ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ホンダがジェット機の量産を開始。あえて選択したイノベーション路線は吉と出るか?

 

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニーは2014年5月20日、小型ジェット機「HondaJet」の量産1号機を公開した。夏には初飛行を行う予定となっている。

hondajet

 ホンダの航空事業参入は、創業者である本田宗一郎氏の悲願であった。構想から半世紀を経て、とうとうその事業が実現する。
 同社が参入したのは、ビジネスジェットの中でも小型機の分野。販売する主な顧客は一般的な航空会社ではなく、企業やレンタル会社、あるいは富裕層の個人といったところになる。

 小型ビジネスジェットの分野では、米セスナ社とブラジルのエンブラエル社が大きなシェアを持っているが、実績がモノをいうこの業界では、新規参入はかなり難しいといわれている。ホンダは、こうした分野に対してイノベーションで対抗しようとしているが、そのひとつが、エンジンの主翼上面配置である。

 一般的なビジネスジェットは、胴体の後部にエンジンを配置している。大型旅客機は主翼にエンジンを装着するものが多いが、エンジンの場所は主翼の下部となっている。主翼上面にエンジンを配置したものは、最近の航空機ではほとんどない。

 ホンダでは、胴体後部の支持構造が不要となり、内部スペースを最大化できるとしている。また、高速飛行時の衝撃波も最小限に抑えることができるとしており、燃費効率が高いという。エンジン本体は、ジェットエンジンでは実績のある米GEとの合弁会社であるGEホンダエアロエンジンズ社から供給を受ける。

 航空業界は安全第一ということもあり、見た目の派手さとは裏腹に非常に保守的な業界体質となっている。当初、ホンダがこのデザインを発表した時には、各社の反応は「なぜわざわざ新しいデザインを採用するのか?」というものだった。今のデザインでとりあえずうまくいっているのだから、あえて変更する必要はないというわけである。

 新しいエンジンは配置は、独自技術を重視するホンダらしい取り組みともいえるし、少々リスキーな試みともいえる。ただ、既存メーカーががっちりとした販売体制を築いていることを考えると、新規参入であるホンダには、このくらいのインパクトが必要なのかもしれない。

 参考価格は450万ドル(約4億5700万円)。同社では年間100機程度の生産を見込んでいる。

 - 経済 ,

  関連記事

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

rikokkyoudabosu
李克強首相が中国経済の運営に自信。欧米経済の回復を追い風にバブル封じ込めか?

 中国の李克強首相は、大連で開かれている夏季ダボス会議で講演を行い「中国経済のフ …

iwata02
日銀岩田副総裁によれば期待インフレ率は上昇しているというが・・・・

 日銀の岩田副総裁は、経済紙とのインタビューにおいて、日銀の金融政策として実質金 …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

hosino
星野リゾートなど新規REITが続々登場。日本経済の救世主となるか?

 全国にリゾートホテルや旅館を手掛ける星野リゾートが、不動産投資信託(REIT) …

ana787
ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの …

shirakawae
インフレ目標を頑なに拒否する日銀。その主張に説得力がない本当のワケとは?

 日銀の白川総裁は12日都内で会見し、インフレターゲットの導入について「物価も賃 …

hamada
浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014 …

newshaisin
ネット上のニュース配信サービスに参入相次ぐ。だが日本特有のいつもの課題も・・・

 スマホ向けにニュース閲覧アプリを提供するベンチャー企業が相次いでサービスを拡充 …