ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東芝が新経営方針を発表。原発依存リスクからは脱却か?

 

 東芝は2014年5月22日、経営方針説明会を開催し、2017年3月期に売上高7.5兆円を目指す計画を明らかにした。市場で取り沙汰されている原子力事業の追加損失リスクについては、織り込み済みであり、懸念材料にはならないとの見方を示した。

toshiba201405

 同社の2014年3月期の決算は、売上高が6兆5000億円(前年比13.5%増)、営業利益が2900億円(前年比47%増)となったが、純利益は前年比34%減の約500億円にとどまった。
 主な原因は、米テキサス州で進めている原子力発電所の建設が遅れていること。約300億円の損失を計上しており、これが当期利益を大幅に引き下げた。

 東芝は「選択と集中」を基本的な経営戦略に据え、半導体と原子力への特化を進めてきた。2006年には米国の原子炉メーカーであるウェスチングハウス社を約6000億円の資金を使って買収している。
 だが福島原発の事故をきっかけに国内の原発市場は事実上ストップ。海外市場に依存せざるを得ない状況に追い込まれた。海外ではGEなど重電大手が、利益率の高い火力分野へのシフトを進めたことから、原子力分野における東芝の存在感は高まる結果となっている。だが特定分野への集中にはリスクも伴う。

 東芝は、海外での原発シェアを拡大するために、英国の原発運営会社の買収なども行っているが、利用者とメーカーは利益が相反する可能性があり、場合によってはタコが自分の足を食べる状況にもなりかねない。また原発は政治的な動向にも左右されやすく、プロジェクトが頓挫するケースも出てくる可能性がある。リスクの大きい原発に依存する経営については、市場から疑問視する声も上がっていた。

 そんなところに舞い込んできたのが、米国の原発プロジェクトが遅延しているというニュースであった。最終的には約300億円程度の損失にとどまり、市場ではとりあえず安心感が広がっている。同社によると、原発関連事業のうち、すでに多くがメンテナンスなど新規受注ではない部分で占められており、今後はさらに新規受注に依存しない体制を目指すとしている。

 新しい経営計画では2017年3月期の売上高は7.5兆円、営業利益は4500億円と、過去最高水準を目指すとしている。ただ売上高7.5兆円のうち、原子力を含む電力関連は3割を占めている。市場の安心を獲得していくためには、継続的な情報発信が重要だろう。

 - 経済 ,

  関連記事

abeshouhizei
法人減税の急浮上によって、政府内部の財政をめぐる綱引きが激化

  安倍政権が消費税の増税と、これに対応した総額5兆円の経済対策を発表したことで …

gpifpotofori2015
株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォ …

fintech01
スマホの利用履歴で融資の可否を判断。近い将来、銀行は要らなくなる?

 ネットを使った金融サービスの分野に地殻変動が起きようとしている。銀行というビジ …

jobuzu
ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。 …

abeaso
形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、 …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

abe5gatsukeizai
政府と日銀が相次いで景気判断を上方修正。背景には来年4月の消費増税が・・・

 政府や日銀が景気判断の見直しに向けて動き始めた。政府は5月の月例経済報告で景気 …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …