ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フェイスブックが周囲の音を収集解析するサービスを始めた、その本質的意味

 

 SNS大手の米フェイスブックは2014年5月21日、スマホを使って周囲の音を録音し、その内容を解析するサービスを開始すると発表した。

 facebooksound 新しいサービスでは、スマホのマイクを利用して、音楽やテレビ番組など、利用者の周囲の音を収集する。収集された音は解析され、同社のデータベースと照合、合致する曲や番組があれば、その情報を表示してくれる。

 例えば「今、音楽を聴いている」という投稿であれば、流れている音楽の情報を自動的に投稿に付加することができるようになる。利用者にとっては非常に便利なサービスといえるだろう。

 メロディの解析機能自体はすでに提供されているので特に目新しいものではないが、音声解析技術が、日常的、かつ広範囲に適用されるという点において、このサービスは従来のものとは大きく異なっている。

 この技術を使えば、人の会話を録音し、データベースと照合することで、いつ、誰が、どこで何を話したのかについて情報収集を行うことが可能となる。これが実現すると、SNSなどの事業者は、従来とは比較にならないレベルで個人のプライベートな情報を入手できるようになるのだ。

 もちろん、今回提供されるサービスは、希望する時だけマイクのスイッチをオンにするというものなので、いつでも音が収集されるわけではない。また同社では収集した音は蓄積しないとしている。だが収集した音のデータベース化について同社関係者が認めたという報道も一部にはある。

 音声の自動認識機能はかなり普及しているので、利用者の声はアーカイブ化が可能な状況となっている。これに照合機能が加われば、理論的には世界中のスマホから会話内容を収集して分析することが可能となる。この情報は各国の諜報機関にとって、喉から手が出るほど欲しいものだろう。

 こうした情報収集が進めば、個人の移動履歴や会話内容などから、将来の行動をある程度予測できるようになるのは時間の問題である。
 こうした行動予測は、広告のクライアントにとっては宝の山となるだろうし、犯罪予知などにも応用できることになる。一方、個人のプライバシーは完全に筒抜けになることを意味しており、場合によっては大きな社会問題に発展する可能性もある。

 いずれにせよ、スマホによる個人情報の収集が、新しい次元に入りつつあることだけは間違い。同サービスは当面、米国のみの提供となる。

 - 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

itskills
勉強はできるが、ITはまるでダメ。OECDの調査結果が示す日本人の課題

 頭はいいはずなのに、日本はなぜか世界で勝負できない。多くの人が漠然と抱いている …

interu
アップル、インテルなどIT各社が良好な決算。世界経済は回復局面?

 IT企業各社による好調な決算が続いている。背景となっているのはグローバルな景気 …

senryomap
福島原発80キロ圏内外の放射線量マップ。1年で40%の減少は多いのか少ないのか?

 文部科学省は3月1日、東京電力福島第1原発から半径80キロ圏内外で測定した昨年 …

aribabakinyu
シャドーバンキングといっても幅が広い。アリババや百度でも扱っている。

 中国では、いわゆる影の銀行(シャドーバンキング)による過剰融資が大きな問題とな …

no image
渋谷にオープンした女性専用バーが海外メディアで話題に

 渋谷に7月にオープンした女性専用バーが米国の複数メディアで紹介されちょっとした …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

joseikourei
日本女性は再び長寿世界1位に。今後は寿命の「長さ」ではなく「質」にも目を向けるべき

 厚生労働省は7月25日、日本人の平均寿命に関する最新の調査結果を発表した。20 …

murakami
今年もノーベル賞を逃した村上春樹って、そんなにスゴイ作家なの?

 毎年ノーベル文学賞の最有力候補といわれながら、今年も受賞を逃した作家の村上春樹 …

ginonujisshu
現代の奴隷制度ともいわれる外国人技能実習制度の改革は進むのか?

 新興国の外国人を期間限定で受け入れ、働きながら技能を学ぶ「技能実習制度」の改革 …