ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資は製造業主導で大幅な伸び。期末要因なのか設備投資復活なのか?

 

 内閣府は2014年5月19日、3月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比で19.1%と大幅な増加となった。これは事前の予想を大きく上回っている。内閣府では先月、基調判断を「増加傾向にある」から「増加傾向に足踏みが見られる」に下方修正していたが、再び「増加傾向にある」と上方修正した。

 kousakukiki このところ機械受注統計はブレが大きい状態が続いていた。2013年11月は前月比で6.5%増、12月は12.1%減、1月は8.1%増、2月は4.6%減、そして3月は19.1%の大幅増であった。変動の中間値を取ると、横ばいか減少に転じたように見えていたが、今月はそのトレンドを大きく突き抜けた格好となった。

 来月は反動減も予想されるが、その落ち込みが一定範囲に収まれば、設備投資が上向きトレンドに変化した可能性が高まってくる。

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。昨年から今年の初めにかけては大型の公共事業が続いていたこともあり、非製造業の設備投資が顕著であった。
 一方、製造業の設備投資は工場の国外移転もあり冴えない状況が続いていたが、今月の数字は製造業が大きく貢献する形になった。製造業の伸びは23.7%、これに対して非製造業は8.5%である。

 電機や自動車など主要産業での設備投資が活発になったほか、期末ということもあり、その他の分野でも顕著な伸びが見られた。非製造業では通信業が20%台の伸びを示している。

 3月は消費税の駆け込み需要があり、個人消費は活発だった。だが企業の設備投資については、消費増税によってそのタイミングが変わるとは考えにくく、大幅な伸びは消費増税の影響ではない。今後、注目されるのは、今回の伸びが期末要因なのか、それとも今後、継続的に製造業の設備投資が増加する兆候なのかという点である。

 来月以降、反動による減少が一定範囲にとどまることになれば、継続的な設備投資拡大への期待が高まってくる。一方、落ち込みが激しいようだと、従来の傾向が継続することになってしまう。明確な方向性を知るには、来月の統計結果を待つ必要がありそうだ。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
2年連続で過去最大の貿易赤字を更新。日本がインフレになるのはいつか?

 財務省は22日、2012年度上半期(4月~9月)の貿易統計を発表した。それによ …

kokusaishushi201303
日本の経常収支。マスコミ報道では「黒字激減」だが、足元の状況は少し異なる

 財務省は5月10日、3月の国際収支を発表した。貿易収支は2194億円の赤字だが …

capitolhill
米国議会が予算と債務上限をめぐるチキンレースを繰り返せる背景とは?

 米議会下院は9月29日、オバマ大統領が推進する医療保険改革法の実施を1年遅らせ …

bukkajoushou
足元で東大物価指数が急上昇。急激な円安で消費者がとうとう値上げを受け入れ?

 足元で物価が再上昇する兆しが見えてきた。東京大学が中心となって作成した東大物価 …

detacenta
米IT企業の株価に潮目の変化?クラウドが基幹システム分野にシフト

 米国IT企業の株価に質的変化が起きている。一部のIT企業の株価が7~9月期決算 …

jinkochinoibm
メガバンクで人工知能の活用が本格化。新産業革命の時代はすぐそこ?

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化している。制約条件の多い銀行業務での …

hongkongcash
香港で現金輸送車から2億円バラマキ。輸送を請け負っていたのは、著名な民間軍事会社

 クリスマスイブの24日、香港の繁華街で現金輸送車から大量の現金が落下し、通行人 …

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …

okane03
国際的な租税回避地を使った脱税者リスト。日本人のものは多くが空振り?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が公表したタックスヘイブン(租税回避 …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …