ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革の原案を提示した。法人税減税は避けては通れない課題と指摘する一方、減税の先行実施を容認する記述も盛り込まれた。改革案は6月にまとめる経済財政運営の基本方針、いわゆる「骨太の方針」に反映されることになるが、減税だけが行われ財源の確保が遅れる可能性も出てきたといえる。

abekeizai201311

 原案では、国際競争力の強化や外資の誘致のためには「法人税の減税は避けては通れない課題」と指摘。国際的に見て高いとされる法人税を引き下げるべきとしている。

 一方で、法人税の負担が一部の黒字法人に偏っているという現状も指摘しており、課税ベースを拡大し、広く薄く法人税を課税することを求めている。また日本の財政再建は重要な課題であるとし、法人税の減税には恒久財源の手当が必要であるとの指摘も行っている。

 ただ原案には「単年度での税収中立である必要はない」という記述が盛り込まれており、場合によっては減税を先行させることについて容認した形となっている。

 法人税の減税は安倍首相が強く望んでいるほか、財界からの強い要望がある。ただ、日本の法人税は高いといわれているが、実は様々な優遇措置があり、実際に企業が負担している税率はもっと低いという指摘もある。
 こうした税の優遇措置は、特定の企業や業界だけが対象になっているものが多く、税の公平性という点から批判が出ている。また法人税を減税してしまうと、税収が一気に減ってしまう可能性があるため、現実的なプランとして、優遇措置の廃止と減税をセットにするやり方が浮上している。

 多くの企業にとって総論は賛成と考えられるが、自社の優遇措置がなくなる部分については、それぞれの企業が強く反発する可能性が高い。このため課税ベースの拡大を実際に導入するためには、利害関係の調整にかなりの手間がかかることも予想される。

 今回、減税先行を容認する記述が盛り込まれたことで、とりあえず減税のみをスタートするというやり方が現実的になってきた。市場に対するアピールという意味では効果があると考えられるが、いつまでも経っても優遇税制の見直しが進まず、財政再建が遅れるリスクもある。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

takusin
タイで再びタクシン派と反タクシン派の政治対立が激化。タイ政治の日本との共通点とは

 タイで再び政治対立が激化している。タイ国会で与党が提出した恩赦法案に対して野党 …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

shukinnpeijouge
中国の外交儀礼におけるルールはシンプル。どちらが格上でどちらが格下か!

 何よりもメンツと格式。中国における外交儀礼の基本はこの2つだといわれる。中国の …

Conde Nast Building
ニューヨークの景観論争で浮き彫りになった?日本の規制の実態

 ニューヨークの超高層ビルの看板をめぐってちょっとした論争が起こっている。場所は …

tokei
通貨高でもスイスの時計輸出は絶好調。かつての日本もそうだった

 スイスの2014年における時計輸出額が過去最高を記録した。スイスの中央銀行は2 …

seifusenyouki
安倍首相が米国訪問に出発。日本側だけが大はしゃぎで米国側は無関心

 安倍首相は21日夕方、オバマ大統領との首脳会談を行うため、政府専用機で首都ワシ …

carter
米次期国防長官は、実務官僚で経験豊富なカーター氏に落ち着く?

 辞任が決まっているヘーゲル米国防長官の後任に、前国防副長官のアシュトン・カータ …

hongkong
香港を飲み込むはずがむしろ逆効果に。中国による香港統治政策は失敗?

 香港大学は27日、香港人の意識調査の結果を発表した。それによると、自 らを「香 …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

abe20141125
盛り上がる解散の「大義」に関する論争。結論は選挙の結果次第?

 衆議院を解散する「大義」に関する議論が活発になっている。野党側が「アベノミクス …