ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

加速する日本の海外投資。所得収支の増加に貢献

 

 日本の海外投資が加速している。財務省によると、2013年末における日本の対外純資産は過去最高の325兆円に達した。また海外直接投資の残高も前年比で3割増え、初めて100兆円を突破した。海外投資の加速は、日本の所得収支を向上させ、経常赤字拡大のスピードを抑制する効果がある。

 chokusetsutoshi001 日本の企業や政府、個人が海外に持つ資産から負債を差し引いた対外純資産残高は325兆円であった。
 2011年末には265兆円、2012年末には296兆円となり、2013年に入って300兆円を超えた。主な要因は円安と海外直接投資の増加である。
 海外直接投資残高は約118兆円と前年比で30%以上の増加となり、過去最高を記録している。ソフトバンクなどによる海外大型買収が相次いだことが数字を押し上げた。
 
 リーマンショック以降、日本の製造業は海外への工場移転を加速させてきた。海外の工場建設は現地法人への出資が伴うので、統計上は直接投資の増加という形で表れる。
 だが、このところの残高増加は少し様子が違ってきている。ソフトバンクによる米スプリントの買収やLIXILグループによる独企業の買収など、大型海外M&Aの割合が高まっているほか、地域的にもアジアではなく、米国や欧州の伸びが大きい。

 工場の海外移転は、グローバルな価格競争が原因なので、進出した国の価格競争力がなくなれば、その投資は実質的な価値を失うことになる。しかし、企業のM&Aは長期間にわたって投資価値を維持できる可能性があり、その効果が永続する。

 日本は産業構造の転換に直面しており、すでに慢性的な貿易赤字体質になっている。経常収支が赤字になるのも時間の問題である。経常収支の赤字化が成長を鈍化させるわけではないが、国際収支の急激な変化は国内市場に大きな影響を及ぼすことになる。その変化はなるだけ緩やかな方がよい。

 海外への投資残高が増えれば、そこから得られる利子や配当の収入が増える。これによって日本の所得収支は増加するので、経常収支をプラスにする効果がある。海外投資の進展は、現在の日本にとって非常に望ましい動きといってよいだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

sharp
シャープが年度内の中期経営計画策定を断念。ホンハイとの提携は完全に流れたか?

 経営再建中のシャープが、中期経営計画の策定を先延ばしにすることが朝日新聞の報道 …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

bitcoin
米英でビットコインを通貨として容認する動き。実現すれば両国に多額の資金が転がり込む

 ビットコインを通貨として容認する動きが米英で活発になってきた。日本は早々にビッ …

abe001
政府の緊急経済対策がまとまる。内訳は公共事業とファンドを使った事実上の補助金

 安倍政権の目玉政策である緊急経済対策の規模と内容が明らかになった。政府が支出す …

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …

sasagotonneru
日本の公共インフラはボロボロ?中央道で天井崩落。無謀な公共投資のツケか?

 中央自動車道の笹子トンネル(全長4455メートル)で2日、コンクリート製の天井 …

imf
IMFが経済見通しを発表。なぜか日本が世界経済の機関車役に

 国際通貨基金(IMF)は4月16日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年 …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

rspphoto
税金を投入され資金潤沢なルネサスが、なぜか子会社のアップル売却を検討

 米アップルが、経営再建中のルネサスエレクトロニクスが保有する子会社の買収を打診 …