ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

三井不動産など増資案件が相次ぐ。インフレ期待の高まりか?

 

 三井不動産は5月27日、公募増資で最大3246億円を調達すると発表した。同社の本拠地である日本橋・八重洲エリアや、飯田橋エリアの開発費用に充当する。同社以外にも増資を発表する企業が増えてきているが、設備投資の好循環が始まっているのかを判断するのはまだ少し早そうだ。

nihonbashi201405

 現在、不動産業界では、日本経済がインフレに転換したことをうけて、将来の地価上昇を見越した開発案件が増えてきている。同社が現在開発を進めている案件の投資総額は2000億円近くに達しており、今後も大型案件が続く可能性が高い。
 同社の有利子負債は2015年3月期までにさらに増加する見込みだが、それにあわせて自己資本も強化するのが今回の増資の狙いと考えられる。

 このほか東レやヤマダ電機も大規模な増資計画を発表している。こうした流れをうけて、一部からは積極的な設備投資が復活し経済の好循環が発生しているとする見方が出てきている。確かに、企業の資金ニーズは増加してきており、デフレに苦しんでいた一昨年あたりとは状況が大きく変わっているのは間違いない。

 ただ、必ずしもこうした動きが設備投資の全面的な復活を意味しているわけではない。不動産業界は、金利が高騰しない限りはインフレによるメリットをもっとも享受しやすい業界だし、ヤマダ電機の増資はCB(転換社債)を使ったもので、増資と借り入れの中間的な手法である。自己株式の取得と既発債の償還など資本効率の向上が目的であり、必ずしも設備投資の拡大を目指したものではないからだ。

 とはいえ、三井不動産の増資にせよ、東レやヤマダ電機のCBによる増資にせよ、こうした案件が成立するということは、一部の投資家が、将来のインフレや株高を織り込み始めているということである。
 足元では物価の伸びが鈍化し、日銀が掲げる2%の物価目標は達成困難であるという見方が広がっているが、長い目で見た場合のインフレ期待は着実に高まってきているといえそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

komatsu
コマツの中間決算を見れば分かる、世界経済の動向と今後の課題

 世界景気、特に新興国の投資需要の減衰が顕著になってきている。先進国では米国が堅 …

no image
楽天が出版取り次ぎに参入。その本当の目的は?

 楽天が出版取り次ぎ業に参入すると朝日新聞が報じている。取り次ぎとは書籍の卸売業 …

toshiba03
東芝がようやく決算を発表。だが根本的な問題は何も解決していない

 不正会計問題で決算発表を延期していた東芝は2015年9月7日、2015年3月期 …

apple
中国の販売見込みが予想を下回り、好業績だが失望となったアップルの決算

 米アップルは2014年1月27日、2013年10~12月期決算を発表した。四半 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

doruen
欧米の国債利回りが急低下。実は日銀による外債購入まで織り込まれている?

 日銀の量的緩和拡大が欧米の債権市場に大きな影響を与えている。政策決定会合が行わ …

putin
欧米の経済制裁で疲弊が進むロシア経済。落とし所の探り合いが続く

 ロシアに対する経済制裁がロシア経済をじわじわと追い込んでいる。ロシア経済の要で …

kaisha
親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が …

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …

chart01
米高官が円安を容認し、1ドル=94円台まで下落。円安が続くと多くの関係者が考えるワケ

 為替市場において円安の動きが加速している。週明け11日のニューヨーク市場の円相 …