ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ホンダがジェット機の量産を開始。あえて選択したイノベーション路線は吉と出るか?

 

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニーは2014年5月20日、小型ジェット機「HondaJet」の量産1号機を公開した。夏には初飛行を行う予定となっている。

hondajet

 ホンダの航空事業参入は、創業者である本田宗一郎氏の悲願であった。構想から半世紀を経て、とうとうその事業が実現する。
 同社が参入したのは、ビジネスジェットの中でも小型機の分野。販売する主な顧客は一般的な航空会社ではなく、企業やレンタル会社、あるいは富裕層の個人といったところになる。

 小型ビジネスジェットの分野では、米セスナ社とブラジルのエンブラエル社が大きなシェアを持っているが、実績がモノをいうこの業界では、新規参入はかなり難しいといわれている。ホンダは、こうした分野に対してイノベーションで対抗しようとしているが、そのひとつが、エンジンの主翼上面配置である。

 一般的なビジネスジェットは、胴体の後部にエンジンを配置している。大型旅客機は主翼にエンジンを装着するものが多いが、エンジンの場所は主翼の下部となっている。主翼上面にエンジンを配置したものは、最近の航空機ではほとんどない。

 ホンダでは、胴体後部の支持構造が不要となり、内部スペースを最大化できるとしている。また、高速飛行時の衝撃波も最小限に抑えることができるとしており、燃費効率が高いという。エンジン本体は、ジェットエンジンでは実績のある米GEとの合弁会社であるGEホンダエアロエンジンズ社から供給を受ける。

 航空業界は安全第一ということもあり、見た目の派手さとは裏腹に非常に保守的な業界体質となっている。当初、ホンダがこのデザインを発表した時には、各社の反応は「なぜわざわざ新しいデザインを採用するのか?」というものだった。今のデザインでとりあえずうまくいっているのだから、あえて変更する必要はないというわけである。

 新しいエンジンは配置は、独自技術を重視するホンダらしい取り組みともいえるし、少々リスキーな試みともいえる。ただ、既存メーカーががっちりとした販売体制を築いていることを考えると、新規参入であるホンダには、このくらいのインパクトが必要なのかもしれない。

 参考価格は450万ドル(約4億5700万円)。同社では年間100機程度の生産を見込んでいる。

 - 経済 ,

  関連記事

trumpabe01
日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

saujisaruman
サウジアラビアのサルマン国王が1000人を引き連れて異例の来日。背景には強烈な危機感

 サウジアラビアのサルマン国王が2017年3月12日、来日した。13日には安倍首 …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

shanhai
止まらない中国株の下落。昭和30年代の日本市場との類似性

 中国株の下落が止まらない状況が続いている。中国政府は、相次いで株価対策を打ち出 …

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …

tanbo
JA全中が農協改革案を受け入れ。今後は農業従事者のサラリーマン化が進む?

 JA全中(全国農業協同組合中央会)は2015年2月9日、政府・与党がまとめた農 …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …

spain
意外に堅調な欧州経済。スペインには再び投資資金が集まっている

 欧州経済が着実な回復を見せている。ギリシャ債務問題が大きく市場を揺さぶったが、 …