ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国がロシアから天然ガスを高価格で大量購入。ウクライナ問題でロシアが優位に?

 

 ロシアと中国が、天然ガス供給に関する大型の長期契約を締結した。ロシアはEUに代わる有力な供給先を確保したことになり、ウクライナ問題に大きな影響を与える可能性がある。

 puticshukinpei201405 ロシアのプーチン大統領は2014年5月20日、中国を訪問し、習近平国家主席と会談した。ロシアと中国は、ロシアが中国に対して、年間最大380億立方メートルの天然ガスをパイプラインで供給する契約を締結した。期間は30年で、総額は4000億ドル(約40兆円)になる。

 この契約締結はロシアにとって非常に意味がある。ロシアはウクライナ問題で国際的に孤立しており、欧州への天然ガス供給の制限をちらつかせて、西側と交渉を進めている。

 だがロシアにとって天然ガスは外貨を獲得できる数少ない手段の一つであり、実際に欧州への供給を制限してしまうと、ロシアにとっても大打撃になってしまう。このタイミングで大口の買い手として中国が名乗りを上げたことで、ロシアはウクライナ問題の交渉を有利に進められるようになった。

 中国向けに輸出する天然ガスは、ロシアが欧州に供給している天然ガスの4分の1の量に相当する。しかも、中国側は千立法メートルあたり350ドルという、ロシア側が希望している価格水準を大筋で受け入れたとみられる。現在、欧州向けの天然ガス価格は400ドル前後、長期契約だともう少し安くなるといわれている。ロシアにとっては欧州とそれほど変わらない価格で中国に輸出できることになる。

 中国とロシアは10年にわたって天然ガスの交渉を続けてきたが、価格面で折り合いがつかず、交渉をまとめることができなかった。今回、このタイミングで契約締結となったのは、中国側がロシアに対して価格面で譲歩したことが主な要因と考えられる。ロシアの苦境をうまく利用し、中国はロシアに対して恩を売った格好だ。

 ロシアは欧州への天然ガス供給を制限しても、十分な額の外貨を稼げるようになった。この契約締結はウクライナ問題をめぐる地政学的な転換点になる可能性がある。

 - 政治 ,

  関連記事

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …

goa
アルジャジーラが米国のTV局を買収。創設者はゴア元副大統領で政治的匂いがプンプン

 カタールに拠点を置くテレビ局アルジャジーラは2日、米国のテレビ局であるカレント …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

karyoku
政府が温暖化ガス26%削減という野心的な目標を設定。ただし老朽原発再稼働と省エネ徹底が大前提

 政府は2015年6月2日、2030年までに温暖化ガスの排出量を2013年比で2 …

siozakinenkin201410
なかなか出てこない年金運用改革案。すでにタイミングを逸したとの声も

 公的年金の運用方針見直しが大幅に遅れている。当初は9月にも新しい方針を打ち出す …

osensui
オリンピック東京招致と福島原発汚染水問題は水面下でつながっている?

 2020年夏季オリンピックの東京招致が成功したが、その背景には、安定した財政基 …

sinjuku
実質賃金は下がっているのに、社会的満足度が過去最高の理由

 内閣府は2017年4月3日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。現在 …

abe20130113
安倍首相の訪米を前に、与党内でTPPをめぐる動きが活発化

 安倍首相の訪米日程が近づいてきたことから、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐ …

jetstar
国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化し …

chinasinkubo
中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2 …