ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マニュアルにないから避難しない。児童74人を見殺しにした教員の信じられない思考回路

 

 東日本大震災の津波で宮城県石巻市立大川小学校の児童74人が死亡した問題で、とうとう文部科学省が支援に乗り出すことになった。地元の教育委員会の検証作業に遺族が不信感を募らせていることが原因。

 文部科学省と遺族、宮城県と石巻市の両教育委員会は、石巻市内で会議を開催した。その席で笠文部科学副大臣は「国が主導して、再発防止につながる検証をする」と明言した。12月にも検証委員会を設置し、来年末までに最終報告をまとめるという。

 この事故は、地震直後に校庭に避難したものの「マニュアルに書いてないことを実施して何かあったら責任問題になる」という理由だけで高台に避難させず、やがて到来した津波で74名もの児童の命が失われたという、にわかには信じられないもの。

 直感的に危機を察知した児童からの「山に早く上がらせて欲しい」との懇願を無視し、教員達はああでもないこうでもないと議論してばかりで、誰も決断できなかったという。父兄が学校に乗り込み、強制的に連れ帰った一部の児童以外は、そのまま津波に飲み込まれて死亡した。

 生き残った教員は雲隠れし、教育委員会による文書の破棄も発覚している。遺族の怒りが頂点に達しており、国がやむなく支援に乗り出した格好だ。

 今回の震災では、多くの自治体に当事者能力がないことが露呈した。大川小学校の事故も、まさに無責任で思考停止した典型的な公務員体質が生み出した悲劇といえる。
 今回、国の指導が入ることで、何らかの報告書が提出され、再発防止策として新しいマニュアルが整備されるだろう。だが、そのマニュアルに書いてない事態が発生すれば「想定外だった」といって同じことが起きるに違いない。
 どんなにマニュアルを整備したところで、そこの人間が本質的に腐っている限り、根本的な解決にはならないのである。

 教育委員会は、地方自治体からも独立しており、市長や県知事ですら指揮命令できないという特殊な存在。このシステムは軍国主義を懸念した米国が日本に導入させたものだが、今となっては軍国主義どころか、公務員の特権を守るための役割しか果たしていない。

 石巻市の教育委員会は、文科省から指導されないと事故の検証作業すらできないらしく(山に避難することもできない教員の集団なのだから驚くにはあたらないが・・・)委員会制度の体を為していない。この際、思い切って解散してみてはどうだろうか?

 - 政治, 社会

  関連記事

no image
日米共同の離島奪還訓練が中止に。米国側も訓練に及び腰だった

 政府は、11月に行われる自衛隊と在日米軍による共同演習において、実施予定であっ …

hatoyamagoten
鳩山元首相が引退を正式表明。巨万の富を持つ「クリーンな」政治家の功罪

 民主党の鳩山由紀夫元首相は21日、北海道苫小牧市で記者会見し、政界を引退するこ …

higasikokubaru
東京人はマジメ?東国原氏が関西に撤退したのは猪瀬氏有利との調査結果がきっかけ

 日本維新の会は、次期衆院選挙において前宮崎県知事の東国原英夫氏を比例単独で近畿 …

iannfugoui
慰安婦問題で日本は全面的に譲歩。振り上げた拳を降ろしただけで交渉は終了

 日韓両政府は2015年12月28日、従軍慰安婦問題について合意に達した。旧日本 …

no image
反日デモはまるで「文化大革命」や「義和団の乱」。当局は反政府運動への転換を危惧

 中国の公安当局が事態の沈静化を図るため、反日デモを押さえ込む方針に転換し始めて …

interviewposter
結果的に宣伝に?北朝鮮ハッカー攻撃を受けたソニーの映画が一転して公開、大盛況に

 北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を題材にしたコメディ映画「ザ・インタ ビュー」 …

ozawaitoro
小沢一郎氏の無罪が最終確定。一連の裁判は日本の民主主義の薄っぺらさを露呈した

 「国民の生活が第一」の小沢一郎代表に対する裁判で小沢氏の無罪が最終確定した。小 …

jinminnippou
中国がとうとう沖縄の領有権まで主張?。米国への危険なラブコールか?

 中国共産党の機関紙である人民日報は5月8日、「沖縄の領有権についてはまだ解決し …

trump201611b
トランプ政権における安全保障面での一部人事案が明らかに。対テロ強硬派が揃う

 トランプ政権の安全保障分野の陣容が徐々に見えてきた。トランプ氏はオバマ大統領を …

sinchounakazuri
やっぱり革命政党?共産党が議員のラブラブ路チュー写真に激怒

 共産党の女性議員の路チュー写真が週刊誌に掲載された件で、共産党が激怒している。 …