ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ホテルオークラ東京がとうとう建て替えを発表。同社が決断した背景を探る

 

 ホテルオークラは2014年5月23日、同社の旗艦ホテルであるホテルオークラ東京の本館を建て替える方針を明らかにした。東京五輪直前の2019年春の営業再開を目指す。

 hotelohkura ホテルオークラ東京は帝国ホテル、ホテルニューオータニとともに、日本の三大高級ホテルとの一つとされてきた。これらの中でも、米国大使館に隣接するホテルオークラ東京は別格といわれており、外国要人の利用も多い。今年4月に来日したオバマ大統領も、迎賓館での宿泊を断り、オークラに滞在したほどである。

 東京ではこのところ外資系のホテル進出が相次いでおり、国内資本のホテルから顧客が奪われる状況が続いている。同ホテルも開業から50年以上が経過しており、施設の老朽化から客単価の低下が懸念されていた。
 今年の6月には同じ虎ノ門地区において建設が進む高層ビル内に、米ハイアット・ホテルズの「アンダーズ」が開業する予定となっている。アンダーズの開業でもっとも影響を受けるのはオーク ラというのが、業界内での定説だ。

 これまでホテルオークラ東京の建て替えについては何度も取り沙汰されてきたが、同社は建て替えについて慎重な姿勢を崩していなかった。その理由は2つあるといわれている。
 ひとつは、同ホテルの建つ場所が、大倉財閥の邸宅跡であり、同社にとっては命ともいえる場所であること。もうひとつは、虎ノ門という超一等地にありながら、周囲を見下ろす小高い丘になっており、オフィスビルを備えた複合施設の建設には微妙な場所となっていることである。

 都心にありながら、周囲とは隔絶された立地が高級ホテルとしては最高の環境を提供していたわけだが、複合施設となると、それがプラスに作用するとは限らない。

 しかし、隣接地の旧虎ノ門パストラル(東京農林年金会館)は森トラストが買収し、再開発の準備が着々と進んでいる。これらの状況をふまえ、同社は建て替えに踏み切ったものと考えられる。

 新しい施設は、高さが200メートルの高層棟と、80メートルの中層棟の2つのビルからなる。客室数は550室を予定しており、現在の400室より150室増えることになる。高層棟にはオフィスも入居する予定。本館の隣にある別館(約400室)は、現状のまま営業を継続する。

 周辺地域は、同ホテルと米国大使館の存在で独特の雰囲気だったが、新施設開業後は、その風景も大きく変わることになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

factory06
9月の中間決算がほぼ出揃う。円安は本当に日本の製造業を復活させているのか?

 9月の中間決算は円安を背景として、製造業を中心に好業績となる企業が目立っている …

shokutaku
家計のエンゲル係数上昇がより顕著に。トランプ経済は日本にとって最後のチャンス?

 家計のエンゲル係数の上昇が顕著となっている。エンゲル係数の上昇には様々な要因が …

nichukanfta
日中韓FTA交渉の第2回会合。すでにTPPに参加した日本は有利な立場に

 日中韓の3カ国で貿易や投資の自由化を目指す、日中韓自由貿易協定(FTA)交渉の …

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

usakoyoutoukei201403
良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

josei
日本の労働力人口は女性フル活用でも大幅減。豊かさの維持には生産性向上が必須

 内閣府は2014年3月12日、長期の労働力人口予測をまとめた。50年後の労働力 …

kokusaishushi201304
空洞化は悪いことばかりではない。海外工場からの利益で4月の経常収支は大幅黒字

 財務省は6月10日、4月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は …

jetstar
国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化し …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …