ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資は製造業主導で大幅な伸び。期末要因なのか設備投資復活なのか?

 

 内閣府は2014年5月19日、3月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比で19.1%と大幅な増加となった。これは事前の予想を大きく上回っている。内閣府では先月、基調判断を「増加傾向にある」から「増加傾向に足踏みが見られる」に下方修正していたが、再び「増加傾向にある」と上方修正した。

 kousakukiki このところ機械受注統計はブレが大きい状態が続いていた。2013年11月は前月比で6.5%増、12月は12.1%減、1月は8.1%増、2月は4.6%減、そして3月は19.1%の大幅増であった。変動の中間値を取ると、横ばいか減少に転じたように見えていたが、今月はそのトレンドを大きく突き抜けた格好となった。

 来月は反動減も予想されるが、その落ち込みが一定範囲に収まれば、設備投資が上向きトレンドに変化した可能性が高まってくる。

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。昨年から今年の初めにかけては大型の公共事業が続いていたこともあり、非製造業の設備投資が顕著であった。
 一方、製造業の設備投資は工場の国外移転もあり冴えない状況が続いていたが、今月の数字は製造業が大きく貢献する形になった。製造業の伸びは23.7%、これに対して非製造業は8.5%である。

 電機や自動車など主要産業での設備投資が活発になったほか、期末ということもあり、その他の分野でも顕著な伸びが見られた。非製造業では通信業が20%台の伸びを示している。

 3月は消費税の駆け込み需要があり、個人消費は活発だった。だが企業の設備投資については、消費増税によってそのタイミングが変わるとは考えにくく、大幅な伸びは消費増税の影響ではない。今後、注目されるのは、今回の伸びが期末要因なのか、それとも今後、継続的に製造業の設備投資が増加する兆候なのかという点である。

 来月以降、反動による減少が一定範囲にとどまることになれば、継続的な設備投資拡大への期待が高まってくる。一方、落ち込みが激しいようだと、従来の傾向が継続することになってしまう。明確な方向性を知るには、来月の統計結果を待つ必要がありそうだ。

 - 経済 ,

  関連記事

sonycity
REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?

 REIT(不動産投資信託)の増資と物件取得が相次いでいる。国内では最大級のRE …

lng2
米国が天然ガスの日本輸出を許可。これが経済や政治にもたらすインパクトは大きい

 米エネルギー省は5月17日、日本に対する天然ガスの輸出を許可すると発表した。テ …

mof
2014年度予算編成がスタート。別枠のバラマキ予算があり、最終的には96兆円規模か?

 2014年度予算の概算要求基準が8月8日、閣議了解された。各省は8月末までに概 …

trumporder
トランプ大統領がとうとう日本の為替政策を批判。市場はショックもある意味では想定内

 トランプ米大統領がとうとう日本の為替政策について批判を展開した。これまでの発言 …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

mama
子供がいると女性は不幸?内閣府の調査結果は日本社会の現状をよく表している

 内閣府経済社会総合研究所は、幸福度が子供の存在によってどのような影響を受けてい …

kosakukiki
円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

nichigin04
長期金利が0.5%割れ。量的緩和策スタート時の水準に戻る

 日本の長期金利が一段と低下している。10年物国債の利回りは約1年半ぶりに0.5 …

kyuryo
給与増で法人税減税措置。だが多くの企業で給料が増えることはない

 自民党税制調査会は8日、給与を増額した企業に対して法人税を減額する新たな制度を …