ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国政府が、ネットでの言論の自由が保障されているとする白書を公表

 

 中国国務院(中国政府)の新聞弁公室(報道監督を担当する部署)は2014年5月、2013年版中国人権白書を発表した。中国政府は言論の自由を保証する取り組みを積極的に行っているとして、中国では基本的人権が保障されていることを強調している。

weibo2014

 白書は約2万1000字からなり、豊かな生活を送る権利や社会保障を受ける権利など、9つの項目について、権利の保護や拡大に関する施策を説明している。とりわけインターネットを中心とした表現の自由についてはかなりのページを割いている。

 白書によれば、中国のインターネット普及率は45.8%に達し、約6億2000万人の人がネットにアクセスできる環境にあるとしている。
 中国ではミニブログと呼ばれるSNSのサービスが普及しており、中国版のツイッターといわれるウェイボーなどが有名である。これらミニブログでの発信は1日あたり2億5000万回に達しており、国民はネット上で自由に、そして活発に政治的な議論を行っているとしている。

 確かに中国では新聞やテレビといった従来のマスメディアはすべて政府の統制下にあり、基本的に報道の自由はない。インターネットだけが唯一の情報収集手段になっているのは事実であり、当局もネットの重要性はよく認識している。国民の反発を受けないよう、徹底的な弾圧は控えつつも、ネットでの情報提供に関する監視を強化している状況だ。

 今年の4月には、ネットで不正確な噂を流布したとして、著名なブロガーに対して懲役3年の判決が言い渡されている。当局によるとブロガーは、ミニブログである「新浪微博(Sina Weibo)」に、中国で起きた列車事故で死亡した外国人に政府が賠償金2億元(約33億円)を支払ったなど、虚偽の記事を複数投稿していたという。

 当局はこうした比較的悪質なブロガーをうまく選別して処罰することで、国民からの批判をかわす一方、ネットでの情報提供に対する萎縮効果を狙っていると考えられる。
 中国はいまだに人権が保障されない非民主国家だが、生活水準の向上とともに、国民の人権意識は高まっている。当局も露骨に人権弾圧を行うかつてのような政策は取りにくくなった。

 自画自賛の白書ではあるが、最近の中国の民主化事情やネットの普及状況をよく反映したものといえるだろう。

 - 政治, IT・科学 , , ,

  関連記事

mof
財務省が正式に人事発令。木下新次官は1年でポストを譲るのか?

 財務省は6月28日、正式な幹部人事を発令した。真砂靖事務次官の退任と木下康司主 …

takenaka
経済財政諮問会議のメンバーが固まる。改革イメージ醸成と経団連外しが狙い?

 政府の経済政策の司令塔となる経済財政諮問会議や日本経済再生本部のメンバーが明ら …

abechoshu
安倍首相が何度も強調する長州人のDNA。果たしてその怨念はどこに向かうのか?

 「志定まれば、気盛んなり」安倍首相は消費増税を正式表明する記者会見の場において …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

mujinheli
欧州でヘリの自動操縦デモを実施。飛行機やバスの無人化はもうすぐそこまで来ている

 欧州のヘリコプター・メーカーであるユーロヘリコプターは4月12日、完全に無人で …

abeobama
安倍首相が米議会で演説。なぜ今まで長期にわたって実現しなかったのか

 安倍首相は2015年4月29日、米議会の上下両院合同会議で演説を行った。米議会 …

katayama
PC遠隔操作事件の容疑者をようやく逮捕。だが事実上の自首に近く、警察の非力さが露呈

 遠隔操作PCを使った犯行予告事件で、警視庁などの合同捜査本部は10日、東京都江 …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

kokumusho02
靖国参拝に対する米国の声明。問題解決を内容の解釈に求めるのは危険だ

 安倍首相の靖国参拝に対して、米国政府が異例の声明を発表してから約10日が経過し …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …