的緩和が継続中であるにもかかわらず、金利の低下が続いており、10年債の利回りは0.6%に迫っている。だが、この動きは金利上昇のマグマが溜まっていると解釈することもできる。

 財務省としては、徐々に物価連動債の発行を増やし、市場からの信認を獲得しつつ、すでに発行された通常の国債については、マイルドなインフレによって実質的な債務水準を減らしていきたいところだろうが、果たしてどうなるだろうか?

 - 経済 , , ,

  関連記事

tenanmon
中国が2012年GDP値を発表。中国の爆発的成長は終了し、今後は普通の経済成長へ

 中国国家統計局は18日、2012年のGDP(国内総生産)を発表した。実質GDP …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

niinami
ローソン新浪氏を社長に招聘したサントリー。長年の「迷い」を断ち切ることができるのか?

 サントリーホールディングスは、ローソン会長の新浪剛史氏を10月1日付けで社長に …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

nichigin04
日銀が物価目標の再度先送りを検討中。実施されれば何と5回目

 日銀が今月開催する金融政策決定会合において物価目標の見通しを引き下げ、物価目標 …

jack ma
アリババが上場後初の決算を発表。市場拡大を取り込み業績は順調

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2014年11月4日、2014年7~ …

shogakuichinensei
小学1年生、将来就きたい職業には定番が並んでいるが・・・

 化学メーカーのクラレは2015年4月2日、2014年における、小学1年生の「将 …

pinkcrown
ピンク色のクラウンでも覆い隠せない、トヨタが抱えるブランド戦略上の苦悩

 トヨタが昨年12月に発表したピンク色の新型クラウンが話題となっている。堅物のイ …