ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

柳井社長が前言撤回?息子が役員に就任したユニクロはホンダの二の舞になるのか?

 

 ユニクロを展開するファーストテイリリングは2日、柳井正会長兼社長の長男で、子会社リンク・セオリー・ジャパン会長の柳井一海氏がグループ執行役員に就任したと発表した。
 一海氏は、ボストン大学大学院でMBA(経営学修士)を取得した後に、投資銀行大手のゴールドマン・サックスに入社。投資銀行部門を経て、リンク社に入社していた。

 柳井会長はかねてから「後継者の世襲は絶対にない」と宣言してきた。だが、一海氏が執行役員に就任したことで、前言撤回なのではという声も上がっている。一方、企業統治をよく知る専門家の中には、さらに別な事態を懸念する向きもある。

 本来、企業統治の理念を考えれば、会社を所有する大株主が経営に関与するのは自然な姿である。大株主の一人である一海氏が会長などに就任して全社を指揮するのは、むしろ自然な成り行きといってよい。一海氏が経営に失敗すれば、自身が何百億円、何千億円もの損失を出すのである。サラリーマン社長の息子がコネで入社するのとは事情が大きく異なる。

 だが、柳井氏はあえてそれを否定してきた。はっきりとした理由は明らかではないが、それは、社会の批判を考慮してのことかもしれない。
 日本社会では、サラリーマン経営者がコネで息子を入社させることと(例えば大手自動車メーカー社長の息子がコネで大手広告代理店に入社するといったケース)、たとえ息子といえども数百億円の出資をしリスクを取った上で経営に参画することの区別があまりついていない。場合によっては、ひとくくりで世襲やコネといって批判されてしまう可能性がある。

 だが批判を恐れ、こうした回りくどいやり方を選択すると、これが大きな悲劇を招くこともある。ホンダその典型的な前例といえる。

 ホンダ創業者の本田宗一郎氏は、柳井氏と同様、常々世襲はしないと公言してきた。実際、息子の博俊氏はホンダに入社はしなかったが、ホンダにレーシングエンジンを提供する株式会社「無限」を設立し、社長に就任した。別会社とはいえ、ホンダがエンジンを買わなければ会社は運営できるわけもなく、同社は事実上ホンダのグループ会社であった。
 なぜそうなったのか。世襲はしないと公言したものの、ホンネでは息子の行く末を心配している本田宗一郎の心情を「配慮」し、周囲の人間がそう仕向けたのである。

 悲劇はそこで起きた。ホンダから出向していた社員が博俊氏の名前を使い、数十億円の不正流用、脱税事件を起こした。いくら部下が犯罪を主導したとはいえ、ハンコをついた社長が「知りませんでした」などという言い訳ができるわけもなく、博俊氏は逮捕され、刑務所に収監されてしまった。

 博俊氏が、正々堂々、ホンダの大株主として経営に参画していれば、このような事態にはならなかっただろう。創業者一族がどう考えようと、周囲にはそれを利用して甘い汁を吸おうとするコバンザメ社員が群がってくる。ホンダから出向した社員は、常々「博俊氏はこう言っている」が口癖で、博俊氏の権威を振りかざし、ホンダから大量の資金援助を引き出していたという。

 柳井氏の次男、康治氏も9月にファストリに入社しているが、もし柳井氏が引退もしくは死去して会社から去ることになれば、皆が「一海氏はこう言っている」「康治氏はああ言っている」といって、社内で吹聴するようになるだろう。

 一海氏と康治氏が会社とはまったく縁のない人生を送るのであれば話は別だが、どんな形であれ会社に入社してしまえば、社内政治から無縁でいることは不可能である。両氏にはなるだけ早いうちから、正式に経営に参画させた方がよい。少なくとも同社に投資する投資家はそう考えるはずだ。

 - 経済

  関連記事

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …

skymark03
JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っている …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

tmall2014
上場を控えたアリババが4~6月期の決算を公表。取扱高の拡大で業績は好調

 米国で株式の新規公開(IPO)を予定している中国の電子商取引大手アリババは、2 …

businessman
給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …