ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資は製造業主導で大幅な伸び。期末要因なのか設備投資復活なのか?

 

 内閣府は2014年5月19日、3月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比で19.1%と大幅な増加となった。これは事前の予想を大きく上回っている。内閣府では先月、基調判断を「増加傾向にある」から「増加傾向に足踏みが見られる」に下方修正していたが、再び「増加傾向にある」と上方修正した。

 kousakukiki このところ機械受注統計はブレが大きい状態が続いていた。2013年11月は前月比で6.5%増、12月は12.1%減、1月は8.1%増、2月は4.6%減、そして3月は19.1%の大幅増であった。変動の中間値を取ると、横ばいか減少に転じたように見えていたが、今月はそのトレンドを大きく突き抜けた格好となった。

 来月は反動減も予想されるが、その落ち込みが一定範囲に収まれば、設備投資が上向きトレンドに変化した可能性が高まってくる。

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。昨年から今年の初めにかけては大型の公共事業が続いていたこともあり、非製造業の設備投資が顕著であった。
 一方、製造業の設備投資は工場の国外移転もあり冴えない状況が続いていたが、今月の数字は製造業が大きく貢献する形になった。製造業の伸びは23.7%、これに対して非製造業は8.5%である。

 電機や自動車など主要産業での設備投資が活発になったほか、期末ということもあり、その他の分野でも顕著な伸びが見られた。非製造業では通信業が20%台の伸びを示している。

 3月は消費税の駆け込み需要があり、個人消費は活発だった。だが企業の設備投資については、消費増税によってそのタイミングが変わるとは考えにくく、大幅な伸びは消費増税の影響ではない。今後、注目されるのは、今回の伸びが期末要因なのか、それとも今後、継続的に製造業の設備投資が増加する兆候なのかという点である。

 来月以降、反動による減少が一定範囲にとどまることになれば、継続的な設備投資拡大への期待が高まってくる。一方、落ち込みが激しいようだと、従来の傾向が継続することになってしまう。明確な方向性を知るには、来月の統計結果を待つ必要がありそうだ。

 - 経済 ,

  関連記事

microsofthead
ダウは1万8000ドル回復だが、IT企業の決算が冴えず、投資家は依然慎重

 米国IT企業各社の決算が今ひとつの状況となっている。絶対値としてそれほど悪い数 …

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

imf201601
IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した …

bbcclass
英国で新しい「階級」区分が話題に。だがその内容は少々脱力系

 現代でも階級制度が色濃く残る英国において、新しい「階級」区分がちょっとした話題 …

sumahobunkai
東京五輪で廃スマホから金メダルを作るプランが浮上。資源再利用都市をアピール

 東京オリンピックで選手に授与されるメダルをスマホから作るというプランが浮上して …

mothers
従来の説はほとんどウソだった。日本でベンチャー企業が発達しない本当の理由。

 日本でベンチャー振興が叫ばれてから久しいが、一向にベンチャー企業が盛り上がる気 …

zaiseishuusi
政府が財政収支の試算を公表。2020年度PB黒字化は達成困難に

 政府は2014年7月25日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。日本政 …

ieren02
イエレン議長初のFOMC。結局のところ米国経済は好調。利上げは近い

 イエレン氏のFRB(連邦準備制度理事会)議長就任後初めてとなるFOMC(連邦公 …