ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国向けの輸出が失速し北米と再逆転。だが事態はもっと深刻である!

 

 日本の輸出先としての中国の存在感が低下している。

 財務省が発表した2012年度上半期(4月~9月)の貿易統計では、輸出金額で北米市場が中国を抜いて再び首位になった。中国向けの輸出は5兆9200億円だったのに対して、北米向けは5兆9800億円だった。通期での輸出動向は、これまで一貫して北米が首位だったが、2008年に中国が北米を抜いて、日本最大の輸出先となっていた。

 中国向けの輸出が減ったのは、中国の景気減速が主な要因。尖閣問題の影響はこれから数字に反映されてくることから、今後さらに減少することが見込まれる。

 中国市場に対してはこれまでバラ色の予測がまかり通ってきたが、今回、それがあくまで幻想であったことが数字となって現れた格好だ。

 日本では中国は巨大な消費市場が存在すると喧伝されてきた。それは事実ではあるのだが、日本企業にとっては事実ではなかった。
 日本が中国向けの輸出を伸ばしてきたのは、あくまで工作機器や部品などの中間財が中心。エンドユーザー向けの商品ではない。
 これはどういうことかというと、日本製品の最終的な消費地は中国ではなく、いまだに北米や欧州であるということ。つまり工場を中国に移転したことにより、日本メーカーは中国に部品を輸出し、組み立てられた最終製品が北米や欧州に向かうのである。

 中国は豊かになったとはいえ、内陸部の所得はまだ低い。先進国の中間層が購入する商品をバンバン購入できる水準にはない。今、中国向けの輸出が減少しているのは、欧州不安などから中国が設備投資を控えたことで、日本に対する機器類や部品の発注が減少したことが原因と考えられる。

 もっとも中国が最終消費地として魅力的ではないといっているのではない。最終消費地としての中国はこれから開拓される市場なのである。日本は米国企業や欧州企業、韓国企業に比べて、最終消費地としての中国進出が相当出遅れている。事態はさらに深刻なのだ。
 今後、中国国民の所得が向上し、先進国と同様の購買力を持ったときに、日本企業は大きく引き離されている可能性が高い。

 これから日本では中国向けの輸出が減ったといって、財界などを中心に大騒ぎすることは目に見えているが、とんだ勘違いである。日本企業はハナから中国に輸出などしていなかったのだ。
 最終消費地としての本当の中国市場はすでに欧米企業に牛耳られている。

 - 経済

  関連記事

toshibassd
東芝がメモリー事業分離を決定。だが、市場の注目はすでに次の売却事業へ

 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が、メモリー事業の分社化を決断した。し …

netttoflikusu
動画配信サービスの最大手ネットフリックが日本上陸。他とはちょっと違うワケ

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」がとうとう日本 …

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …

ouyou
総勢180名の財界訪中団が汪洋副首相と会談。だがトップ2との会談は実現せず

 安倍政権発足後、最大規模となる財界訪中団は11月19日、北京市内において汪洋副 …

no image
エアバスと防衛大手BAEの合併案に異論噴出!頓挫する可能性も

 欧州航空大手エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの経営統合に、 …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

usabouekitoukei
米国の貿易収支改善が顕著に。世界経済の大きな枠組みが変わりつつある

 米商務省は2014年1月7日、2013年11月の貿易収支(季節調整済み、サービ …

kokusaishushi201406
上期の経常収支が赤字に。経常赤字を前提にした体制の整備が必要

 財務省は2014年8月8日、2014年上半期の国際収支を発表した。最終的な国の …