ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フェイスブックが周囲の音を収集解析するサービスを始めた、その本質的意味

 

 SNS大手の米フェイスブックは2014年5月21日、スマホを使って周囲の音を録音し、その内容を解析するサービスを開始すると発表した。

 facebooksound 新しいサービスでは、スマホのマイクを利用して、音楽やテレビ番組など、利用者の周囲の音を収集する。収集された音は解析され、同社のデータベースと照合、合致する曲や番組があれば、その情報を表示してくれる。

 例えば「今、音楽を聴いている」という投稿であれば、流れている音楽の情報を自動的に投稿に付加することができるようになる。利用者にとっては非常に便利なサービスといえるだろう。

 メロディの解析機能自体はすでに提供されているので特に目新しいものではないが、音声解析技術が、日常的、かつ広範囲に適用されるという点において、このサービスは従来のものとは大きく異なっている。

 この技術を使えば、人の会話を録音し、データベースと照合することで、いつ、誰が、どこで何を話したのかについて情報収集を行うことが可能となる。これが実現すると、SNSなどの事業者は、従来とは比較にならないレベルで個人のプライベートな情報を入手できるようになるのだ。

 もちろん、今回提供されるサービスは、希望する時だけマイクのスイッチをオンにするというものなので、いつでも音が収集されるわけではない。また同社では収集した音は蓄積しないとしている。だが収集した音のデータベース化について同社関係者が認めたという報道も一部にはある。

 音声の自動認識機能はかなり普及しているので、利用者の声はアーカイブ化が可能な状況となっている。これに照合機能が加われば、理論的には世界中のスマホから会話内容を収集して分析することが可能となる。この情報は各国の諜報機関にとって、喉から手が出るほど欲しいものだろう。

 こうした情報収集が進めば、個人の移動履歴や会話内容などから、将来の行動をある程度予測できるようになるのは時間の問題である。
 こうした行動予測は、広告のクライアントにとっては宝の山となるだろうし、犯罪予知などにも応用できることになる。一方、個人のプライバシーは完全に筒抜けになることを意味しており、場合によっては大きな社会問題に発展する可能性もある。

 いずれにせよ、スマホによる個人情報の収集が、新しい次元に入りつつあることだけは間違い。同サービスは当面、米国のみの提供となる。

 - 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

no image
英国でビジネスマン出身の大主教が誕生。聖職者もMBA時代到来か?

 英国国教会の最高位の聖職者であるカンタベリー大主教に、ビジネスマン出身者が就任 …

no image
シャープは本来ならアップルの強烈なライバル・メーカーになるはずだった!

 シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と共同で、新型液晶「IGZO」を搭載 …

intelhead
インテルがアルテラを2兆円で買収。金額は割高だが意味のあるM&A

 半導体世界最大手の米インテルは2015年6月1日、半導体のファブレスメーカー( …

gooddesign
グーグルマップの受賞禁止で期せずして注目を浴びたグッドデザイン賞のビジネスモデル

 日本デザイン振興会が2013年度グッドデザイン賞の大賞(内閣総理大臣賞)として …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

amazonbutsuryu
アマゾンがマーケットプレイス商品もお急ぎ便の対象に。楽天との差がさらに拡大?

 アマゾンがロジスティクスの強化を加速させている。マーケットプレイスの商品につい …

dentsu
労働時間を一気に2割削減するという電通の働き方改革は実現可能か?

 新入社員の過労自殺事件を受け、労働基準法違反で起訴された電通が、労働環境改善に …

manindensha
神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている …

hongkong
香港を飲み込むはずがむしろ逆効果に。中国による香港統治政策は失敗?

 香港大学は27日、香港人の意識調査の結果を発表した。それによると、自 らを「香 …

watsonibm
人工知能の本格普及が始まる兆し。これからの時代、知的職業はどう変わるのか?

  米IBMは2014年10月8日、同社の人工知能「ワトソン」を本格普及させるた …