ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ホテルオークラ東京がとうとう建て替えを発表。同社が決断した背景を探る

 

 ホテルオークラは2014年5月23日、同社の旗艦ホテルであるホテルオークラ東京の本館を建て替える方針を明らかにした。東京五輪直前の2019年春の営業再開を目指す。

 hotelohkura ホテルオークラ東京は帝国ホテル、ホテルニューオータニとともに、日本の三大高級ホテルとの一つとされてきた。これらの中でも、米国大使館に隣接するホテルオークラ東京は別格といわれており、外国要人の利用も多い。今年4月に来日したオバマ大統領も、迎賓館での宿泊を断り、オークラに滞在したほどである。

 東京ではこのところ外資系のホテル進出が相次いでおり、国内資本のホテルから顧客が奪われる状況が続いている。同ホテルも開業から50年以上が経過しており、施設の老朽化から客単価の低下が懸念されていた。
 今年の6月には同じ虎ノ門地区において建設が進む高層ビル内に、米ハイアット・ホテルズの「アンダーズ」が開業する予定となっている。アンダーズの開業でもっとも影響を受けるのはオーク ラというのが、業界内での定説だ。

 これまでホテルオークラ東京の建て替えについては何度も取り沙汰されてきたが、同社は建て替えについて慎重な姿勢を崩していなかった。その理由は2つあるといわれている。
 ひとつは、同ホテルの建つ場所が、大倉財閥の邸宅跡であり、同社にとっては命ともいえる場所であること。もうひとつは、虎ノ門という超一等地にありながら、周囲を見下ろす小高い丘になっており、オフィスビルを備えた複合施設の建設には微妙な場所となっていることである。

 都心にありながら、周囲とは隔絶された立地が高級ホテルとしては最高の環境を提供していたわけだが、複合施設となると、それがプラスに作用するとは限らない。

 しかし、隣接地の旧虎ノ門パストラル(東京農林年金会館)は森トラストが買収し、再開発の準備が着々と進んでいる。これらの状況をふまえ、同社は建て替えに踏み切ったものと考えられる。

 新しい施設は、高さが200メートルの高層棟と、80メートルの中層棟の2つのビルからなる。客室数は550室を予定しており、現在の400室より150室増えることになる。高層棟にはオフィスも入居する予定。本館の隣にある別館(約400室)は、現状のまま営業を継続する。

 周辺地域は、同ホテルと米国大使館の存在で独特の雰囲気だったが、新施設開業後は、その風景も大きく変わることになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

sharp
サムスンがシャープに100億出資。シャープもゾンビ企業への第一歩を踏み出したか?

 経営再建中のシャープは6日、韓国サムスン電子(サムスン電子の日本法人)との資本 …

trumporder
トランプ大統領がとうとう日本の為替政策を批判。市場はショックもある意味では想定内

 トランプ米大統領がとうとう日本の為替政策について批判を展開した。これまでの発言 …

bouekitoukei201311
日本の貿易赤字がさらに拡大。だがその主な原因は原発停止ではない

 財務省は12月18日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

swissnb
スイス中銀が突然の為替上限撤廃。ECB量的緩和策直前という最悪のタイミング

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を …

mitsubishi201601
三菱重工に異変?大型客船の巨額損失に続いて、今度は国産ジェットで4度目の納入延期

 日本のもの作りを象徴する企業の一つである三菱重工で、相次いで異変が起こっている …

kousakukiki
7~9月期の設備投資の見通しはいまひとつ。10%増税の判断はいかに?

 内閣府は2014年8月14日、6月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

building
アベノミクスの本質は資産バブル。多くの国民がそう理解している?

 「アベノミクスの効果は不動産に顕著に反映される」-多くの国民がそう考えているこ …

mama
子供がいると女性は不幸?内閣府の調査結果は日本社会の現状をよく表している

 内閣府経済社会総合研究所は、幸福度が子供の存在によってどのような影響を受けてい …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …

no image
ミャンマーとの経済協力で日本は一歩リード。だが手放しでは喜べない

 民主化と経済開放が進みつつあるミャンマーとの経済協力について、日本が他国を一歩 …