ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ホンダがジェット機の量産を開始。あえて選択したイノベーション路線は吉と出るか?

 

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニーは2014年5月20日、小型ジェット機「HondaJet」の量産1号機を公開した。夏には初飛行を行う予定となっている。

hondajet

 ホンダの航空事業参入は、創業者である本田宗一郎氏の悲願であった。構想から半世紀を経て、とうとうその事業が実現する。
 同社が参入したのは、ビジネスジェットの中でも小型機の分野。販売する主な顧客は一般的な航空会社ではなく、企業やレンタル会社、あるいは富裕層の個人といったところになる。

 小型ビジネスジェットの分野では、米セスナ社とブラジルのエンブラエル社が大きなシェアを持っているが、実績がモノをいうこの業界では、新規参入はかなり難しいといわれている。ホンダは、こうした分野に対してイノベーションで対抗しようとしているが、そのひとつが、エンジンの主翼上面配置である。

 一般的なビジネスジェットは、胴体の後部にエンジンを配置している。大型旅客機は主翼にエンジンを装着するものが多いが、エンジンの場所は主翼の下部となっている。主翼上面にエンジンを配置したものは、最近の航空機ではほとんどない。

 ホンダでは、胴体後部の支持構造が不要となり、内部スペースを最大化できるとしている。また、高速飛行時の衝撃波も最小限に抑えることができるとしており、燃費効率が高いという。エンジン本体は、ジェットエンジンでは実績のある米GEとの合弁会社であるGEホンダエアロエンジンズ社から供給を受ける。

 航空業界は安全第一ということもあり、見た目の派手さとは裏腹に非常に保守的な業界体質となっている。当初、ホンダがこのデザインを発表した時には、各社の反応は「なぜわざわざ新しいデザインを採用するのか?」というものだった。今のデザインでとりあえずうまくいっているのだから、あえて変更する必要はないというわけである。

 新しいエンジンは配置は、独自技術を重視するホンダらしい取り組みともいえるし、少々リスキーな試みともいえる。ただ、既存メーカーががっちりとした販売体制を築いていることを考えると、新規参入であるホンダには、このくらいのインパクトが必要なのかもしれない。

 参考価格は450万ドル(約4億5700万円)。同社では年間100機程度の生産を見込んでいる。

 - 経済 ,

  関連記事

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

amari
甘利大臣の「賃上げしない企業は恥ずかしい」という発言は、日本経済に何をもたらすか?

 甘利経済財政再生相は10月19日、テレビ番組に出演し「企業収益が上がっているの …

izumigaden
エイベックスによるJASRAC離脱。独占が崩れるきっかけになるか?

 長年にわたって日本の音楽著作権管理を行ってきた日本音楽著作権協会(JASRAC …

abejosei
安倍首相が配偶者控除の廃止を指示。是非を議論できる段階は過ぎている

 安倍首相は2014年3月19日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議にお …

hondasayama
自動車の国内市場に異変。ホンダは主力工場閉鎖、トヨタは販売戦略を見直し

 自動車メーカーの国内生産や国内販売に異変が起きている。ホンダは主力工場の閉鎖を …

contena
経常収支が2ヶ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?

 財務省は2月8日、2012年の国際収支を発表した。それによると、経常収支は4兆 …

shanhai
日本企業の4社に1社が海外に現地法人を設立。輸出の時代は完全に終わった

 経済産業省は26日、2012年企業活動調査速報を発表した。この中で、日本の製造 …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

yamatochina
ヤマトの新しいサービスは、日本のネット通販の中国販路拡大に寄与するか?

 宅配大手のヤマトホールディングスは2014年3月24日、日本のネット通販事業者 …

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …