ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

最低賃金を2500円にする国民投票を行ったスイスの驚くべき実態とは

 

 最低賃金を何と2500円にするという驚くべき国民投票がスイスで行われた。結果は否決となってしまったが、驚くべきなのは、スイスではほとんどの労働者がこの水準の時給をもらっているという現実である。圧倒的に豊かなスイスの国情が背景にあり、残念ながらスイスの動きはあまり参考にはならないようだ。

swis201405

 スイスには現在のところ最低賃金の制度はない。今回の国民投票は、最低賃金を22スイスフラン(約2500円)に設定するというもので、緑の党や社会党など左派勢力の主導で実現にこぎ着けた。結果は否決となり、この制度は導入されないことになったが、高額な最低賃金の設定は世界中で話題となった。

 これまで包括的な最低賃金制度がなかったドイツでの導入が決定したり、米オバマ政権が最低賃金の引き上げを主張するなど、このところ賃金をめぐる論争が活発になっている。その背景には全世界的に顕著になっているディスインフレの傾向がある。
 米国を中心に各国は緩和的な政策を続けているにもかかわらず、思いのほかインフレ率が上昇しないという状況が続いている。一部の専門家は、賃金を上昇させ、中間層の購買力を厚くすれば、こうした状況を改善できると主張している。

 ただドイツにしても米国にしても、いろいろと問題はあるにせよ、足元の経済が好調という共通点がある。スイスにいたっては、圧倒的な豊かさを誇る国であり、この状況をそのまま日本など他国に応用することは難しそうだ。

 何とスイスでは、最低賃金制度がないものの、ほとんどの労働者がこの水準以上の賃金を得ているという。つまり今回提案された最低賃金は、現状を追認したものに過ぎないというのである。おそらくこれは本当で、スイスの一人当たりのGDPは約8万1000ドルとなっており、何と日本の2倍以上もある。多くの労働者が2500円以上の時給を得ていてもおかしくない。

 スイスは金融と超高付加価値製造業を主力としており、非常に豊かである。一方、教育は実務重視型で豊富な職業訓練教育制度が整備されている。このためスイスの失業率は2.8%と極めて低い水準に抑えられている。スイスの大学進学率は45%と、欧州では異常な低さである。豊富な職業訓練制度と十分なレベルの雇用があるため、大学進学へのニーズがあまりないと考えられる。
 やはり賃上げには原資が必要だということをスイスの事例は物語っているのかもしれない。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

bukkajoushou
コアコア指数もとうとうプラス転換。輸入価格の上昇でとうとう本格的インフレがスタート?

 日本経済は長期にわたるデフレが終了し、インフレへの転換が始まった可能性が高い。 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

masudahiroya
東京の税収を地方に強制分配せよと主張していた増田氏の立候補で、東京はどうなる?

 東京都知事選挙に増田寛也元総務相が立候補を表明したことで、東京都の税収が地方に …

abeicshiba201409
地方創世の具体策検討開始。だが基本戦略でコンセンサスは得られているのか?

 政府は2014年9月19日、地方創世について有識者の意見を集める「まち・ひと・ …

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …

shupaku
北朝鮮大幅譲歩の背後にある中韓の蜜月関係と米国の影響力低下

 北朝鮮をめぐる国際情勢が大きく動き始めている。背景にあるのは、中国の台頭と米国 …

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …

nyse03
ダウがとうとう1万7000ドルの大台を突破。今後は利上げをにらんだ駆け引きに

 ダウ平均株価が2014年7月3日、とうとう1万7000ドルの大台を突破した。同 …

setubitousi
1月の機械受注はわずかに減少。1~3月期のGDPにはどう影響する?

 内閣府は2015年3月11日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …