ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

柳井社長が前言撤回?息子が役員に就任したユニクロはホンダの二の舞になるのか?

 

 ユニクロを展開するファーストテイリリングは2日、柳井正会長兼社長の長男で、子会社リンク・セオリー・ジャパン会長の柳井一海氏がグループ執行役員に就任したと発表した。
 一海氏は、ボストン大学大学院でMBA(経営学修士)を取得した後に、投資銀行大手のゴールドマン・サックスに入社。投資銀行部門を経て、リンク社に入社していた。

 柳井会長はかねてから「後継者の世襲は絶対にない」と宣言してきた。だが、一海氏が執行役員に就任したことで、前言撤回なのではという声も上がっている。一方、企業統治をよく知る専門家の中には、さらに別な事態を懸念する向きもある。

 本来、企業統治の理念を考えれば、会社を所有する大株主が経営に関与するのは自然な姿である。大株主の一人である一海氏が会長などに就任して全社を指揮するのは、むしろ自然な成り行きといってよい。一海氏が経営に失敗すれば、自身が何百億円、何千億円もの損失を出すのである。サラリーマン社長の息子がコネで入社するのとは事情が大きく異なる。

 だが、柳井氏はあえてそれを否定してきた。はっきりとした理由は明らかではないが、それは、社会の批判を考慮してのことかもしれない。
 日本社会では、サラリーマン経営者がコネで息子を入社させることと(例えば大手自動車メーカー社長の息子がコネで大手広告代理店に入社するといったケース)、たとえ息子といえども数百億円の出資をしリスクを取った上で経営に参画することの区別があまりついていない。場合によっては、ひとくくりで世襲やコネといって批判されてしまう可能性がある。

 だが批判を恐れ、こうした回りくどいやり方を選択すると、これが大きな悲劇を招くこともある。ホンダその典型的な前例といえる。

 ホンダ創業者の本田宗一郎氏は、柳井氏と同様、常々世襲はしないと公言してきた。実際、息子の博俊氏はホンダに入社はしなかったが、ホンダにレーシングエンジンを提供する株式会社「無限」を設立し、社長に就任した。別会社とはいえ、ホンダがエンジンを買わなければ会社は運営できるわけもなく、同社は事実上ホンダのグループ会社であった。
 なぜそうなったのか。世襲はしないと公言したものの、ホンネでは息子の行く末を心配している本田宗一郎の心情を「配慮」し、周囲の人間がそう仕向けたのである。

 悲劇はそこで起きた。ホンダから出向していた社員が博俊氏の名前を使い、数十億円の不正流用、脱税事件を起こした。いくら部下が犯罪を主導したとはいえ、ハンコをついた社長が「知りませんでした」などという言い訳ができるわけもなく、博俊氏は逮捕され、刑務所に収監されてしまった。

 博俊氏が、正々堂々、ホンダの大株主として経営に参画していれば、このような事態にはならなかっただろう。創業者一族がどう考えようと、周囲にはそれを利用して甘い汁を吸おうとするコバンザメ社員が群がってくる。ホンダから出向した社員は、常々「博俊氏はこう言っている」が口癖で、博俊氏の権威を振りかざし、ホンダから大量の資金援助を引き出していたという。

 柳井氏の次男、康治氏も9月にファストリに入社しているが、もし柳井氏が引退もしくは死去して会社から去ることになれば、皆が「一海氏はこう言っている」「康治氏はああ言っている」といって、社内で吹聴するようになるだろう。

 一海氏と康治氏が会社とはまったく縁のない人生を送るのであれば話は別だが、どんな形であれ会社に入社してしまえば、社内政治から無縁でいることは不可能である。両氏にはなるだけ早いうちから、正式に経営に参画させた方がよい。少なくとも同社に投資する投資家はそう考えるはずだ。

 - 経済

  関連記事

factory01
製造業の就業者が減少との調査結果。だが減っているのは製造業だけではない

 総務省は2月1日、2012年12月分の労働力調査の結果を発表した。それによると …

kaishaho
日本の上場企業はすでに国有企業?懸念されるガバナンス問題

 公的年金による積極的な株式投資の結果、多くの企業で政府が事実上の大株主になって …

teninjikyu
カリフォルニア州の最低賃金は1700円へ。日本は人手不足なのに賃金下落の不思議

 米カリフォルニア州議会は2016年3月28日、最低賃金(時給)を15ドル(17 …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

siemense
GEやシーメンスが相次いでソフト会社を買収。IoT陣営作りは最終段階?

 IoT(モノのインターネット)時代の到来を見据え、世界レベルの業界再編が相次い …

toyotaroboto
今更? ウーバー出資や2足歩行ロボット買収など、トヨタに漂う出遅れ感

 トヨタが人工知能やシェアリング・エコノミーへの対応を矢継ぎ早に進めている。だが …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …

iwatakikuo
岩田日銀副総裁が物価目標実現の時期について実質的に前言撤回

 日銀の岩田総裁は2014年10月28日の参議院財政金融委員会で、物価目標の実現 …

maxcrunch
外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均 …

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …