ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

三井不動産など増資案件が相次ぐ。インフレ期待の高まりか?

 

 三井不動産は5月27日、公募増資で最大3246億円を調達すると発表した。同社の本拠地である日本橋・八重洲エリアや、飯田橋エリアの開発費用に充当する。同社以外にも増資を発表する企業が増えてきているが、設備投資の好循環が始まっているのかを判断するのはまだ少し早そうだ。

nihonbashi201405

 現在、不動産業界では、日本経済がインフレに転換したことをうけて、将来の地価上昇を見越した開発案件が増えてきている。同社が現在開発を進めている案件の投資総額は2000億円近くに達しており、今後も大型案件が続く可能性が高い。
 同社の有利子負債は2015年3月期までにさらに増加する見込みだが、それにあわせて自己資本も強化するのが今回の増資の狙いと考えられる。

 このほか東レやヤマダ電機も大規模な増資計画を発表している。こうした流れをうけて、一部からは積極的な設備投資が復活し経済の好循環が発生しているとする見方が出てきている。確かに、企業の資金ニーズは増加してきており、デフレに苦しんでいた一昨年あたりとは状況が大きく変わっているのは間違いない。

 ただ、必ずしもこうした動きが設備投資の全面的な復活を意味しているわけではない。不動産業界は、金利が高騰しない限りはインフレによるメリットをもっとも享受しやすい業界だし、ヤマダ電機の増資はCB(転換社債)を使ったもので、増資と借り入れの中間的な手法である。自己株式の取得と既発債の償還など資本効率の向上が目的であり、必ずしも設備投資の拡大を目指したものではないからだ。

 とはいえ、三井不動産の増資にせよ、東レやヤマダ電機のCBによる増資にせよ、こうした案件が成立するということは、一部の投資家が、将来のインフレや株高を織り込み始めているということである。
 足元では物価の伸びが鈍化し、日銀が掲げる2%の物価目標は達成困難であるという見方が広がっているが、長い目で見た場合のインフレ期待は着実に高まってきているといえそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

bitcoin
米英でビットコインを通貨として容認する動き。実現すれば両国に多額の資金が転がり込む

 ビットコインを通貨として容認する動きが米英で活発になってきた。日本は早々にビッ …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

nichigin04
日銀の審議委員人事。トヨタ出身者内定で、追加緩和の外堀埋まる?

 政府は2015年4月21日、退任する日銀の森本宜久審議委員の後任に、トヨタ自動 …

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

MADEINUSA
米国で進む製造業回帰。背景にあるのは新興国の労働コストとシェールガス革命

 米国で製造業への回帰が進んでいる。主役となっているのは重電や化学などいわゆる重 …

jinmindaikaido
中国主導のアジアインフラ投資銀行に英が参加。米は表向き反発なのだが・・・

 英財務省は2015年3月12日、中国が主導するアジアインフラ投資銀行に参加する …

tosho
株高で富裕層はウハウハ?日本ではなぜ庶民が株高の恩恵を受けられないのか?

 このところの株高で富裕層の消費が拡大していることが明らかになった。日本百貨店協 …

goodyeardunrop
フランスの隣接する2つのタイヤ工場の明暗を分けたものは、長時間労働の受け入れだった

 フランス北部アミアンにある2つのタイヤ工場をめぐって、ちょっと変わった事態が発 …

costabranka
キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなど …

no image
スパイ企業?のファーウェイが英国本格進出。そのウラには何が?

 中国の通信機器メーカー大手、華為技術(ファーウェイ)が英国に6億ポンドを投資し …