ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フェイスブックが周囲の音を収集解析するサービスを始めた、その本質的意味

 

 SNS大手の米フェイスブックは2014年5月21日、スマホを使って周囲の音を録音し、その内容を解析するサービスを開始すると発表した。

 facebooksound 新しいサービスでは、スマホのマイクを利用して、音楽やテレビ番組など、利用者の周囲の音を収集する。収集された音は解析され、同社のデータベースと照合、合致する曲や番組があれば、その情報を表示してくれる。

 例えば「今、音楽を聴いている」という投稿であれば、流れている音楽の情報を自動的に投稿に付加することができるようになる。利用者にとっては非常に便利なサービスといえるだろう。

 メロディの解析機能自体はすでに提供されているので特に目新しいものではないが、音声解析技術が、日常的、かつ広範囲に適用されるという点において、このサービスは従来のものとは大きく異なっている。

 この技術を使えば、人の会話を録音し、データベースと照合することで、いつ、誰が、どこで何を話したのかについて情報収集を行うことが可能となる。これが実現すると、SNSなどの事業者は、従来とは比較にならないレベルで個人のプライベートな情報を入手できるようになるのだ。

 もちろん、今回提供されるサービスは、希望する時だけマイクのスイッチをオンにするというものなので、いつでも音が収集されるわけではない。また同社では収集した音は蓄積しないとしている。だが収集した音のデータベース化について同社関係者が認めたという報道も一部にはある。

 音声の自動認識機能はかなり普及しているので、利用者の声はアーカイブ化が可能な状況となっている。これに照合機能が加われば、理論的には世界中のスマホから会話内容を収集して分析することが可能となる。この情報は各国の諜報機関にとって、喉から手が出るほど欲しいものだろう。

 こうした情報収集が進めば、個人の移動履歴や会話内容などから、将来の行動をある程度予測できるようになるのは時間の問題である。
 こうした行動予測は、広告のクライアントにとっては宝の山となるだろうし、犯罪予知などにも応用できることになる。一方、個人のプライバシーは完全に筒抜けになることを意味しており、場合によっては大きな社会問題に発展する可能性もある。

 いずれにせよ、スマホによる個人情報の収集が、新しい次元に入りつつあることだけは間違い。同サービスは当面、米国のみの提供となる。

 - 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

cop21paris
COP21、途上国も参加する初の協定を採択したが、削減目標は各国まかせ

 パリで開かれていた地球温暖化対策の国連会議COP21は、2015年12月13日 …

kusuri02
混合診療拡大へ。金持ち優遇かどうかという単純論争は本質を見誤らせる可能性あり

 政府は規制改革の一貫として混合診療の拡大に乗り出す。現在、日本では公的保険を適 …

Conde Nast Building
ニューヨークの景観論争で浮き彫りになった?日本の規制の実態

 ニューヨークの超高層ビルの看板をめぐってちょっとした論争が起こっている。場所は …

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …

toppage
オバマ大統領夫人らの個人情報が流出!だが実際はあまり大した話ではなかった

 米連邦捜査局(FBI)は3月12日、ミシェル・オバマ大統領夫人やバイデン副大統 …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

usakoyoutoukei201405
雇用が完全回復しても二極分化が続く米国の状況は、日本の近未来図?

 米労働省は2014年6月6日、5月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

sakamoto
さかもと未明氏のマナー発言が炎上。「正論」だけが幅を利かすグロテスクな光景

 搭乗した飛行機内での騒動を記した雑誌記事が物議を醸していたマンガ家のさかもと未 …