ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国向けの輸出が失速し北米と再逆転。だが事態はもっと深刻である!

 

 日本の輸出先としての中国の存在感が低下している。

 財務省が発表した2012年度上半期(4月~9月)の貿易統計では、輸出金額で北米市場が中国を抜いて再び首位になった。中国向けの輸出は5兆9200億円だったのに対して、北米向けは5兆9800億円だった。通期での輸出動向は、これまで一貫して北米が首位だったが、2008年に中国が北米を抜いて、日本最大の輸出先となっていた。

 中国向けの輸出が減ったのは、中国の景気減速が主な要因。尖閣問題の影響はこれから数字に反映されてくることから、今後さらに減少することが見込まれる。

 中国市場に対してはこれまでバラ色の予測がまかり通ってきたが、今回、それがあくまで幻想であったことが数字となって現れた格好だ。

 日本では中国は巨大な消費市場が存在すると喧伝されてきた。それは事実ではあるのだが、日本企業にとっては事実ではなかった。
 日本が中国向けの輸出を伸ばしてきたのは、あくまで工作機器や部品などの中間財が中心。エンドユーザー向けの商品ではない。
 これはどういうことかというと、日本製品の最終的な消費地は中国ではなく、いまだに北米や欧州であるということ。つまり工場を中国に移転したことにより、日本メーカーは中国に部品を輸出し、組み立てられた最終製品が北米や欧州に向かうのである。

 中国は豊かになったとはいえ、内陸部の所得はまだ低い。先進国の中間層が購入する商品をバンバン購入できる水準にはない。今、中国向けの輸出が減少しているのは、欧州不安などから中国が設備投資を控えたことで、日本に対する機器類や部品の発注が減少したことが原因と考えられる。

 もっとも中国が最終消費地として魅力的ではないといっているのではない。最終消費地としての中国はこれから開拓される市場なのである。日本は米国企業や欧州企業、韓国企業に比べて、最終消費地としての中国進出が相当出遅れている。事態はさらに深刻なのだ。
 今後、中国国民の所得が向上し、先進国と同様の購買力を持ったときに、日本企業は大きく引き離されている可能性が高い。

 これから日本では中国向けの輸出が減ったといって、財界などを中心に大騒ぎすることは目に見えているが、とんだ勘違いである。日本企業はハナから中国に輸出などしていなかったのだ。
 最終消費地としての本当の中国市場はすでに欧米企業に牛耳られている。

 - 経済

  関連記事

roujin03
イタリアで若者のために高齢者の早期退職を促す動き。だが社会全体の負担は増加?

 改正高齢者雇用安定法の施行によって、日本では生涯を通じて働くことが可能になって …

amazon
アマゾン・ジャパンの売上高公表で明らかになった、日本のネット通販市場の限界

 米アマゾン・ドット・コムは2012年12月期の日本での売上高が78億ドル(約7 …

abekeitaiminaosi
首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社 …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

wallst02
米国で雇用の質が徐々に改善。NYではウォール街に頼らない雇用増を実現

 景気拡大が続く米国で雇用の質が改善している。ニューヨークでは、かつてはウォール …

seveneleven
超優良企業セブンによるニッセン買収で見えてくる、同社と日本経済の限界点

 セブン&アイ・ホールディングスは2013年12月2日、カタログ通販大手のニッセ …

doller
米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の …

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …

building2014
4~6月期の法人企業統計。設備投資は冴えず、従業員数も減少

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

softbankson02
ソフトバンクの孫社長が後継者を指名。通信事業から再びネット事業に回帰?

 ソフトバンクは2015年5月11日、2015年3月期の決算を発表した。出資する …