ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

最低賃金を2500円にする国民投票を行ったスイスの驚くべき実態とは

 

 最低賃金を何と2500円にするという驚くべき国民投票がスイスで行われた。結果は否決となってしまったが、驚くべきなのは、スイスではほとんどの労働者がこの水準の時給をもらっているという現実である。圧倒的に豊かなスイスの国情が背景にあり、残念ながらスイスの動きはあまり参考にはならないようだ。

swis201405

 スイスには現在のところ最低賃金の制度はない。今回の国民投票は、最低賃金を22スイスフラン(約2500円)に設定するというもので、緑の党や社会党など左派勢力の主導で実現にこぎ着けた。結果は否決となり、この制度は導入されないことになったが、高額な最低賃金の設定は世界中で話題となった。

 これまで包括的な最低賃金制度がなかったドイツでの導入が決定したり、米オバマ政権が最低賃金の引き上げを主張するなど、このところ賃金をめぐる論争が活発になっている。その背景には全世界的に顕著になっているディスインフレの傾向がある。
 米国を中心に各国は緩和的な政策を続けているにもかかわらず、思いのほかインフレ率が上昇しないという状況が続いている。一部の専門家は、賃金を上昇させ、中間層の購買力を厚くすれば、こうした状況を改善できると主張している。

 ただドイツにしても米国にしても、いろいろと問題はあるにせよ、足元の経済が好調という共通点がある。スイスにいたっては、圧倒的な豊かさを誇る国であり、この状況をそのまま日本など他国に応用することは難しそうだ。

 何とスイスでは、最低賃金制度がないものの、ほとんどの労働者がこの水準以上の賃金を得ているという。つまり今回提案された最低賃金は、現状を追認したものに過ぎないというのである。おそらくこれは本当で、スイスの一人当たりのGDPは約8万1000ドルとなっており、何と日本の2倍以上もある。多くの労働者が2500円以上の時給を得ていてもおかしくない。

 スイスは金融と超高付加価値製造業を主力としており、非常に豊かである。一方、教育は実務重視型で豊富な職業訓練教育制度が整備されている。このためスイスの失業率は2.8%と極めて低い水準に抑えられている。スイスの大学進学率は45%と、欧州では異常な低さである。豊富な職業訓練制度と十分なレベルの雇用があるため、大学進学へのニーズがあまりないと考えられる。
 やはり賃上げには原資が必要だということをスイスの事例は物語っているのかもしれない。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

shudempsey
デンプシー米統合参謀本部議長が習近平氏と会談。米中のアジア戦略交渉がスタート?

 中国の習近平国家主席は4月23日、中国を訪問している米国のデンプシー統合参謀本 …

obamaegypt02
デモ排除で多数の死者が出ても、米国がエジプトへの軍事支援を簡単にやめられないワケ

 エジプトのモルシ前大統領を支持するデモ隊に対してエジプト軍が強制排除を行い多数 …

amarikaiken
甘利氏の「予想」通りGDPは上方修正。発言の何が問題なのか?

 内閣府は2015年12月8日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)改定値 …

glp
J-REITが日経平均をはるかに上回るパフォーマンス。背景にあるのはインフレ期待?

 不動産投資信託(J-REIT)が好調だ。年初850円前後だった東証REIT指数 …

tokyotower02
円安で訪日外国人客が急増。ただし、国際的に見ると日本への観光客は異常に少ない

 日本政府観光局(JNTO)は5月22日、4月における訪日外国人客数を発表した。 …

abeyosaninkai201402
首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考 …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

sharp
シャープが鴻海との交渉打ち切り。予想通りで市場関係者に驚きはなし

 経営再建中のシャープが、鴻海(ホンハイ)精密工業との出資交渉を打ち切ることにな …

toshiba03
東芝がようやく決算を発表。だが根本的な問題は何も解決していない

 不正会計問題で決算発表を延期していた東芝は2015年9月7日、2015年3月期 …