ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領がアフガン完全撤退を表明。米国外交の転換点に

 

 オバマ米大統領は2014年5月27日、2016年までにアフガニスタンからの完全撤退を目指すという声明を発表した。アフガニスタンからの撤退はオバマ大統領の公約でもあったが、メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)に合わせた声明の発表は、諸外国の紛争に介入しないというオバマ政権の姿勢をより明確に示す狙いがあると考えれる。

obamaafuga201405

 アフガニスタンの戦争には、累計で約5380億ドル(55兆円)の戦費が投じられ、ピーク時には10万の兵力が動員されていた。
 2011年、オバマ大統領はアフガンからの撤退計画を発表、同年には1万人が米国に帰還し、2012年の夏には3万3000人が、2013年中には3万4000人が帰還を果たした。現在、アフガンに駐留しているのは約3万2000人である。

 オバマ大統領は、2014年末までに2万2000人を帰還させ、2015年は9800人を残すのみとし、2016年には大使館関係などごくわずかな要員を除いて、撤退を完了させるとしている。

 アフガニスタンはこの10年間で平均9.4%の経済成長を実現し、平均寿命も伸びたとして、アフガン介入の成果と撤退の合理性を強調している。しかしオバマ政権としては、これ以上、海外の紛争には関わりたくないというのがホンネである。

 米国の世論調査でもその傾向は明らかで、ピューリサーチセンターが最近行った世論調査では、過半数の米国人が「米国は自国のことだけを考えればよく、他国に介入すべきではない」と回答している。
 オバマ大統領は、シリア問題に対しては当初から軍事介入を完全否定しているほか、ウクライナ問題 についても軍事介入はないと何度も表明している。ナイジェリアの女生徒拉致事件についても、アメリカの本格介入を求める声は高まっているが、積極的に動く気配はない。

 オバマ大統領の任期はまだ2年半残っているが、国際的な関心は、次の政権も引き続き、諸外国の紛争に関与しない「引きこもり」政策を継続するのかに移りつつある。
 現在、共和党はオバマ政権への対決姿勢という意味で、シリア問題などへの積極介入を主張しているが、実際に政権を獲得するという段階になれば、どうなるかは分からない。クリントン元国務長官も、次の大統領選を意識し、積極的な姿勢を強めているが、彼女にしてもそれは同様である。

 米国の景気拡大が順調に進み、国民に余裕が出てくれば、再び国際問題に関心が向く可能性もある。ただ、米国は今後10年間で4870億ドル(約50兆円)という史上最大規模の軍縮を実施を決定している。世論に多少の変化があったとしても、大きな流れは変わらない可能性が高い。

 今回のオバマ大統領によるアフガンから完全撤退声明は、アフタニスタンだけの問題ではなく、世界の紛争からの撤退声明と考えた方がよいだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

abeaso
安倍政権が消費増税を最終決断。法人減税とセットで理解を得ようとの算段だが・・・

 安倍首相がとうとう消費税の増税を最終決断した。政府内部では消費税増税を前提に景 …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …

euelection2014
欧州議会選挙で反EU派が躍進。喜んでいるのはプーチン大統領?

 2014年5月22日から25日かけて実施された欧州議会選挙において、反EUや移 …

kakunenryouyuso
プルトニウムがとうとう米国へ返還。日本をとりまく国際情勢は変化している

 日米間の合意によって、日本が米国に返還することが決定していた研究用プルトニウム …

trumpyosan
トランプ大統領はもう予算に興味がない?外遊中に予算教書提出の前代未聞

 米国のトランプ政権が初の予算教書(正式版)を議会に提出した。当初は予算教書の提 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相に有罪判決。収監は回避も政治力低下は必至

 イタリア最高裁は7月1日、脱税で起訴されていたベルルスコーニ元首相の上告を棄却 …

panetta
パネッタ米国防長官が辞任の意向。次期オバマ政権では主要閣僚が総入れ替え

 米国防総省のパネッタ長官が、時期オバマ政権では長官に就任しない意向であることが …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …