ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フェイスブックが周囲の音を収集解析するサービスを始めた、その本質的意味

 

 SNS大手の米フェイスブックは2014年5月21日、スマホを使って周囲の音を録音し、その内容を解析するサービスを開始すると発表した。

 facebooksound 新しいサービスでは、スマホのマイクを利用して、音楽やテレビ番組など、利用者の周囲の音を収集する。収集された音は解析され、同社のデータベースと照合、合致する曲や番組があれば、その情報を表示してくれる。

 例えば「今、音楽を聴いている」という投稿であれば、流れている音楽の情報を自動的に投稿に付加することができるようになる。利用者にとっては非常に便利なサービスといえるだろう。

 メロディの解析機能自体はすでに提供されているので特に目新しいものではないが、音声解析技術が、日常的、かつ広範囲に適用されるという点において、このサービスは従来のものとは大きく異なっている。

 この技術を使えば、人の会話を録音し、データベースと照合することで、いつ、誰が、どこで何を話したのかについて情報収集を行うことが可能となる。これが実現すると、SNSなどの事業者は、従来とは比較にならないレベルで個人のプライベートな情報を入手できるようになるのだ。

 もちろん、今回提供されるサービスは、希望する時だけマイクのスイッチをオンにするというものなので、いつでも音が収集されるわけではない。また同社では収集した音は蓄積しないとしている。だが収集した音のデータベース化について同社関係者が認めたという報道も一部にはある。

 音声の自動認識機能はかなり普及しているので、利用者の声はアーカイブ化が可能な状況となっている。これに照合機能が加われば、理論的には世界中のスマホから会話内容を収集して分析することが可能となる。この情報は各国の諜報機関にとって、喉から手が出るほど欲しいものだろう。

 こうした情報収集が進めば、個人の移動履歴や会話内容などから、将来の行動をある程度予測できるようになるのは時間の問題である。
 こうした行動予測は、広告のクライアントにとっては宝の山となるだろうし、犯罪予知などにも応用できることになる。一方、個人のプライバシーは完全に筒抜けになることを意味しており、場合によっては大きな社会問題に発展する可能性もある。

 いずれにせよ、スマホによる個人情報の収集が、新しい次元に入りつつあることだけは間違い。同サービスは当面、米国のみの提供となる。

 - 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

alibaba
アリババはコスト増加で利益減少。同社の競争環境は厳しくなってきた

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年5月7日、2015年1~3 …

no image
オランダで失業保険受給者に無償労働を義務付け。オランダの福祉政策も限界に

 オランダのロッテルダムで、失業保険の給付条件に週1回の無償労働を加える政策が話 …

jenova
ジェノバの港でコンテナ船が管制塔に激突。50メートルの管制塔は完全崩壊

 イタリアのジェノバ港で5月7日、大型のコンテナ船が港の岸壁にある高さ50メート …

kodomohinkon
子供の貧困対策。広告宣伝費に税金2億円をバラ撒き、集まった寄付はわずか2000万円

 子どもの貧困対策として政府が設立した基金が、予想通り、本末転倒な状態となってい …

kindorupaper
いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人 …

doller02
欧州の地下経済比率は平均18.5%。日本は比較的良好といわれるが実態は?

 VISAヨーロッパは5月7日、欧州の地下経済の規模は2兆1000億ユーロ(約2 …

kodomonote
政府が子供の貧困対策を本格化。だが、支援は民間による基金

 政府が貧困家庭の子供に対する支援の強化を検討している。企業や個人に寄付を呼びか …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

alipay
中国のメジャー決済サービスが来年上陸。日本人向けにサービスを展開

 中国のネット通販大手「アリババ」が、決済サービス「アリペイ」を日本国内で展開す …

shujutushitu
がんの5年生存率のデータを公表。部位や地域によってかなりのバラツキ

 国立がん研究センターは2015年9月14日、がん患者の5年生存率のデータを公表 …